研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2009


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a.学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Kamada M, Maruyama H, Tanaka E, Morino H, Wate R, Ito H, Kusaka H, Kawano Y, Miki T, Nodera H, Izumi Y, Kaji R, Kawakami H. Screening for TARDBP mutations in Japanese familial amyotrophic lateral sclerosis. J Neurol Sci 2009; 284(1-2): 69-71

2.       Liu L, Sakai T, Tran NH, Mukai-Sakai R, Kaji R, Fukui K. Nucling interacts with nuclear factor-kappaB, regulating its cellular distribution. FEBS J 2009; 276(5): 1459-1470

3.       Matsui N, Nakane S, Nakagawa Y, Kondo K, Mitsui T, Matsumoto T, Arisawa K, Kaji R. Increasing incidence of elderly-onset patients with myasthenia gravis in a local area of Japan. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2009; 80(10): 1168-1171

4.       Nishio M, Korematsu K, Yoshioka S, Nagai Y, Maruo T, Ushio Y, Kaji R, Goto S. Long-term suppression of tremor by deep brain stimulation of the ventral intermediate nucleus of the thalamus combined with pallidotomy in hemiparkinsonian patients. J Clin Neurosci 2009; 16(11): 1489-1491

5.       Sakamoto T, Torii Y, Takahashi M, Ishida S, Goto Y, Nakano H, Harakawa T, Ginnaga A, Kozaki S, Kaji R. Quantitative determination of the biological activity of botulinum toxin type A by measuring the compound muscle action potential (CMAP) in rats. Toxicon 2009; 54(6): 857-861

6.       Sako W, Nishio M, Maruo T, Shimazu H, Matsuzaki K, Tamura T, Mure H, Ushio Y, Nagahiro S, Kaji R, Goto S. Subthalamic nucleus deep brain stimulation for camptocormia associated with Parkinson's disease. Mov Disord 2009; 24(7): 1076-1079

7.       Terasawa Y, Kimura K, Iguchi Y, Shibazaki K, Okada Y, Matsumoto N. Predictors of aortic complicated lesions in stroke patients. Hypertens Res 2009; 32(6): 462-465

8.       Wakasugi D, Kato T, Gono T, Ito E, Nodera H, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Hara M. Extreme efficacy of intravenous immunoglobulin therapy for severe burning pain in a patient with small fiber neuropathy associated with primary Sjogren’s syndrome. Mod Rheumatol 2009; 19(4): 437-440

9.       Zabetian CP, Yamamoto M, Lopez AN, Ujike H, Mata IF, Izumi Y, Kaji R, Maruyama H, Morino H, Oda M, Hutter CM, Edwards KL, Schellenberg GD, Tsuang DW, Yearout D, Larson EB, Kawakami H. LRRK2 mutations and risk variants in Japanese patients with Parkinson's disease. Mov Disord 2009; 24(7): 1034-1041

1A-b.学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       Kawabata Y, Nodera H, Kaji R. 52. Excitability properties suggests slow K+ channel dysfunction in a patient with myokymia. Clin Neurophysiol 2009; 120(5): e159

2.       Murase N, Urushihara R, Matsumoto M, Shimadu H, Asanuma K, Satou K, Kaji R. 136. Long-term effect of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) over the premotor cortex for upper limb dystonia. Clin Neurophysiol 2009; 120(5): e177-e178

3.       Nodera H. International issues: postgraduate neurologic training in Japan. Neurology 2009; 72(7): e34-e36

4.       Urushihara R, Hosono Y, Murase N, Shimazu H, Asanuma K, Kaji R. 92. The differences between 0.2 and 0.8 Hz monophasic rTMS effect on SEP in writer’s cramp. Clin Neurophysiol 2009; 120(5): e168

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       龍兒, 大澤美貴雄, 柳澤信夫. 痙性斜頸患者におけるTronto Western Spasmodic Torticollis Rating Scale (TWS) の評価者間信頼性の検討. Brain Nerve 2009; 61(1): 65-71

2.       佐光 , 島津秀紀, 村瀬永子, 松崎和仁, 永廣信治, 西田善彦, 龍兒, 後藤 . ジストニアに対する各治療法の位置づけ: 自験例に基づく両側淡蒼球刺激術の検討. 機能的脳神経外科2009; 48(2): 113-116

3.       福永直人, 島田 , 吉田智則, 金崎淑子, 新谷保実, 恵子, 長田淳一, 河野徹也, 野寺裕之. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎を合併した小細胞肺癌の1. 徳島赤十字病院医学雑誌 2009; 14(1): 112-116

4.       村瀬永子. 上肢ジストニアに対する連続経頭蓋磁気刺激治療. 機能的脳神経外科 2009; 48(2): 176-183

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       和泉唯信. 高次脳機能障害と認知症. めんたる・へるす 2009; 57: 48-83

