研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2010


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Harada M, Morita N, Uno M, Satomi J, Izumi Y, Asanuma K, Nishitani H, Kaji R, Nagahiro S. Incidence and clinical correlation of intracranial hemorrhages observed by 3-tesla gradient echo T2*-weighted images following intravenous thrombolysis with recombinant tissue plasminogen activator. Cerebrovasc Dis 2010; 29(6): 571-575

2.       Inoue N, Nagahiro S, Kaji R, Goto S. Long-term suppression of Meige syndrome after pallidal stimulation: a 10-year follow-up study. Mov Disord 2010; 25(11): 1756-1758

3.       Kaji R, Osako Y, Suyama K, Maeda T, Uechi Y, Iwasaki M; GSK1358820 Spasticity Study Group. Botulinum toxin type A in post-stroke lower limb spasticity: a multicenter, double-blind, placebo-controlled trial. J Neurol 2010; 258(8): 1330-1337

4.       Maruyama H, Morino H, Ito H, Izumi Y, Kato H, Watanabe Y, Kinoshita Y, Kamada M, Nodera H, Suzuki H, Komure O, Matsuura S, Kobatake K, Morimoto N, Abe K, Suzuki N, Aoki M, Kawata A, Hirai T, Kato T, Ogasawara K, Hirano A, Takumi T, Kusaka H, Hagiwara K, Kaji R, Kawakami H. Mutations of optineurin in amyotrophic lateral sclerosis. Nature 2010; 465(7295): 223-226

5.       Matsui N, Mitsui T, Ohshima Y, Yokoi K, Kunishige M, Yagi F, Vernino S, Matsumoto T, Kaji R. Anti-neuronal antibodies in acute pandysautonomia. Intern Med 2010; 49(1): 73-77

6.       Matsui N, Nakane S, Saito F, Ohigashi I, Nakagawa Y, Kurobe H, Takizawa H, Mitsui T, Kondo K, Kitagawa T, Takahama Y, Kaji R. Undiminished regulatory T cells in the thymus of myasthenia gravis patients. Neurology 2010; 74(10): 816-820

7.       (Response) Zhang HL, Wu J, Ni FM. (Reply from the authors) Kaji R, Matsui N, Takahama Y, Nakane S. Undiminished regulatory T cells in the thymus of myasthenia gravis patients. Neurology 2010; 75(12): 1121

8.       Mitsui T, Kunishige M, Kuroda Y, Kaji R. Heterogeneous muscular involvement in inclusion body myositis. Lab Medicine 2010; 41(7): 393-396

9.       Mori A, Nodera H, Nakane S, Kaji R. Transverse myelitis and polymyositis associated with antiphospholipid antibody syndrome. Clin Neurol Neurosurg 2010; 112(8): 713-716

10.   Mori A, Nodera H, Shibuta Y, Okita T, Bostock H, Kaji R. Threshold-dependent effects on peripheral nerve in vivo excitability properties in the rat. Neurosci Lett 2010; 468(3): 248-253

11.   Nakao S, Takata S, Uemura H, Kashihara M, Osawa T, Komatsu K, Masuda Y, Okahisa T, Nishikawa K, Kondo S, Yamada M, Takahara R, Ogata Y, Nakamura Y, Nagahiro S, Kaji R, Yasui N. Relationship between Barthel Index scores during the acute phase of rehabilitation and subsequent ADL in stroke patients. J Med Invest 2010; 57(1-2): 81-88

12.   Sakai T, Liu L, Teng X, Ishimaru N, Mukai-Sakai R, Tran NH, Kim SM, Sano N, Hayashi Y, Kaji R, Fukui K. Inflammatory disease and cancer with a decrease in Kupffer cell numbers in Nucling-knockout mice. Int J Cancer 2010; 126(5): 1079-1094

13.   Sako W, Morigaki R, Mizobuchi Y, Tsuzuki T, Ima H, Ushio Y, Nagahiro S, Kaji R, Goto S. Bilateral pallidal deep brain stimulation in primary Meige syndrome. Parkinsonism Relat Disord 2010; 17(2): 123-125

14.   Sako W, Morigaki R, Nagahiro S, Kaji R, Goto S. Olfactory type G-protein α subunit in striosome-matrix dopamine systems in adult mice. Neuroscience 2010; 170(2): 497-502

15.   Shibuta Y, Nodera H, Mori A, Okita T, Kaji R. Peripheral nerve excitability measures at different target levels: the effects of aging and diabetic neuropathy. J Clin Neurophyshiol 2010; 27(5): 350-357

16.   Shibuta Y, Nodera H, Nodera A, Okita T, Asanuma K, Izumi Y, Kaji R. Utility of recovery cycle with two conditioning pulses for detection of impaired axonal slow potassium current in ALS. Clin Neurophyshiol 2010; 121(12): 2117-2120

17.   Terasawa Y, Kimura K, Iguchi Y, Kobayashi K, Aoki J, Shibazaki K, Kaji R. Could clinical diffusion-mismatch determined using DWI ASPECTS predict neurological improvement after thrombolysis before 3 h after acute stroke? J Neurol Neurosurg Psychiatry 2010; 81(8): 864-868

18.   Torii Y, Goto Y, Takahashi M, Ishida S, Harakawa T, Sakamoto T, Kaji R, Kozaki S, Ginnaga A. Quantitative determination of biological activity of botulinum toxins utilizing compound muscle action potentials (CMAP), and comparison of neuromuscular transmission blockage and muscle flaccidity among toxins. Toxicon 2010; 55(2-3): 407-414

19.   Torii Y, Takahashi M, Ishida S, Goto Y, Nakahira S, Harakawa T, Kaji R, Kozaki S, Ginnaga A. Quantification of potency of neutralizing antibodies to botulinum toxin using compound muscle action potential (CMAP). Toxicon 2010; 55(2-3): 662-665

20.   Tsujimoto T, Shimazu H, Isomura Y, Sasaki K. Theta oscillations in primate prefrontal and anterior cingulate cortices in forewarned reaction time tasks. J Neurophysiol 2010; 103(2): 827-843

21.   Uguisu H, Urushihara R, Hosono Y, Asanuma K, Shimazu H, Murase N, Kaji R. Very low-frequency rTMS modulates SEPs over the contralateral hemisphere. J Med Inves 2010; 57(1-2): 109-113

