研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2008


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a.学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Arimura K, Arimura Y, Takata Y, Nakamura T, Kaji R. Comparative electrophysiological study of response to botulinum toxin type B in Japanese and Caucasians. Mov Disord 2008; 23(2):240-245

2.       de Carvalho M, Dengler R, Eisen A, England JD, Kaji R, Kimura J, Mills K, Mitsumoto H, Nodera H, Shefner J, Swash M. Electrodiagnostic criteria for diagnosis of ALS. Clin Neurophysiol 2008; 119(3): 497-503

3.       Goto S, Shimazu H, Matsuzaki K, Tamura T, Murase N, Nagahiro S, Kaji R. Thalamic Vo-complex vs pallidal deep brain stimulation for focal hand dystonia. Neurology 2008; 70(16 Pt 2):1500-1501

4.       Hirano S, Asanuma K, Ma Y, Tang C, Feigin A, Dhawan V, Carbon M, EidelbergD. Dissociation of metabolic and neurovascular responses to levodopa in thetreatment of Parkinson's disease. J Neurosci 2008; 28(16): 4201-4209

5.       Fujita K, Nakane S, Harada M, Izumi Y, Kaji R. Diffusion tensor imaging in patients with Creutzfeldt-Jakob disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2008; 79(11): 1304-1306

6.       Hosono Y, Urushihara R, Harada M, Morita N, Murase N, Kunikane Y, Shimazu H, Asanuma K, Uguisu H, Kaji R. Comparison of monophasic versus biphasic stimulation in rTMS over premotor cortex: SEP and SPECT studies. Clin Neurophysiol 2008; 119(11): 2538-2545

7.       Iijima M, Koike H, Hattori N, Tamakoshi A, Katsuno M, Tanaka F, Yamamoto M, Arimura K, Sobue G; Refractory Peripheral Neuropathy Study Group of Japan. Prevalence and incidence rates of chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy in the Japanese population. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2008; 79(9):1040-1043

8.       Komatsu T, Kaji R, Okazaki S, Miyawaki I, Ishihara K, Takahashi Y. Endotracheal tube ignition during the intratracheal laser treatment. Asian Cardiovasc Thorac Ann 2008; 16(6): e49-51

9.       Sako W, Goto S, Shimazu H, Murase N, Matsuzaki K, Tamura T, Mure H, Tomogane Y, Arita N, Yoshikawa H, Nagahiro S, Kaji R. Bilateral deep brain stimulation of the globus pallidus internus in tardive dystonia. Mov Disord 2008; 23(13): 1929-1931

10.   Sato K, Sumi-Ichinose C, Kaji R, Ikemoto K, Nomura T, Nagatsu I, Ichinose H, Ito M, Sako W, Nagahiro S, Graybiel AM, Goto S. Differential involvement of striosome and matrix dopamine systems in a transgenic model of dopa-responsive dystonia. Proc Natl Acad Sci USA 2008; 105(34): 12551-12556

11.   Terasawa Y, Iguchi Y, Kimura K, Kobayashi K, Aoki J, Matsumoto N, ShibazakiK, Inoue T, Kaji R. Neurological deterioration in small vessel disease may be associated with increase of infarct volume. J Neurol Sci 2008; 269(1-2): 35-40

12.   Terasawa Y, Iguchi Y, Kimura K, Kobayashi K, Aoki J, Shibazaki K. Reversible diffusion-weighted lesion in a TIA patient without arterial recanalization: a case report. J Neurol Sci 2008; 272(1-2): 183-185

1A-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       Kaji R. Diagnosis and treatment of multifocal motor neuropathy. Curr Treat Options Neurol 2008; 10(2):103-107

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       向井洋平, 浅沼光太郎, 敦子, 鎌田正紀, 川畑佳子, 野寺裕之, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 和泉唯信, 龍兒. 銅欠乏によりスモン類似の多彩な神経症状・大球性貧血をきたした1. 日内会誌 2008; 97(8): 1876-1878

2.       佐光 , 島津秀紀, 松崎和仁, 永廣信治, 村瀬永子, 龍兒, 後藤 . 遅発性ジストニアにおけるdropped head syndromeに対する両側淡蒼球深部脳刺激術. 機能的脳神経外科 2008; 47 (2): 111-113

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       Tran Hoang Nam, 坂井隆志, El-Sayed SalahM, , 坂井利佳, 石丸直澄, 良夫, 龍兒, 福井 . 新規アポトーシス制御分子ヌクリングはNF-κBの制御に関与する. 生化学 2008; 80(7): 694

2.       浅沼光太郎, 龍兒. 【高齢者神経疾患のトータルマネージメント】 身体症状のマネージメント 不随意運動・ハンチントン病. Mod Physician 2008; 28(5): 652-655

3.       伊藤 , 日地正典, 和泉唯信. 認知症対応型グループホーム入居者における専門医療機関受診状況. 日本認知症ケア学会誌 2008; 7(2): 385

4.       宇野昌明, 森田奈緒美, 原田雅史, 和泉唯信, 中根俊成, 永廣信治. 【血栓溶解療法:現状と未来】 Stroke MRIと血栓溶解療法. 脳と循環 2008; 13(2): 125-132

5.       龍兒. 肩こりに潜む頸部ジストニア. Prog Med 2008; 28(9): 2187-2190

6.       龍兒. ジストニアの病因 DYT3を中心として. MDSJ Letters 2008; 1(1): 4-5

7.       龍兒. 【しびれと痛み 患者の"何か変な感じ"をどう受け止め, 応じていくか】 しびれ・痛みの基礎知識 しびれ・痛みの機能解剖学 これだけはおさえておきたい機能解剖. Medicina 2008; 45(2): 199-201