2.       和泉唯信. 訴え・症状から考える神経所見のとり方 すぐ神経内科にコンサルトしたくなる訴え 「ふらつきます」 小脳性運動失調・深部感覚障害など. Medicina 2009; 46(2): 282-285

3.       一瀬[鷲見]千穂, 佐藤健太, 龍兒, 伊藤正之, 池本和久, F.J, 近藤一直, 永津郁子, 一瀬 , 永廣信治, 佐光 , Graybiel Ann M, 後藤 , 野村隆英. ジストニアモデルとしてのテトラヒドロビオプテリン部分欠損マウス. 日本薬理学雑誌 2009; 133(3): 23

4.       龍兒. 整形外科医にとって必要な神経・筋疾患の基礎知識. 日本整形外科学会雑誌 2009; 83(3): S717

5.       龍兒. 【免疫性ニューロパチー】 多巣性運動ニューロパチーの診断・病態と治療最前線. 神経免疫学 2009; 17(2): 201-205

6.       高井繁美, 楊河宏章, 宮本登志子, 和泉唯信, 龍兒, 西田善彦, 橋本和典, 近藤 , 桜木章司, 宇都宮正登, 川島 , 苛原 . 「徳島治験ネットワーク」 におけるエントリー推進の試みと治験実施について 国際共同治験を通してCRCの立場から. 臨床薬理 2009; 40(suppl): 261

7.       野寺裕之. 訴え・症状から考える神経所見のとり方 ルーティンの神経診察とは 意識障害のある患者での神経所見のとり方. Medicina 2009; 46(2): 220-222

8.       松本真一, 龍兒. 訴え・症状から考える神経所見のとり方 すぐ神経内科にコンサルトしたくなる訴え 「勝手に動きます」 「動きにくいです」 hyperkinetic/hypokinetic movement. Medicina 2009; 46(2): 287-289

9.       向井洋平, 龍兒. 実践講座 痙縮のブロック療法・3 ボツリヌス毒素. 総合リハビリテーション 2009; 37(11): 1035-1040

1B-c. 著書 (分担を含む) およびプロシーディング

1.       浅沼光太郎. 山口 , 北原光夫, 福井次矢 (総編集). A型ボツリヌス毒素 (BTX-A) 療法 Botulinum toxin type-A (BTX-A) therapy. 今日の治療指針2009, 医学書院, 東京 2009:708

2.       龍兒 (総監修), 坂本 (編集). ボツリヌス治療総論ボツリヌス毒素製剤の基礎知識―. 診断と治療社, 東京 2009

3.       龍兒 (総監修), 三村 (編集). 眼科疾患のボツリヌス治療. 診断と治療社, 東京 2009

4.       寺澤由佳, 木村和美. 小林祥泰, 水澤英洋 (編集). 一過性脳虚血発作. 神経疾患最新の治療2009-2011, 南江堂, 東京 2009:96-99

5.       龍兒, 小林祥泰 (監訳). 福井次矢, 黒川 (監修). Part 16 神経疾患. ハリソン内科学第3 , メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2009: 2571-2845

6.       和泉唯信 (). 福井次矢, 黒川 (監修). Part 16 神経疾患 Section 1 神経疾患の診断 361 神経疾患患者へのアプローチ. ハリソン内科学第3 , メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2009: 2578-2584

7.       和泉唯信 (). 福井次矢, 黒川 (監修). Part 16 神経疾患 Section 2 中枢神経の疾患 370 自律神経障害. ハリソン内科学第3 , メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2009: 2674-2680

8.       松井尚子 (). 福井次矢, 黒川 (監修). Part 16 神経疾患 Section 3 神経筋疾患 382 筋ジストロフィおよびその他の筋疾患. ハリソン内科学第3 , メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2009: 2779-2797

9.       松井尚子 (). 福井次矢, 黒川 (監修). Part 16 神経疾患 Section 3 神経筋疾患 383 多発性筋炎, 皮膚筋炎および封入体筋炎. ハリソン内科学第3 , メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2009: 2798-2805

1B-d. 学内紀要, 各省庁の研究助成金および研究委託費による研究成果

1.       和泉唯信, 伊藤 , 沖田進司. 特発性正常圧水頭症の心電図QTdispersion, JTdispersion, 三徴と手術前後での画像変化. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究 (主任研究者 新井 ) 平成20年度総括・分担研究報告書 2009: 29-30

2.       龍兒, 和泉唯信, 浅沼光太郎, 佐藤 , 鎌田正紀, 野寺裕之, 杉原治美,有内和代, 桑内敬子, 稲原久美子, 雅子, 磯谷佐代. 徳島大学病院における筋萎縮性側索硬化症診療の現状と問題点. 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 (主任研究者 今井尚志) 平成20年度総括・分担研究報告書 2009: 59-61