22.   Yamazaki Y, Takahashi T, Hiji M, Kurashige T, Izumi Y, Yamawaki T, Matsumoto M. Immunopositivity for ESCRT-III subunit CHMP2B in granulovacuolar degeneration of neurons in the Alzheimer’s disease hippocampus. Neurosci Lett 2010; 477(2): 86-90

1A-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1. Kaji R. Entrapment neuropathy and beyond. J Physio 2010; 588(13): 2289

1A-d. 学内紀要、各省庁の研究助成金および研究委託費による研究成果

1.       Kuroda Y, Mitsui T, Kaji R. Effect of oxidative stress on splicing of parkin gene. J Tokushima Natl Hosp 2010; 1: 41-44

2.       Matsui N, Izumi Y, Azuma H, Kaji R. Neurological manifestations in hereditary hemorrhagic telangiectasia type 1: a familial case in Japan. J Tokushima Natl Hosp 2010; 1: 11-14

3.       Mitsui T, Kuroda Y, Adachi K, Kaji R. Effect of angiotensin II type 1-receptor blocker candesartan in hypertensive Parkinson’s disease. J Tokushima Natl Hosp 2010; 1: 1-5

4.      Miyazaki Y, Miyashiro A, Shimatani Y, Matsui N, Asanuma K, Izumi Y, Kaji R. A case of cryptococcal meningitis successfully treated by Liposomal amphotericin-B, Fulcytosine, and Voriconazole. J Tokushima Natl Hosp 2010; 1: 31-34

5.       Shibuta Y, Nodera H, Kaji R. Inversed champagne bottle type muscle atrophy observed in acromegaly. J Tokushima Natl Hosp 2010; 1: 15-16

6.       Uguisu H, Urushihara R, Hosono Y, Asanuma K, Shimazu H, Murase N, Kaji R. Very low-frequency rTMS modulates SEPs over the contralateral hemisphere. J Med Invest 2010; 57(1-2): 109-113

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1. 佐光 , 森垣龍馬, 溝渕圭史, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術. 機能的脳神経外科2010; 40(2): 148-151

2. 坂東美佳, 山本伸昭, 寺澤由佳, 宮城 , 佐藤健太, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒, 里見淳一郎, 永廣信治. 進行性に増悪をきたし血管内治療を施行した右内頸動脈閉塞の一例. 四国医学雑誌 2010; 66(3-4): 101-106

3. 古川貴大, 千晃, 牧野ふみ, 當間圭一郎, 西中和人, 宇高不可思, 亀山正邦, 秀憲, 北口正孝. MRI拡散強調像で右海馬傍回の高信号を認めたGerstmann?Straussler?Scheinker症候群の1. 住友病院医学雑誌 2010; (37): 38-41

4. 古北一泰, 久保宜明, 福本大輔, 飛田泰斗史, 荒瀬誠治, 藤田浩司. Isaacs症候群を合併し難治であったびまん性筋膜炎の1. 皮膚臨床2010; 52(3): 413-417

5. 宮崎由道, 川尻真和, 永井勅久, 小原克彦, 三木哲郎. 認知機能障害で発症した癌性髄膜炎の1. 神経内科 2010; 72(3): 316-318

6. 宮崎由道, 向井洋平, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 脳死様状態を呈したGuillain-Barre症候群の1. 臨床脳波 2010; 52(2): 123-125

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1. 浅沼光太郎. 学会印象記 MDS (Movement Disorder Society)-14th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders (2010613日~17, ブエノスアイレス) . Brain Nerve 2010: 62(12); 1356-1357

2. 織田雅也, 伊藤 , 和泉唯信. 高齢者医療・福祉施設群における感染性胃腸炎対策. 日老医誌 2010; 47: 92-93

3. 後藤 . パーキンソン病 診断・治療 パーキンソン病のDBS治療. 綜合臨床 2010; 59(12): 2435-2440

4. 後藤 . What's Dystonia (ジストニア)? ジストニアを呈する疾患 DYT3. Clinical Neuroscience 2010; 28(7): 762-765

5. 佐光 . 歩行障害を中心とした脳深部刺激術. Brain Nerve 2010; 62(11): 1221-1225

6. 佐光 , 後藤 . ジストニアに対する脳深部刺激の効果. 神経内科 2010; 73(5): 472-447

7. 佐光 , 村瀬永子, 溝渕圭史, 森垣龍馬, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . ジストニア Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術. 機能的脳神経外科 2010; 49(1): 94-95

8. 佐光 , 村瀬永子, 溝渕圭史, 森垣龍馬, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . ジストニア Focal hand dystoniaに対する視床Vo-complex破壊術と淡蒼球刺激術. 機能的脳神経外科 2010; 49(1): 98-99

9. 佐藤健太, 龍兒. What's Dystonia (ジストニア)? 筋トーヌスとジストニアの病態 ジストニアの病態生理. Clinical Neuroscience 2010; 28(7): 746-748.

10. 島谷佳光, 龍兒. 小児難病を知る Charcot-Marie-Tooth. J Clin Rehabilitation 2010; 19(8): 790-791

11. 島津秀紀. 素顔のニューロサイエンティスト. Clinical Neuroscience 2010; 28(9): 1672

12. 宮城愛, 龍兒. 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー (CIDP) の多様性 多巣性運動ニューロパチー (MMN) CIDPの異同. 神経内科 2010; 72(3): 290-292

13. 湯浅龍彦, 藤田浩司. 辺縁系脳炎歴史, 症状, 最新分類. Brain Nerve 2010; 62(8): 817-826

1B-c. 著書 (分担を含む) およびプロシーディング

1. 龍兒 (総監修), 目崎高広 (編集). 神経疾患のボツリヌス治療. 診断と治療社, 東京2010

2. 龍兒 (総監修), 波利井清紀 (編集). 美容医療のボツリヌス治療. 診断と治療社, 東京2010

3. 藤田浩司, 志賀裕正, 佐々木真理, 町田 , 長田 , 原田雅史, 湯浅龍彦. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 「プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究班」() . 検査所見画像: MRI, PET, SPECTと脳波―. プリオン病と遅発性ウイルス感染症, 金原出版株式会社,東京 2010: 96-105

4. 向井洋平, 龍兒. 田村 , 松谷雅生, 清水輝夫 (). 15 その他の脳神経疾患・治療法 7. ボツリヌス毒素の適応と治療法. EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 改訂第3, 先端医療技術研究所, 東京 2010: 641-644