3.       龍兒, 鎌田正紀, 和泉唯信, 野寺裕之, 丸山博文, 川上秀史, 伊東秀文, 日下博文. 家族性および孤発性ALSにおけるTARDBP遺伝子変異の頻度検索. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 神経変性疾患に関する調査研究 (主任研究者 中野今治) 平成20年度総括分担報告書 2009

4.       龍兒, 川畑佳子, 野寺裕之. Isaacs症候群と臨床的に鑑別困難な小児期発症slow K+ channelopathy (新しい自己免疫疾患との関連の可能性について). 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 免疫性神経疾患に関する調査研究 (主任研究者 ) 平成20年度総括分担報告書 2009

5.       龍兒, 松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 中川靖士, 近藤和也, 高浜洋介. 重症筋無力症患者における胸腺IL-17の解析. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 免疫性神経疾患に関する調査研究 (主任研究者 楠 進) 平成20年度総括分担報告書 2009

6.       龍兒, 向井洋平, 幸田知子, 小崎俊司. ボツリヌス毒素重鎖を用いた研究 (中間発表). 創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業 ボツリヌス神経毒素有効成分を利用したジストニア・痙縮等の治療法の確立と筋萎縮性側索硬化症に対するdrug delivery systemの開発 (主任研究者 龍兒) 平成20年度総括分担報告書 2009

7.       坂口末廣, 藤田浩司. Lentivirus vectorを用いた抗プリオン抗体 single chain Fvの細胞内導入. 厚生労働省科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 プリオン病における免疫反応の解明とそれにもとづく診断・治療法の開発 (主任研究者 片峰 ) 平成20年度総括分担研究報告書 2009: 13-15

8.       湯浅龍彦, 藤田浩司, 原田雅史, 佐々木真理. 標準化画像を用いたプリオン病診断システムの構築に向けて. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 (主任研究者 水澤英洋) 平成20年度総括分担研究報告書 2009: 72-74

 

2. 学会発表 (開催順)

2A 国際学会

2A-a. 招待講演, 特別講演, 受賞講演

1.       Kaji R. Pathophysiology of dystonia. 2009 Spring KMDS Sympo, Seoul, April 11, 2009

2.       Kaji R, Kawabata Y, Nodera H, Bostock H. Therapeutic approach to spasticity: an update. 2009 Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology, Seoul,  April 15-18, 2009 (abstract: Clin Neurophysiol 2009;120(Suppl1):S7)

3.       Kaji R. Multifocal motor neuropathy. Neuromuscular Symposium in Honor of Austin J. Sumner, M.D., New Orleans, May 6-11, 2009

4.       Kaji R. Dopa-responsive dystonias: an update. The Movement Disorders Society’s 13th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders, Paris, June 7-11, 2009

5.       Kaji R, Sako W, Sato K, Goto S. Molecular dissection of dystonia. 19th World Congress of Neurology, Bangkok, October 24-30, 2009 (abstract: J Clin Neurosci 2009; 285(Suppl1): S41)

6.       Kaji R. Multifocal motor neuropathy: Prof Bostock's contribution to clarify its pathophysiology. Festschrift in honour of Prof. Hugh Bostok, FRS, London, November 4-9, 2009

2A-c. 一般演題

1.       Terasawa Y, Iguchi Y, Aoki J, Shibazaki K, Kimura K. Clinical-diffusion mismatch may be associated with neurological improvement in patients with IV t-PA. International Stroke Conference 2009, San Diego, CA, February 17-20, 2009 (abstract: Stroke 2009; 40: 100)

2.       Kawabata Y, Nodera H, Bostock H, Kaji R. Excitability properties suggest slow K channel dysfunction in a patient with cramp and myokymia. 2009 Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology, Seoul, April 15-18, 2009, (abstract: Clin Neurophysiol 2009; 120(Suppl1): S48)

3.       Fujita K, Nakane S, Harada M, Izumi Y, Yuasa T, Kaji R. Diffusion tensor imaging in patients with Creutzfeldt-Jakob disease. American Academy of Neurology 61st Annual Meeting, Seattle, WA, April 25-May 2, 2009 (abstract: Neurology 2009; 72(Suppl3): A164)

4.       Matsui N, Nakane S, Mitsui T, Takahama Y, Kaji R. Elevated IL-17 detectable in the thymus of myasthenia gravis. American Academy of Neurology 61st Annual Meeting, Seattle, WA, April 25-May 2, 2009 (abstract: Neurology 2009; 72(Suppl3): A53)

5.       Nakane S, Kawabata Y, Urushihara R, Harada M, Kaji R. Successful treatment of stiff person syndrome with sequential use of tacrolimus. American Academy of Neurology 61st Annual Meeting, Seattle, WA, April 25-May 2, 2009 (abstract: Neurology 2009; 72(Suppl3): A302)

 

2B 国内学会

2B-b. シンポジウム

1.       龍兒, 有村公良. シンポジウム12 末梢神経疾患研究の現在 オーバービュー. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(11): 949)

2.       和泉唯信, 小林芳友 (座長). シンポジウム 「高齢者歯科治療における検査」 高齢者疾患特に神経疾患について. 2回日本口腔検査学会総会・学術大会, 広島, 2009.10.4

2B-c. 一般演題 (総会・学術集会, 地方会, 研究会)

1.       佐光 , 島津秀紀, 村瀬永子, 松崎和仁, 西田善彦, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . ジストニアに対する各治療法の位置づけ1 ―自験例に基づく保存的治療法の検討―. 48回日本定位・機能神経外科学会, 東京, 2009.1.23-24 (抄録: 機能的脳神経外科2009; 48(1): 40-41)

2.       佐光 , 島津秀紀, 村瀬永子, 松崎和仁, 西田善彦, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . ジストニアに対する各治療法の位置づけ2 ―自験例に基づく両側淡蒼球刺激術の検討―. 48回日本定位・機能神経外科学会, 東京, 2009.1.23-24 (抄録: 機能的脳神経外科 2009; 48(1): 42-43)

3.       佐光 , 村瀬永子, 島津秀紀, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒, 後藤 . Meige症候群に伴うspasmodic dysphoniaに対する両側淡蒼球刺激術. 48回日本定位・機能神経外科学会, 東京, 2009.1.23-24 (抄録: 機能的脳神経外科 2009; 48(1): 44-45)

4.       宮崎由道. TIAを契機に診断された心房内腫瘍の一例. 3回ヤングストロークカンファレンス (ナイトセッション), 岡山, 2009.2.7

5.       島谷佳光, 宮崎由道, 佐藤健太, 浅沼光太郎, 松本真一, 野寺裕之, 和泉唯信, 村瀬永子, 龍兒. 椎骨脳底動脈解離に伴う脳梗塞にたこつぼ心筋症を合併 した一例. 11回徳島脳卒中研究会, 徳島, 2009.2.8

6.       宮崎由道, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 認知症が長期先行した筋萎縮性側索硬化症の1例. 20回日本老年医学会四国地方会, 高松, 2009.2.14 (抄録: 日老医誌 2010; 47(4): 364)

7.       島谷佳光, 村瀬永子, 向井洋平, 鎌田正紀, 宮崎由道, 浅沼光太郎, 松本真一, 野寺裕之, 和泉唯信, 中根俊成, 龍兒. 精神症状を主体とした中枢神経ループスと考えられた若年男性の一例. 21回徳島てんかん談話会, 徳島, 2009.2.19

8.       松井尚子, 三ツ井貴夫, 中川靖士, 近藤和也, 中根俊成, 高浜洋介, 龍兒. 重症筋無力症患者における制御性T細胞と胸腺IL-17の解析. 28回日本胸腺研究会, 福岡, 2009.2.14

9.       松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 中川靖士, 近藤和也, 高浜洋介, 龍兒.重症筋無力症患者に対する胸腺摘出術の予後と胸腺IL-17の解析. 21回日本神経免疫学会学術集会, 大阪, 2009.3.12-13 (抄録: 神経免疫学 2009; 17(1): 133)

10.   龍兒, 野寺裕之. 免疫性ニューロパチーの最近の話題 多巣性運動ニューロパチーの電気生理 ALSとの鑑別を中心として. 21回日本神経免疫学会学術集会, 大阪, 2009.3.12-13 (抄録: 神経免疫学 2009; 17(1): 31)

11.   宮崎由道, 藤田浩司, 和泉唯信, 龍兒. 特発性パーキンソン病における脳血管病変. 34回日本脳卒中学会総会, 松江, 2009.3.20-22 (P1-093)

12.   和泉唯信, 宮崎由道, 佐藤 , 中村和己, 藤田浩司, 佐藤健太, 織田雅也, 龍兒. 当院におけるパーキンソン病の眠気調査. 4回中四国パーキンソン病薬物治療研究会, 広島, 2009.3.28

13.   宮崎由道, 和泉唯信, 龍兒. パーキンソン病における脳血管障害. 徳島パーキンソン病エキスパートミーティング, 徳島, 2009.4.8

14.   新田佳伯, 芥川正武, 榎本崇宏, 岡久稔也, 宮本弘志, 大西芳明, 中根俊成, 龍兒, 西村匡司, 木内陽介. SOMを使用した血液浄化療法中における患者体内の水分移動の評価.48回日本生体医工学会大会, 東京, 2009.4.23-25 (抄録: 生体医工学 2009; 47(3): 333)

15.   島谷佳光, 村瀬永子, 向井洋平, 鎌田正紀, 宮崎由道, 浅沼光太郎, 松本真一, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 精神症状を主体とした中枢神経ループスの1例. 100回日本内科学会四国地方会, 高知, 2009.5.10