5. 向井洋平, 龍兒. 上月正博, 生駒一憲, 芳賀信彦 (編集主幹). 17 痙縮の新しいリハビリテーション 1. 痙縮に対するボツリヌス毒素療法. 先端医療シリーズ40 リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学, 先端医療技術研究所, 東京 2010: 298-302

1B-d. 学内紀要, 各省庁の研究助成金および研究委託費による研究成果

1. 和泉唯信, 織田雅也, 伊藤 , 龍兒. iNPH頻度調査を実施した老人福祉施設入所者を対象とした追跡調査. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究 (H20-難治-一般-017) (研究代表者 新井 ) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 16-17

2. 織田雅也, 和泉唯信, 日地正典, 伊藤 , 野寺裕之, 龍兒, 西尾久英. 筋萎縮性側索硬化症患者の遺伝子・生体試料のバンクの構築. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 筋萎縮性側索硬化症患者の遺伝子・生体試料のバンクの構築に関する研究 (H21-難治-一般-019) (主任研究者 祖父江元) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 9-10

3. 龍兒. 活動依存性伝導ブロックにより診断し得た多巣性運動性ニューロパチーの症例. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費 19-5 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発 (主任研究者 有村公良) 平成19-21年度総括研究報告書 2010: 14

4. 龍兒. 補足運動野への反復経頭蓋磁気刺激によるパーキンソン病症状の改善についての検討. 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 反復磁気刺激によるパーキンソン病治療の確立 (主任研究者 宇川義一) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 17

5. 龍兒, 渋田佳子, 野寺裕之, 和泉唯信. 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) における軸索機能評価. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究 (研究代表者 中野今治) 平成21年度 総括・分担研究報告書2010: 74-76

6. 龍兒, 松井尚子, 渋田佳子, 三ツ井貴夫. 外眼筋炎における臨床像と筋病理の検討. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (研究代表者 ) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 160-162

7. 龍兒, 三ツ井貴夫, 黒田由紀子. パーキンおよび関連蛋白によるアポトーシス制御. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究 (研究代表者 中野今治) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 165-167

8. 龍兒, 宮城 , 島谷佳光, 松井尚子, 和泉唯信, 有澤孝吉, 馬場正之, 小森哲夫, 桑原 , 園生雅弘, 川又 , 人見健文, 目崎高広, 幸原伸夫, 有村公良, . 多巣性運動ニューロパチー (MMN) ワーキンググループからの報告~全国疫学調査に向けて. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (研究代表者 ) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 151-153

9. , 桑原 , 松井尚子, 龍兒. 多巣性運動ニューロパチー (MMN) における抗糖脂質抗体および抗糖脂質複合体抗体についての検討. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (研究代表者 ) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 154-155

10. 坂口末廣, 藤田浩司. 抗プリオン抗体発現ミクログリアを接種したプリオン感染マウスの解析. 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 プリオン病における免疫反応の解明とそれに基づく診断・治療法の開発 (主任研究者 片峰 ) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 14-17

11. 湯浅龍彦, 藤田浩司, 原田雅彦, 佐々木真理. プリオン病における新規MRIの役割グリア、ニューロンのin vivo 評価: 3 Tesla MR spectroscopy―. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 (研究代表者 水澤英洋) 平成21年度総括・分担研究報告書 2010: 64-66

 

2 学会発表 (開催順)

2A 国際学会

2A-a. 招待講演, 特別講演, 受賞講演

1.       Kaji R. Muscle afferent block for treatment of dystonia. First International Congress on Treatment of Dystonia 2010, Hannover, May 6-8, 2010

2.       Kaji R. Focal dystonias: What are the therapeutic strategies? The Movement Disorder Society 14th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Buenos Aires, June 13-17, 2010

2A-b. シンポジウム

1.       Kaji R. Use of botulinum toxin for neurological disorders. Spasticity. 29th International Congress of Clinical Neurophysiology, Kobe, October 28-November 1, 2010

2A-c. 一般演題

1.       Fujita K, Yamamoto N, Morigaki R, Terasawa Y, Satomi J, Nagahiro S, Kaji R. Ischaemic vessel signs on 3 Tesla T2*-weighted MRI in patients with large vessel disease. XIX European Stroke Conference 2010, Barcerola, May 25-28, 2010

2.       Asanuma K, Sakamoto T, Sakamoto T, Shimadzu H, Miyashiro A, Kaji R. Focal Dystonia affecting shoulder muscles (dancing scapula). The Movement Disorder Society 14th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Buenos Aires, June 13-17, 2010

3.       Sako W, Nishio M, Maruo T, Ushio Y, Nagahiro S, Asanuma K, Goto S, Kaji R. Subthalamic Nucleus Deep Brain Stimulation for Camptocormia associated with Parkinson's disease. The Movement Disorder Society 14th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Buenos Aires, June 13-17, 2010

4.       Miyazaki Y, Sako W, Asanuma K, Izumi Y, Kaji R. Zolpidem therapy in dystonia. The Movement Disorder Society 14th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Buenos Aires, June 13-17, 2010

5.       Fujita K, Harada M, Yuasa T, Sasaki M, Izumi Y, Kaji R. Glia and neuron monitored in vivo by high-field MR spectroscopy in CJD. Asia-Oceania Symposium on Prion Diseases (AOSPD 2010), Sapporo, July 24-25, 2010

6.       Matsui N, Nakane S, Takahama Y. Undiminished regulatory T cells in the thymus of myasthenia gravis patients. 14th International Congress of Immunology, Kobe, August 22-27, 2010

7.       Fujita K, Harada M, Yuasa T, Sasaki M, Izumi Y, Kaji R. Temporal evolution of Creutzfeldt-Jakob disease monitored by 3-Tesla proton magnetic resonance spectroscopy. PRION 2010, Salzburg, September 8-11, 2010 (abstract: Prion 2010; 4(3): 205)

8.       Miyashiro A, Matsui N, Shimatani Y, Kuwabara S, Baba M, Komori T, Sonoo M, Mezaki T, Kawamata J, Hitomi T, Kohara N, Arimura K, Izumi Y, Kusunoki S, Kaji R. Are multifocal motor neuropathy patients underdiagnosed ?. 10th International Congress of Neuroimmunology, Barcelona, October 26-30, 2010 (abstract: J Neuroimmunol 2010; 228(1-2): 30)

9.       Mori A, Nodera H, Shibuta Y, Okita T, Bostock H, Kaji R. Threshold-dependent effects on peripheral nerve in vivo excitability properties in the rat. The 29th International Congress of Clinical Neuropysiology, Kobe, October 28-November 1, 2010

10.   Shimazu H, Kaji R, Tsujimoto T. High-frequency SEP components (HFOs) generated in the primary motor cortex of the primates. The 29th International Congress of Clinical Neuropysiology, Kobe, October 28-November 1, 2010

11.   Kaji R. Clinical pathological and genetic features of amyotrophic lateral sclerosis associated with optineurin mutations. 21st International Symposium on ALS/MND, Orlando, December 7-13, 2010

 

2B 国内学会

2B-a. 招待講演, 特別講演, 受賞講演

1. 龍兒. ジストニアの病態と治療. 28回日本神経治療学会総会, 横浜, 2010.7.15-16 (抄録: 神経治療学 2010; 27(3): 327-328, 2010; 27(6) 769-770)

2. 龍兒. ビデオセッション「ジストニアの見かた」. 4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス, 京都, 2010.10.7-9 (抄録: プログラム・抄録集 2010: 50)

3. 龍兒. ジストニアと痙縮の病態生理と最新の治療. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2

4. 龍兒. 伝導ブロックと筋萎縮 (会長講演). 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010: 38(5): 286)

2B-b. シンポジウム

1. 龍兒. A2型ボツリヌス毒素 (A2NTX) の生理機能とその創薬への道Physiological function of botulinum toxin A2NTX and the development for clinical application. 87回日本生理学会大会, 盛岡, 2010.5.19-21

2. 龍兒. ジストニアの病態と治療. 28回日本神経治療学会総会, 横浜, 2010.7.15-16 (抄録: 神経治療学 2010; 27(3): 327-328)

3. 坂本 . ビデオシンポジウム 不随意運動の神経整理と治療 脊椎手術後に見られた背筋の 「共同運動」. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 

4. 佐光 , 後藤 , 森垣龍馬, 溝渕佳史, 永廣信治, 龍兒. ビデオシンポジウム 不随意運動の神経生理と治療 視床Vo-complex・淡蒼球手術のFocal hand dystoniaに対する効果. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2

5. 藤田浩司, 原田雅史. シンポジウム1 プリオン病の疫学から治療まで. プリオン病の画像診断. 15回日本神経感染症学会総会, 福島, 2010.11.1-2  (抄録: Neuroinfection 2010; 15(2): 144)

2B-c. 一般演題 (総会・学術集会, 地方会, 研究会)

1. 藤田浩司, 坂口末廣. 抗プリオン蛋白抗体を発現するミクログリアを用いたプリオン病治療の試み. 「脳科学クラスター」 ミニリトリート, 淡路, 2010.1.16-17

2. 佐光 , 村瀬永子, 溝渕圭史, 森垣龍馬, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒, 後藤惠. ジストニア Focal hand dystoniaに対する視床Vo-complex破壊術と淡蒼球刺激術. 49回日本定位・機能神経外科学会, 豊中, 2010.1.22-23 (抄録: 機能的脳神経外科 2010; 49(1): 98-99)

3. 佐光 , 村瀬永子, 溝渕圭史, 森垣龍馬, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . ジストニア Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術. 49回日本定位・機能神経外科学会, 豊中, 2010.1.22-23 (抄録: 機能的脳神経外科 2010; 49(1): 94-95)

4. 森垣龍馬, 宇野昌明, 松原俊二, 佐藤浩一, 鈴江淳彦, 溝渕佳史, 佐光 , 龍兒, 永廣信治, 後藤 . その他の不随意運動 脳血管障害による不随意運動の3症例. 49回日本定位・機能神経外科学会, 豊中, 2010.1.22-23 (抄録: 機能的脳神経外科 2010; 49(1): 60-61)

5. 織田雅也, 和泉唯信, 伊藤 , 龍兒. iNPH頻度調査を実施した老人福祉施設入所者を対象とした追跡調査. 11回日本正常圧水頭症研究会, 大阪, 2010.2.6

6. 高井繁美, 楊河宏章, 宮本登志子, 明石晃代, 井上弘美, 久米亜紀子, 田島壮一郎, 佐藤千穂, 西条伴香, 井本淳一郎, 鈴木あかね, 山上真樹子, 浦上典子, 下村智子, 片島るみ, 苛原 , 和泉唯信, 龍兒, 西田善彦, 橋本和典, 近藤 , 櫻木章司, 宇都宮正登, 川島 . 「徳島治験ネットワーク」における治験の共同実施について?国際共同治験の現状?. 240回徳島医学会学術集会, 徳島, 2010.2.14 (抄録: 四国医学雑誌2010; 66(1-2): 48)

7. 坂東美佳, 山本伸昭, 寺澤由佳, 宮城 , 佐藤健太, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 進行性に増悪をきたし, 血管内治療を施行した右内頸動脈閉塞の1. 240回徳島医学会学術集会, 徳島, 2010.2.14 (抄録: 四国医学雑誌 2010; 66(1-2): 50-51)

8. 宮崎由道, 宮城 , 山本伸昭, 佐藤健太, 寺澤由佳, 松井尚子, 浅沼光太郎,和泉唯信, 龍兒. t-PA治療が奏功した超高齢発症脳梗塞の2. 21回日本老年医学会四国地方会総会, 徳島, 2010.2.20

9. 宮崎由道, 宮城 , 島谷佳光, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. クリプトコッカス髄膜炎の一例. 神経筋政策医療ネットワーク四国ブロック学術集会, 徳島, 2010.2.27

10. 日地正典, 織田雅也, 伊藤 , 和泉唯信. うつ症状を伴うパーキンソン病に対するアロマオイルセラピーを施行した症例の検討.第28回広島パーキンソン症例検討会, 広島, 2010.3

11. 和泉唯信, 浅沼光太郎, 佐藤 , 龍兒, 織田雅也. パーキンソン病の腰痛調査. 5回中四国パーキンソン病薬物治療研究会, 広島, 2010.3.27

12. 織田雅也, 日地正典, 伊藤 , 和泉唯信. プリオン病と周期性同期性放電. 58回広島てんかん懇話会, 広島, 2010.3.27

13. 織田雅也, 伊藤 , 日地正典, 中村 , 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信. 高齢化地域の神経内科専門診療所における血管性認知症の頻度.第35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 2010.4.15-17 (SS-P43-8)