16.   熱田直樹, 渡辺宏久, 伊藤瑞規, 千田 , 中野今治, 森田光哉, 青木正志, 湯浅龍彦, 省次, 龍兒. ALS患者の前向き縦断像把握システム(JaCALS) による予後予測. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1030)

17.   和泉唯信, ○植村勇太, 黒田由紀子, 大村玲奈, 龍兒, 三ツ井貴夫, 足立克仁. 酸化ストレスによるパーキン遺伝子のスプライシング異常. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1147)

18.   龍兒, 木村彰男, 松永 , 伊藤聖, 川田純也. 脳卒中後の上肢および下肢痙縮に対するBotulinum toxin type A (BTX) の有効性の検討. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1140)

19.   鎌田正紀, 丸山博文, 田中英司, 森野豊之, 伊東秀文, 日下博文, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 家族性ALSおよび孤発性ALSにおけるTARDBP遺伝子変異の検索頻度. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1027)

20.   黒田由紀子, 龍兒, 三ツ井貴夫, 足立克仁. パーキン蛋白の糖化修飾機構. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1056)

21.   坂本 , 原川哲博, 村田美穂, 小崎俊司, 銀永明弘, 龍兒. 低分子ボツリヌス神経毒素製剤 (A2株由来NTX) は市販製剤より拡散しにくい. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 997)

22.   佐藤健太, 一瀬千穂, 一瀬宏, 龍兒, 後藤 . DRDモデルマウスにおけるドーパミン系障害は線条体コンパートメント間で相違がある. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1001)

23.   島谷佳光, ○大村玲奈, 黒田由紀子, 植村勇太, 龍兒, 三ツ井貴夫, 足立克仁. グルココルチコイド受容体活性化によるミトコンドリア障害機序. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1021)

24.   寺澤由佳, 井口保之, 青木淳哉, 芝崎謙作, 木村和美. t-PA治療患者において再開通現象は梗塞巣の拡大を予防する. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1050)

25.   鳥居恭司, 赤池紀生, 原川哲博, 加藤啓子, 龍兒, 銀永明弘. 低分子量ボツリヌス毒素製剤A2NTXA1毒素よりも拡散しない. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1000)

26.   平野成樹, 浅沼光太郎, Eidelberg D. パーキンソン病におけるレボドパ製剤による脳代謝-脳血流反応不均衡. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 981)

27.   藤田浩司, 原田雅史, 佐々木真理, 龍兒, 湯浅龍彦. 画像所見を含む孤発性Creutzfeldt-Jakob病の早期診断基準案. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1088)

28.   松本真一, 龍兒. 一次性ジストニアと生理不順の検討. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 998)

29.   三ツ井貴夫, 黒田由紀子, 松井尚子, 足立克仁, 龍兒. 重症筋無力症におけるタクロリムス治療とthymic outputとの関連. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1150)

30.   宮崎由道, 和泉唯信, 鎌田正紀, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 龍兒. 徳島大学病院の筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 診療の現状と問題点. 50回日本神経学会総会, 仙台, 2009.5.20-22 (抄録: 臨床神経 2009; 49(12): 1176)

31.   宮崎由道. パーキンソン病の脳血管障害. 41回徳島神経疾患症例検討会-西部地区-, 徳島, 2009.5.28

32.   浅沼光太郎. パーキンソン病に対するL-dopa治療による脳血流変化と脳代謝変化のミスマッチ. Neuroimaging Seminar, 徳島, 2009.6.5

33.   龍兒, 浅沼光太郎. 職業性ジストニア上肢末梢神経障害との鑑別を含めて―. 20回日本末梢神経学会学術集会, 埼玉, 2009.9.4-5 (抄録: 末梢神経 2009; 20(2): 101-105)

34.   島谷佳光, 川畑佳子, 野寺裕之, ○和泉唯信, 龍兒. 免疫療法の反復で改善した高齢発症のIsaacs症候群の1. 27回日本神経治療学会総会, 熊本, 2009.6.11-12 (抄録: 神経治療学 2009; 26(3): 354)

35.   田中正美, 村元恵美子, 大野美樹, 村瀬永子, 田中惠子, 小西哲郎. 二重膜濾過法は多発性硬化症の再発への治療に有効か? 27回日本神経治療学会総会, 熊本, 2009.6.11-12 (抄録: 神経治療学 2009; 26(3): 370)

36.   宮城 , 島谷佳光, 宮崎由光, 村瀬永子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 起立性振戦の一例. 37OSK, 大阪, 2009.6.13

37.   和泉唯信, 龍兒, 高井繁美, 宮本登志子, 楊河宏章, 苛原 . 徳島大学病院臨床試験管理センターでのアルツハイマー病の治験経験. 51回日本老年医学会学術集会, 横浜, 2009.6.18-20 (抄録: 日老医誌 2009; 46(Suppl): 101)