14. 寺澤由佳, 宮城 , 山本伸昭, 和泉唯信, 龍兒. 視床痛に対するボツリヌス治療. 35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 2010.4.15-17 (SS-P5-9)

15. 中村和己, 寺澤由佳, 和泉唯信, 龍兒, 永廣信治. 高次脳機能障害支援事業における脳卒中後の相談事例についての検討.第35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 2010.4.15-17 (SS-P8-5)

16. 原田雅史, 森田奈緒美, 永廣信治, 里見淳一郎, 龍兒. 3Tesla MRIにおけるT2*-WIの虚血所見と血栓溶解療法における予後との関連について. 35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 2010.4.15-17 (SS-O18-3 3)

17. 森田奈緒美, 原田雅史, 里見淳一郎, 和泉唯信, 永廣信治, 龍兒, 西谷弘. rt-PA投与患者における3T-MRIでのT2*WI虚血サインと予後との評価. 35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 2010.4.15-17 (SS-P30-1)

18. 山本伸昭, 寺澤由佳, 藤田浩司, 森垣龍馬, 里見淳一郎, 龍兒, 永廣信治. 3T MRI T2*強調画像におけるischemic vessel signsの検討. 35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 2010.4.15-17 (SS-O18-1)

19. 浅沼光太郎, 佐光 , 島津秀紀, 佐藤健太, 後藤 , 龍兒. 全身ジストニア患者への淡蒼球内節への深部脳刺激 (GPi-DBS) 前後の脳代謝-FDG-PETによる測定の一例報告. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1121)

20. 有井敬治, 三ツ井貴夫, 俊夫, 馬木良文, 橋口修二, 足立克仁, 泰地治男, 宮崎由道, 龍兒. パーキンソン病に対する特別リハビリプログラムの有効性の検討. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1117)

21. 織田雅也, 伊藤 , 日地正典, 中村 , 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信. 当院における認知症診療の現況. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1246)

22. 鎌田正紀, 丸山博文, 森野豊之, 川上秀史, 和泉唯信, 龍兒. 家族性ALSにおけるFUS/TLS遺伝子変異の変異. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1124)

23. 北岡志保, 井上治久, 月田香代子, 川田三代, 高橋和利, 近藤孝之, 吉川勝宇, 山脇聖子, 内藤素子, 鈴木茂彦, 伊藤秀文, 和泉唯信, 森田光哉, 中野今治, 川田明弘, 中畑龍俊, 高橋良輔, 山中信弥. 変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立と脊髄運動ニューロンへの分化.第51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22  (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1163)

24. 桑原 , 松井尚子, 鈴木聖子, 青松宏美, 龍兒, . 多巣性運動ニューロパチー (MMN) における抗糖脂質複合体抗体についての検討. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1130)

26. 佐光 , 後藤 , 浅沼光太郎, 溝渕圭史, 森垣龍馬, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒. Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1121)

26. 渋田佳子, 野寺裕之, 和泉唯信, 浅沼光太郎, 島谷佳光, 沖田任弘, 龍兒. 筋萎縮側索硬化症における軸索機能評価.第51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1263)

27. 鈴木直樹, 青木正志, 堅山真規, 割田 , 井泉瑠美子, 秋山徹也, 新井法子,糸山泰人, 森まどか, 日下博文, 樋口逸郎, 近藤智善, 内野 , 龍兒, 西野一三. 日本における封入体筋炎の臨床・病理学的特徴の検討. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1137)

28. 寺澤由佳, 高松直子, 島谷佳光, 渋田佳子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. ALS患者の線維束性収縮検出における超音波検査の有用性. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1158)

29. 藤田浩司, 原田雅史, 島谷佳光, 佐々木真理, 湯浅龍彦, 龍兒. Creutzfeldt-Jakob病における新規MRIの役割. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1181)

30. (黒田)由紀子, 三ツ井貴夫, 丸西啓太, 俊夫, 足立克仁, 宮崎由道, 佐光 , 後藤 , 龍兒. パーキンおよび結合蛋白の機能連関. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1250)

31. 三ツ井貴夫, (黒田)由紀子, 丸西啓太, 俊夫, 足立克仁, 宮崎由道, 梶龍兒. パーキン結合蛋白の酸化ストレス・ミトコンドリアトキシンに対する防御作用の検討. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1250)

32. 宮崎由道, 山本伸昭, 藤田浩司, 中村和己, 和泉唯信, 龍兒. 脳小血管病変 (SVD) はパーキンソン症状を悪化させる. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1248)

33. 宮城 , 佐藤健太, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 最近経験した多系統萎縮症の傾向. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1261)

34. 山本伸昭. 徳島大学病院のALS自験例の検討. 51回日本神経学会総会, 東京, 2010.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2010; 50(12): 1262)

35. 高松直子, 佐藤研吾, 西尾 . 末梢神経疾患における神経超音波検査の有用性. 59回日本医学検査学会, 和歌山, 2010.5.22-23

36. 和泉唯信, 浅沼光太郎, 松井尚子, 山本伸昭, 寺澤由佳, 藤田浩司, 佐藤健太, 龍兒. 徳島県におけるCADASIL2例.第12回徳島脳血管障害カンファレンス, 徳島, 2010.5.29

37. 宮崎由道, 宮城 , 島谷佳光, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. L-AMB, 5-FC, VRCZ3剤併用療法が有効であったクリプトコッカス髄膜炎の1. 102回内科学会四国地方会, 徳島, 2010.5.30

38. 宮城 , 渋田佳子, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒, 佐々井明子, 玉谷哲也, 三ツ井貴夫, 柴田泰伸. 治療抵抗性外眼筋炎の臨床像を呈した悪性リンパ腫の一例. 102回内科学会四国地方会, 徳島, 2010.5.30 (抄録: 日内会誌2010; 99(10): 246)

39. 和泉唯信, 佐光 , 島谷佳光, 浅沼光太郎, 龍兒, 西田善彦. 治療に難渋しているChurg-Strauss症候群の1. 20回徳島神経難病治療薬研究会, 徳島, 2010.6.3

40. 藤田浩司, 原田雅史. 3 Tesla MR spectroscopyによる Creutzfeldt-Jakob病の経時的評価. 2Neuroimaging Seminar, 徳島, 2010.6.18

41. 和泉唯信, 鎌田正紀, 野寺裕之, 浅沼光太郎, 龍兒. 緩徐進行性の球型筋萎縮性側索硬化症の1. 39OSK, 大阪, 2010.6.19

42. 和泉唯信, 織田雅也, 伊藤 . 老年科・神経内科専門クリニックを併設した高齢者専用賃貸住宅の試み. 52回日本老年医学会学術集会・総会, 神戸, 2010.6.24-26 (抄録: 日老医誌 2010; 47(Suppl): 87)

43. 織田雅也, 伊藤 , 和泉唯信. 認知症対応型グループホーム入所者における特発性正常圧水頭症の頻度調査.第52回日本老年医学会学術集会・総会,神戸, 2010.6.24-26 (抄録: 日老医誌 2010; 47(Suppl): 106-107)

44. 宮崎由道, 和泉唯信. 高齢者ALS患者の特徴. 52回日本老年医学会学術集会, 神戸, 2010.6.24-26 (抄録: 日老医誌 2010; 47(suppl): 93)

45. 山本伸昭, 宮本亮介, 宮城 , 佐藤健太, 寺澤由佳, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 高齢発症Neuromyelitis optica (NMO) 1. 88回日本神経学会中国・四国地方会, 松山, 2010.6.26 (抄録: 臨床神経 2011; 51(2): 154)

46. 古川貴大, 山本伸昭, 寺澤由佳, 松井尚子, 和泉唯信, 龍兒. 不随意運動の鑑別診断と治療. 多発性硬化症 peer to peer meeting, 徳島, 2010.7.8

47. 高松直子, 寺澤由佳, 佐藤健太, 和泉唯信, 龍兒. ALSの超音波所見. 29回日本脳神経超音波学会総会, 岡山, 2010.7.8-10 (抄録: Neurosonology 2010; 23(Suppl): 58)

48. 寺澤由佳, 高松直子, 佐藤健太, 和泉唯信, 龍兒. CIDPにおける頸部脊髄神経根内のHiS sign. 29回日本脳神経超音波学会総会, 岡山, 2010.7.8-10 (抄録: Neurosonology 2010; 23(Suppl): 58)

49. 宮崎由道, 高松直子, 宮城 , 寺澤由佳, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 筋エコーにより筋炎の関与が判明した右房拡張症の一例. 29回日本脳神経超音波学会総会, 岡山, 2010.7.8-10 (抄録: Neurosonology 2010; 23(Suppl): 106)

50. 和泉唯信, 宮城 , 山本伸昭, 浅沼光太郎, 龍兒. Riluzole内服中に水疱性類天疱瘡を生じたALS2. 28回日本神経治療学会総会, 横浜, 2010.7.15-16 (抄録: 神経治療学 2010; 27(3): 421)

51. 佐光 , 永廣信治, 後藤 , 龍兒. Focal hand dystoniaに対する視床Vo-complex・淡蒼球手術. ジストニアクリニック, 神戸, 2010.9.18

52. 伊藤 , 織田雅也, 和泉唯信. 広島県備北地域での難病患者ショートステイ状況. 7回日本難病医療ネットワーク研究会, 横浜, 2010.10.1-2

53. 浅沼光太郎, 坂本季代, 坂本 , 島津秀紀, 宮城 , 松井尚子, 龍兒. 肩甲部の局所性ジストニア (dancing scapula). 4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス (4MDSJ学術集会), 京都, 2010.10.7-9 (抄録: プログラム・抄録集 2010: 79)

54. 佐光 , 後藤 , 溝渕圭史, 森垣龍馬, 浅沼光太郎, 都築 , 井間博之, 生塩之敬, 永廣信治, 龍兒. Meige症候群に対する両側淡蒼球刺激術. 4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス (4MDSJ学術集会), 京都, 2010.10.7-9 (抄録: プログラム・抄録集 2010: 102)

55. 宮崎由道, 佐光 , 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. ゾルピデムによるジストニアの治療. 4回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス (4MDSJ学術集会), 京都, 2010.10.7-9 (抄録: プログラム・抄録集 2010: 103)

56. 島谷佳光, 松井尚子, 宮城 , 浅沼光太郎, 藤田浩司, 寺澤由佳, 佐藤健太, 和泉唯信, 龍兒. Neuromyelitis opticaにおけるVEPの検討. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 330)

57. 高松直子, 寺澤由佳, 山本伸昭, 佐藤健太, 宮本亮介, 宮城 , 島谷佳光, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 超音波所見が診断に有用であった筋サルコイドーシスの1. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 333)

58. 谷口浩一郎, 小栗卓也, 杉山華子, 立花直子, 濱野利明. 特発性レム睡眠行動異常症 (iRBD) における自律神経障害. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 347)

59. 松本真一, 村上永尚, 山根木美貴, 杉本華子, 濱野利明. 上肢ジストニアの選択的末梢神経電気刺激治療の検討. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 332)

60. 松本真一, 村上永尚, 山根木美貴, 谷口浩一郎, 濱野利明. 痙性斜頚における不随意運動誘発領域評価法. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 332)

61. 水越 , 伊藤 , 織田雅也, 日地正典, 和泉唯信, 龍兒. NIによるALS患者に対するメチルコバラミン大量投与の短期的効果評価. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 330)

62. 宮城 , 島谷佳光, 渋田佳子, ムハメド・ハンドン, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. Riche-Cannieu吻合の1. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学2010; 38(5): 321)

63. 村上永尚, 立花直子, 杉山華子, 山根木美貴, 松本真一, 濱野利明. プロスタグランディンと鉄剤が所著効した下肢静止不能症候群 (RLS) の一例. 40回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2010.11.1-2 (抄録: 臨床神経生理学 2010; 38(5): 332)

64. 古川貴大, 寺澤由佳, 宮本亮介, 佐藤健太, 藤田浩司, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 抗てんかん剤によるNH3血症で意識障害を呈した1. 103回内科学会四国地方会, 愛媛, 2010.11.7

65. 谷口秀和, 山本伸昭, 溝渕佳史, 兼松康久, 里見淳一郎, 永廣信治. 症候性内頚動脈閉塞に対する血管内治療の意義. 26NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 北九州, 2010.11.18-20 (抄録: JNET 2010; 4(4): 369)

66. 山本伸昭, 森垣龍馬, 溝渕佳史, 兼松康久, 里見淳一郎, 永廣信治, 森田奈緒美, 原田雅史. 自験例における主幹動脈狭窄や閉塞に伴う脳梗塞患者とDural arteriovenous fistula (DAVF) 患者のMRI (T2*WI) 所見の検討. 26NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 北九州, 2010.11.18-20 (抄録: JNET 2010; 4(4): 383)