38.   織田雅也, 和泉唯信, 日地正典, 伊藤 , 野寺裕之, 龍兒, 西尾久英. Survival motor neuron 2遺伝子のホモ接合型欠損を認めた下位運動ニューロン疾患の1. 86 回日本神経学会中国四国地方会, 広島, 2009.6.27 (抄録: 臨床神経 2010; 50(3): 196)

39.   島谷佳光, 宮崎由道, 佐藤健太, 浅沼光太郎, 松本真一, 野寺裕之, 和泉唯信, 村瀬永子, 龍兒. 稚骨脳底動脈解離に伴う脳梗塞にたこつぼ心筋症を合併した一例. 86回日本神経学会中国・四国地方会, 広島, 2009.6.27 (抄録: 臨床神経 2010; 50(3): 191)

40.   宮崎由道, 宮城 , 島谷佳光, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒, 川西健登, 丸山博文, 川上秀史. SOD1遺伝子変異 (G93S) をともなった家族性筋萎縮性側索硬化症の1家系. 86回日本神経学会中国・四国地方会, 広島, 2009.6.27 (抄録: 臨床神経 2010; 50(3): 193)

41.   久米亜紀子, 楊河宏章, 宮本登志子, 高井繁美, 明石晃代, 井上弘美, 田島壮一郎, 西条伴香, 佐藤千穂, 片島るみ, 山上真樹子, 浦川典子, 下村智子, 井本淳一郎, 鈴木あかね, 苛原 , 野寺裕之, 和泉唯信, 浅沼光太郎, 龍兒, 杉原治美, 有内和代, 桑内敬子, 雅子, 金山博臣. 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) を対象とした治験における医療連携の取り組み. 239回徳島医学会学術集会, 徳島, 2009.8.2 (抄録: 四国医学雑誌 2009; 65(5-6): 204-205)

42.   佐光 . 徳島大学病院におけるジストニア治療戦略. 22Neuroscience Seminar Tokushima, 徳島, 2009.9.7

43.   宮崎由道, 島谷佳光, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 両下肢ジストニアに対しゾルピデムが著効した一例. 4回ジストニアクリニック研究会, 大阪, 2009.9.12

44.   和泉唯信, 川畑佳子, 寺澤由佳, 宮崎由道, 浅沼光太郎, 龍兒. パーキンソン病が先行発症した筋萎縮性側索硬化症. 19回徳島神経難病治療薬研究会, 徳島, 2009.10.15

45.   島谷佳光. 糖尿病性舞踏病の一例. 3回中国四国臨床神経機能解析懇話会, 広島, 2009.10.17

46.   飯田有俊, 高橋 , 久保充明, 鎌谷直之, 青木正志, 龍兒, 中野今治, 祖父江元, 中村祐輔, 池川志郎. SNPを用いた大規模関連解析による筋萎縮性側索硬化症感受性遺伝子の同定. 82回日本生化学会大会, 神戸, 2009.10.21-24 (抄録: 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2009; 82: 4T9a-12)

47.   坂井隆志, Hoang Nam, , 坂井利佳, 善美, 龍兒, 福井 . 炎症性肝疾患におけるヌクリング-NF-κB経路の働き. 82回日本生化学会大会, 神戸, 2009.10.21-24 (抄録: 生化学 2009; 81(7): 637)

48.   三宅秩代, 池亀彰茂, 松田定信, 庄野和子, 永峰康孝, 宮城 , 龍兒, 土井俊夫. 髄液検査が有用であったクリプトコッカス髄膜脳炎の一症例. 42回中国四国医学検査学会, 高松, 2009.10.31-11.1 (抄録: 中国四国医学検査学会抄録集 2009; 42: 142)

49.   和泉唯信, 宮崎由道, 浅沼光太郎, 龍兒, 三ツ井貴夫, 有井敬治, 橋口修二, 俊夫, 足立克仁, 織田雅也. パーキンソン病のドパミン受容体作動薬の切り替え経験. 2回徳島パーキンソン病エキスパートミーティング, 徳島, 2009.11.12

50.   和泉唯信, 織田雅也, 日地正典, 伊藤 , 前田敦稔, 花本好正. 過疎地におけるクリニック併設高齢者専用賃貸住宅の試み. 21回日本老年医学会中国地方会, 広島, 2009.11.14 (抄録: 21回日本老年医学会中国地方会抄録集 2009: 23)

51.   和泉唯信, 川畑佳子, 寺澤由佳, 宮崎由道, 浅沼光太郎, 龍兒. パーキンソニズムが先行した筋萎縮性側索硬化症の1. 21回日本老年医学会中国地方会, 広島, 2009.11.14 (抄録: 21回日本老年医学会中国地方会抄録集 2009: 23)