67. 寺澤由佳, 藤田浩司. 認知症発症前に画像異常を呈した68歳女性. 26 市川-松戸神経画像カンファレンス, 徳島, 2010.11.24

68. 有井敬治, 三ツ井貴夫, 乾俊夫, 橋口修二, 足立克仁, 渋田佳子, 泰地治男, 和泉唯信, 龍兒. Parkinson病に対するMentality-oriented rehabilitationの効果. 64回国立病院総合医学会, 博多, 2010.11.26 (抄録: 講演抄録集 2010; 64: 339)

69. 三ツ井貴夫. パーキンおよび関連蛋白による抗アポトーシス作用. 64回国立病院総合医学会, 博多, 2010.11.26 (抄録: 講演抄録集 2010; 64: 339)

70. 和泉唯信, 鎌田正紀, 伊東秀文, 丸山博文, 川上秀史, 龍兒. Optineurin遺伝子変異による筋萎縮性. 40OSK, 京都, 2010.11.28 (抄録: プログラム・抄録 2010: 29-30)

71. 松井尚子, 宮本亮介, 寺澤由佳, 藤田浩司, 佐藤健太, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 多剤併用療法により改善を認めた非HIV関連進行性多巣性白質脳症の一例. 89回日本神経学会中国・四国地方会, 出雲, 2010.12.4 (抄録: 臨床神経 2011; 51(7): 534)

72. 宮崎由道, 中村俊平, 戸井孝行, 橋本 . 繰り返しのIVIg療法が有効であった Guillain-Barre症候群 (GBS) 1. 89回日本神経学会中国・四国地方会, 出雲, 2010.12.4  (抄録: 臨床神経 2011; 51(7): 535)

2B-d. 班会議

1. 坂口末廣, 〇藤田浩司. 抗プリオン抗体発現ミクログリアを接種したプリオン感染マウスの解析. 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 プリオン病における免疫反応の解明とそれに基づく診断・治療法の開発 (主任研究者 片峰 ) 平成21年度班会議, 鹿児島, 2010.1.9

2. 龍兒. 補足運動野への反復経頭蓋磁気刺激によるパーキンソン病症状の改善についての検討. 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 反復磁気刺激によるパーキンソン病治療の確立 (研究代表者 宇川義一) 平成21年度班会議, 東京, 2010.1.11

3. 龍兒, 〇和泉唯信, 浅沼光太郎, 杉原治美, 有内和代, 桑内敬子, 雅子, 多田敏子, 久米亜紀子, 宮本登志子, 楊河宏章, 苛原 . 難病相談室における自立支援体制の検討 -大学病院におけるALS事例から-. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 (主任研究者 今井尚志) 平成21年度班会議, 東京, 2010.1.11

4. 湯浅龍彦, 〇藤田浩司, 原田雅彦, 佐々木真理, プリオン病画像小委員会. プリオン病における新規MRIの役割グリア、ニューロンのin vivo 評価: 3 Tesla MR spectroscopy―. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 (主任研究者 水澤英洋) 平成21年度班会議, 東京, 2010.1.18-19

5. 龍兒, 〇佐藤健太. JR尼崎事故後に発生した体幹ジストニアの1. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 ジストニアの治療法の確立・治療指針策定のための調査研究 (班長 龍兒) 平成21年度・研究報告会, 東京, 2010.1.22

6. 龍兒, 〇宮崎由道, 佐光 , 浅沼光太郎, 和泉唯信. ゾルピデムによるジストニア治療. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 ジストニアの治療法の確立・治療指針策定のための調査研究 (主任研究者 龍兒) 平成21年度班会議・研究報告会, 東京, 2010.1.22

7. 龍兒, 〇松井尚子, 高松直子, 寺澤由佳, 和泉唯信. 炎症性筋疾患における筋エコーの検討.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業封入体筋炎 (IBM) の臨床調査および診断基準の作成に関する研究 (主任研究者 青木正志) 平成21年度班会議, 仙台, 2010.1.23

8. 龍兒, 松井尚子, 渋田佳子, 三ツ井貴夫. 外眼筋炎における臨床像と筋病理の検討. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (班長 ) 平成21年度班会議, 東京, 2010.1.27-28

9. 龍兒, 〇宮城 , 松井尚子, 和泉唯信, 有澤孝吉, . 多巣性運動ニューロパチー (MMN) ワーキンググループからの報告~全国調査に向けて. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (班長 ) 平成21年度班会議, 東京, 2010.1.27-28

10. , 〇桑原 , 松井尚子, 龍兒. 多巣性運動ニューロパチー (MMN) における抗糖脂質抗体および抗糖脂質複合体抗体についての検討. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (研究代表者 ) 平成21年度班会議, 東京, 2010.1.27-28

11. 龍兒, 〇向井洋平. ボツリヌス毒素を用いたdrug delivery systemの構築 中間報告. 厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究事業政策創薬総合研究「ボツリヌス神経毒素による中枢情報伝達制御薬の開発-てんかんと難冶性疼痛の克服に向けて」(研究代表者 銀永明弘) 班会議, 大阪, 2010.2.10

12. 龍兒. OPTN変異を伴うALSの臨床的特徴. 厚生労働科学研究費補助金難知性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究班 (H20-難治-一般-015) (研究代表者 中野今治) 平成22年度ワークショップ, 東京, 2010.7.23

13. 湯浅龍彦, 〇藤田浩司, 高橋幸利. プリオン病における抗グルタミン酸受容体抗体. 精神症状の発現に関する意義. 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 急性脳炎・脳症のグルタミン酸受容体自己免疫病態の解明・早期診断・治療法確立に関する臨床研究 (H20-こころ-一般-021) (主任研究者 高橋幸利) 平成22年度班会議 東京, 2010.11.19

14. 龍兒, 〇島谷佳光, 松井尚子, 宮本亮介, 古川貴大, 寺澤由佳, 浅沼光太郎, 和泉唯信. 難治性の消化管症状を主徴としたacute autonomic sensory and motor neuropathy2症例. 難治性ニューロパチーの診断技術と治療法の開発に関する研究 (主任研究者 漆谷 ) 平成22年度班会議 東京, 2010.12.2