52.   伊藤 , 織田雅也, 日地正典, 和泉唯信. 認知症患者および介護者に対する外来での相談活動. 21回日本老年医学会中国地方会, 広島, 2009.11.14 (抄録: 21回日本老年医学会中国地方会抄録集 2009: 31)

53.   織田雅也, 日地正典, 伊藤 , 和泉唯信. 血管性認知症と特発性正常圧水頭症の合併が考えられた1. 21回日本老年医学会中国地方会, 広島, 2009.11.14 (抄録: 21回日本老年医学会中国地方会抄録集 2009: 30)

54.   出村 , 福田 , 野瀬祥造, 珠数 , 中野 , 木下真幸子, 村瀬永子, 山本兼司. Neuromyelitis optica (NMO) Classic MS (CMS) における平衡機能障害の特徴. 39回日本臨床神経生理学会・学術大会, 北九州, 2009.11.18-20 (抄録: 臨床神経生理学 2009; 37(5): 330)

55.   宮崎由道, 宮城 , 島谷佳光, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒, 川西健登, 丸山博文, 川上秀史. SOD1遺伝子変異 (G93S) をともなった家族性筋萎縮性側索硬化症の1家系. 39回日本臨床神経生理学会・学術大会, 北九州, 2009.11.18-20 (抄録: 臨床神経生理学 2009; 37(5): 369)

56.   織田雅也, 伊藤 , 日地正典, 中村 , 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信. 当院における認知症診療の現況. 28回日本認知症学会学術集会, 仙台, 2009.11.20-22 (抄録: Dementia Japan 2009; 23(2): 230)

57.   宮崎由道, 三ツ井貴夫, 柏木節子, 足立克仁. Pure progressive autonomic failureの一例. 101回日本内科学会四国地方会, 高松, 2009.11.22 (抄録: 日内会誌 2010; 99(5): 1146)

58.   宮城 , 寺澤由佳, 佐藤健太, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒, 山本洋太, 井上聖也, 丹黒章. 胸腔内洗浄中に空気塞栓による脳梗塞を来した1症例. 101回日本内科学会四国地方会, 高松, 2009.11.22 (抄録: 日内会誌 2010; 99(5): 1146)

59.   藤田浩司, 松田治男, 坂口末廣. 抗プリオンscFv 抗体を発現する脳移行性ミクログリア細胞株の樹立/Establishment of a brain-migratory microglial cell line expressing therapeutic anti-prion scFv antibody. 39回日本免疫学会総会・学術集会, 大阪, 2009.12.2-4 (抄録: 日本免疫学会総会・学術集会記録39巻ポスター・ワークショップ抄録p.42)

60.   高井繁美, 楊河宏章, 宮本登志子, 和泉唯信, 龍兒, 西田善彦, 橋本和典, 近藤彰, 桜木章司, 宇都宮正登, 川島 , 苛原 . 「徳島治験ネットワーク」 におけるエントリー推進の試みと治験実施について ~国際共同治験を通してCRCの立場から~. 30回日本臨床薬理学会年会, 横浜, 2009.12.3-5 (抄録: 臨床薬理 2009; 40(Suppl): S261)

61.   宮城 , 寺澤由佳, 松井尚子, 山本伸昭, 佐藤健太, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. ステロイド投与が奏功した卵巣奇形腫を伴う抗グルタミン酸受容体抗体陽性脳炎の1. 87回日本神経学会中国・四国地方会, 高松, 2009.12.5 (抄録: 臨床神経 2010; 50(7): 517)

62.   山本伸昭, 宮城 , 寺澤由佳, 佐藤健太, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 下肢深部静脈血栓症から両心房内血栓, 脳梗塞, 肺塞栓を合併した1例. 87回日本神経学会中国・四国地方会, 高松, 2009.12.5 (抄録: 臨床神経 2010; 50(7): 516)

63.   織田雅也, 日地正典, 伊藤 , 中村 , 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信. プリオン蛋白遺伝子codon180の点変異とcodon129Met/Val多型を伴ったCreutzfeldt-Jakob病の1. 87回日本神経学会中国・四国地方会, 高松, 2009.12.5

64.   山本伸昭, 宮城 , 寺澤由佳, 佐藤健太, 松井尚子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 全身性ジストニアを呈したhyperinsulinism-hyperammonaemia syndrome1. 38OSK, 京都, 2009.12.12

2B-d. 班会議

1.       龍兒, ○和泉唯信, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 鎌田正紀. 徳島大学病院における筋萎縮性側索硬化症診療の現状と問題点. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 (主任研究者 今井尚志) 平成20年度研究報告会, 東京, 2009.1.12

2.       湯浅龍彦, ○藤田浩司, 原田雅史, 佐々木真理. 標準化画像を用いたプリオン病診断システムの構築に向けて. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 (主任研究者 水澤英洋) 平成20年度班会議, 東京, 2009.1.26-27