15. 龍兒, 和泉唯信, 浅沼光太郎, 〇織田雅也, 中根俊成, 松尾秀徳. 水疱性類天疱瘡を合併した筋萎縮性側索硬化症の3. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究 (研究代表者 中野今治) 平成22年度班会議, 東京, 2010.12.17-18

16. 龍兒, 〇和泉唯信, 鎌田正紀, 伊藤秀文, 丸山博文, 川上秀史, JaCALS. Optineurin遺伝子変異による筋萎縮性側索硬化症.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究 (研究代表者 中野今治) 平成22年度班会議, 東京, 2010.12.17-18

17. 龍兒, 〇三ツ井貴夫, (黒田)由紀子, 藤本美希. パーキンとパーキン関連蛋白の機能連関. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究 (研究代表者 中野今治) 平成22年度班会議, 東京, 2010.12.17-18

 

3. 講演会 (いわゆる社会活動)

1. 和泉唯信:筋萎縮性側索硬化症 (ALS) について 1.診療の現場から. 9回徳島神経難病セミナー, 徳島, 2010.1.17

2. 和泉唯信:脳梗塞急性期治療. 田辺三菱製薬株式会社社内勉強会, 徳島, 2010.1.19

3. 和泉唯信:徳島大学病院におけるALS診療の現状と問題点. 39回徳島神経疾患症例検討会, 徳島, 2010.1.22

4. 和泉唯信.:アルツハイマー病の治療と実際. クリニカルフォーラム, 徳島, 2010.2.4

5. 龍兒:Japanese study experience sharing?Upper limb study(BTX108509) / Lower limb study(BTX108512)?Q&A. GSK1358820 Injection Training for the Study to Evaluate the Efficacy and Safety in Chinese Patients with Post-Stroke Upper Limb Spasticity, 上海, 2010.3.13

6. 和泉唯信:認知症についての理解とその対応について. 阿波市介護支援専門員連絡会及び研修会, 徳島, 2010.3.19

7. 寺澤由佳:脳卒中治療の現状について. 脳卒中治療に関するMR研修, 徳島, 2010.3.24

8. 和泉唯信:パーキンソン病の腰痛調査. 5回中四国パーキンソン病薬物治療研究会, 広島, 2010.3.27

9. 和泉唯信:認知症の鑑別と治療について. クリニカルフォーラム, 徳島, 2010.3.30

10. 和泉唯信:頭痛の啓蒙と医療連携. 2回徳島頭痛エキスパートミーティング, 徳島, 2010.4.13

11. 龍兒:Deep brain stimulation for movement disorders: The Japanese experience. Neuroscience Conference, Arizona, 2010.4.19-23

12. 和泉唯信:寝たきりになりやすい神経難病. 3回徳島県住宅褥瘡セミナー, 徳島, 2010.5.15

13. 和泉唯信:治療に難渋しているChurg-Strauss症候群の1. 20回徳島神経難病治療薬研究会, 徳島, 2010.6.3

14. 龍兒:William Oslerと神経内科. 5回内科スキルアップセミナー, 徳島, 2010.6.4

15. 寺澤由佳:内科医から診た脳卒中. 5回内科スキルアップセミナー, 徳島, 2010.6.4

16. 龍兒:ジストニア・痙縮のボツリヌス治療-手技と実際. 神経・筋疾患に関するボツリヌス療法懇話会, 鹿児島, 2010.6.25

17. 龍兒:Molecular dissection of X-linked dystonia parkinsonism. Philippine Neurological Association, Philippine, 2010.7.1-5

18. 龍兒:アルツハイマー病にならないために. 45回地域学術研修セミナー講演会, 徳島, 2010.7.6

19. 中根俊成:多発性硬化症と視神経脊髄炎はどのように違う?=基礎から臨床まで=. 多発性硬化症 peer to peer meeting, 徳島, 2010.7.8

20. 藤田浩司:Creutzfeldt-Jakob病の画像. 48回徳島神経疾患症例検討会-西部地区-, 吉野川, 2010.7.22

21. 和泉唯信:神経難病患者の病態と治療. 平成22年度訪問看護ステーション・医療機関に勤務する看護師相互研修, 徳島, 2010.7.27

22. 三ツ井貴夫:パーキンソン病に合併したジストニアに対するリハビリテーションの効果. 3回徳島パーキンソン病エキスパートミーティング, 徳島, 2010.7.29

23. 和泉唯信:認知症の予防と治療. 241回徳島医学会学術集会, 徳島, 2010.8.1

24. 坂本 崇:脳卒中後遺症の治療ボツリヌス毒素を用いて. 241回徳島医学会学術集会, 徳島, 2010.8.1

25. 寺澤由佳:脳卒中を予防するために脳卒中ってどんなもの?―. 241回徳島医学会学術集会, 徳島, 2010.8.1

26. 中村和己:嚥下障害とのつきあい方. 241回徳島医学会学術集会, 徳島, 2010.8.1

27. 佐光 亘:基底核疾患に対する深部脳刺激術 (DBS). Neuro-Tokushima Summer Seminar 2010, 徳島, 2010.8.7-8

28. 龍兒:不随運動の見方~小児を中心として~. 29回四国小児神経症例検討会, 徳島, 2010.8.21-22

29. 和泉唯信:抗パーキンソン病薬の使用経験. 社内レクチャーミーティング, 徳島, 2010.8.31

30. 藤田浩司:プリオン病の剖検について -東京都健康長寿医療センターでの見学報告-. 徳島病院セミナー, 吉野川, 2010.9.1

31. 龍兒:ボツリヌス治療の現状と展望. 6回神経・筋疾患に関するボツリヌス療法研究会, 東京, 2010.9.11

32. 龍兒:オープニングレクチャー. ロゼレム錠新発売記念講演会, 徳島, 2010.9.13

33. 龍兒:整形外科医にとって必要な神経・筋疾患の基礎的知識. 富山県呉西臨床整形外科医会 「山水会」 講演会, 富山, 2010.9.15

34. 龍兒:中枢性脱髄の電気生理学. 9回東京MS研究会, 東京, 2010.9.17

35. 三ツ井貴夫:強皮症・皮膚筋炎及び多発性筋炎について. 難病医療講演会, 徳島, 2010.9.25

36. 龍兒:「所見をつけよう」 ~神経生理の基礎からデータ評価まで~. 京都府臨床検査技師会 脳・神経検査講座, 京都, 2010.10.2

37. 龍兒:ALSの早期発見と治療の展望. 18回名古屋神経内科セミナー,名古屋, 2010. 11.16