3.       龍兒, ○川畑佳子, 野寺裕之. Isaacs症候群と臨床的に鑑別困難な小児期発症slow K+ channelopathy (新しい自己免疫疾患との関連の可能性について). 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 免疫性神経疾患に関する調査研究 (主任研究者 ) 平成20年度班会議, 東京, 2009.1.28-29

4.       龍兒, ○松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 中川靖士, 近藤和也, 高浜洋介. 重症筋無力症患者における胸腺IL-17の解析. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 免疫性神経疾患に関する調査研究 (主任研究者 ) 平成20年度班会議, 東京, 2009.1.28-29

5.       坂口末廣, ○藤田浩司. Lentivirus vectorを用いた抗プリオン抗体single chain Fvの細胞内導入. 厚生労働省科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 プリオン病における免疫反応の解明とそれにもとづく診断・治療法の開発 (主任研究者 片峰 ) 平成20年度班会議, 蔵王, 2009.1.29-30

6.       龍兒, ○向井洋平, 幸田知子, 小崎俊司. ボツリヌス毒素重鎖を用いた研究 (中間発表). 創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業 ボツリヌス神経毒素有効成分を利用したジストニア・痙縮等の治療法の確立と筋萎縮性側索硬化症に対するdrug delivery systemの開発 (主任研究者 龍兒) 平成20年度班会議, 大阪, 2009.2.24

7.       龍兒, ○島谷佳光, 渋田佳子, 浅沼光太郎. 活動依存性伝導ブロックにより診断し得た多巣性運動ニューロパチーの症例. 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発に関する研究 (主任研究者 有村公良) 平成21年度班会議, 東京, 2009.12.3

8.       和泉唯信, ○織田雅也, 伊藤 , 龍兒. iNPH頻度調査を実施した老人福祉施設入所者を対象とした追跡調査. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究 (主任研究者 新井 ) 平成21年度班会議, 東京, 2009.12.12

9.       龍兒, ○渋田佳子, 野寺裕之, 和泉唯信. 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) における軸索評価. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 神経変性疾患に関する調査研究 (主任研究者 中野今治) 平成21年度班会議, 東京, 2009.12.18-19

 

3. 講演会 (いわゆる社会活動)

1. 和泉唯信:脳梗塞急性期治療. 社内勉強会講師, 徳島, 2009.1.19

2. 野寺裕之:糖尿病性神経障害の最近の話題. 美馬市医師会学術講演会, 徳島, 2009.1.24

3. 龍兒:ジストニアの診断と治療 UPDATE. 3Saitama Neurological Seminar (SNS), さいたま, 2009.3.4

4. 和泉唯信:認知症についての理解とその対応. 阿波市介護支援専門員連絡会及び研修会, 徳島, 2009.3.19

5. 龍兒:不随意運動の診断と治療. 11回和歌山・泉南地区パーキンソン病治療研究会, 大阪, 2009.3.28

6. 和泉唯信:徳島市における今後の頭痛啓発について. 徳島頭痛エキスパートミーティング, 徳島, 2009.4.17

7. 龍兒:ジストニアの分子病態. 29回京都神経フォーラム, 京都, 2009.4.24

8. 龍兒:パーキンソン病の病態と治療. 東四国医療セミナー, 徳島, 2009.6.4

9. 龍兒:不随意運動の診断と治療. 京都府立医科大学神経内科同門会, 京都, 2009.6.20

10. 龍兒:浮腫と脱水. 徳島県知的障害者福祉協会勉強会, 徳島, 2009.7.10

11. 和泉唯信:見逃したら怖い頭痛診療. 2回内科スキルアップセミナー, 徳島, 2009.7.17

12. 和泉唯信:神経難病患者の病態と治療. 平成21年度訪問看護ステーション・医療期間に勤務する看護師の相互研修実施要項, 徳島, 2009.7.24

13. 龍兒:神経伝導検査で何がわかる? 検査データをどう評価する? 脳・神経検査講座, 京都, 2009.9.5

14. 龍兒:ジストニアの病態と治療. 12回北摂四医師会神経精神医学研究会, 大阪府, 2009.10.3

15. 和泉唯信:認知症の鑑別と診断. クリニカルフォーラム, 徳島, 2009.11.11

16. 龍兒:不随意運動の鑑別診断と治療. 3rd SETOUCHI Movement Disorders Conference, 香川, 2009.11.21

17. 龍兒:パーキンソン病の病態と治療. 東四国医療セミナー, 高松, 2009.12.2

18. 龍兒:ジストニアUPDATE. 9回北海道機能神経外科研究会, 札幌, 2009

19. 和泉唯信:徳島大学病院におけるALS診療の現状と問題点. 39回徳島神経疾患症例検討会西部地区―, 徳島, 2009