8.       龍兒, 佐藤健太, 佐光 , 後藤 . ジストニアの診断と治療 病態生理的アプローチ. 臨床神経2008; 48(11): 844-847

9.       片山泰朗, 上田雅之, 永山 , 岡本幸市, 大澤美喜雄, 明人, 仲村雄作, 龍兒, 目崎高弘, 田草川豊, 日本神経治療学会治療指針作成委員会. 標準的神経治療 片側顔面痙攣. 神経治療学 2008; 25(4): 477-493

10.   鎌田正紀, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 両側基底核に生じ診断が困難であった胚細胞腫の1. 臨床神経 2008; 48(10): 773

11.   川畑佳子, 野寺裕之, 龍兒. 【処方計画法】 神経・筋疾患 神経痛. 綜合臨床 2008; 57(増刊): 1414-1417

12.   佐藤健太. 【ジストニアのABCとボツリヌス治療の展開】 ジストニア各論 全身性ジストニア. Prog Med 2008; 28(5): 1099-1103

13.   高松直子, 松本真一, 和泉唯信, 龍兒. "くび"の姿勢異常】 頸部ジストニアの病態と治療. 脊椎脊髄ジャーナル 2008; 21(12): 1199-1206

14.   高松直子, 松本真一, 佐藤健太, 和泉唯信, 龍兒. Neurosonology 筋疾患の超音波検査. 神経内科 2008; 69(5): 437-445

15.   貞俊, 橋本隆男, 岡田和将, 山本悌司, 坂本 , 龍兒, 明人, 日本神経治療学会治療指針作成委員会. 標準的神経治療 Bell麻痺. 神経治療学 2008; 25(2): 169,171-185

16.   寺澤由佳, 井口保之, 木村和美. 【脳卒中急性期管理Q&A チーム医療実践のために】 脳卒中の診断 超音波検査. 救急・集中治療 2008; 20(7-8): 881-886

17.   野寺裕之. 筋電図・神経伝導検査の基礎. 臨床神経生理学 2008; 36(5): 503

18.   野寺裕之. 糖尿病性神経障害 成因・診断・治療の新展開 末梢神経評価法としての皮膚生検: 痛み・イオンチャネル・神経再生へのアプローチ. 糖尿病合併症 2008; 22(1): 45-47

19.   野寺裕之. 【糖尿病神経障害の診断と治療】 糖尿病神経障害の治療方針. プラクティス2008; 25(4): 401-405

20.   野寺裕之. 【「痛み」の研究と治療の最前線】 ボツリヌス毒素による痛みの治療. Brain Nerve 2008; 60(5): 503-508

21.   野寺裕之, 龍兒. 【免疫性神経疾患Update Guillain-Barre症候群 新知見Overview. 日本臨床 2008; 66(6): 1181-1183

22.   三ツ井貴夫, 黒田由紀子, 龍兒. パーキン蛋白とミトコンドリア. Brain Nerve 2008; 60(8): 923-929

23.   向井洋平, 龍兒. 【痙縮】 痙縮のボツリヌス治療. Brain Nerve 2008; 60(12): 1421-1426

24.   向井洋平, 龍兒. 【症例から学ぶ新しい痙縮の治療】 ボツリヌス毒素. J Clin Rehabil 2008; 17(11): 1042-1048

1B-c. 著書 (分担を含む) およびプロシーディング

1.       寺澤由佳, 井口保之, 木村和美. 小川 (監修), 中川原譲二, 佐々木真理 (編集). . 各種画像診断法の基礎知識 4 超音波 1. 超音波の原理. 見て診て学ぶ脳卒中の画像診断画像診断法の基礎から臨床応用まで, 永井書店, 大阪 2008: 150-162

1B-d. 学内紀要, 各省庁の研究助成金および研究委託費による研究成果

1.       龍兒, 松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 近藤和也, 高浜洋介. 重症筋無力症患者胸腺における制御性T細胞とTh17細胞の解析. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (主任研究者 吉良潤一) 平成19年度 総括・分担研究報告書 2008: 163-164

2.       龍兒, 野寺裕之, 和泉唯信, . 神経根磁気刺激を用いた活動依存性伝導ブロックによるMMNALSの鑑別. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (主任研究者 吉良潤一) 平成19年度 総括・分担研究報告書 2008: 180-181

3.       龍兒, 中根俊成, 川畑佳子, 藤田浩司, 漆原 , 西田善彦, 原田雅史. Stiff-person症候群に対するタクロリムス治療の試み. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (主任研究者 吉良潤一) 平成19年度 総括・分担研究報告書 2008: 189-190

 

2. 学会発表 (開催順)

2A 国際学会

2A-a. 招待講演, 特別講演, 受賞講演

1.         Kaji R. Experience with A2NTX on dystonia and spasticity. TOXINS 2008, Baveno, Lake Maggiore, Italy, June 12-14, 2008

2.         Kaji R. Pathophysiology and treatment of dystonia. Scientific Program AOCN-IANCON 2008, New Delhi, October 23-26, 2008

3.         Nodera H. Diagnosis and Physiology of ALS. Annual meeting of the Korean Neurological Association, Busan, 2008

2A-c. 一般演題

1.         Matsui N, Nakane S, Mitsui T, Kondo K, Takahama Y, Kaji R. Elevated detection of IL-17 in the thymus of myasthenia gravis. 9th International Congress of Neuroimmunology, Fort Worth, Texas, July 26-31, 2008

2.         Sako W, Goto S, Shimazu H, Murase N, Matsuzaki K, Tamura T, Mure H, Tomogane Y, Arita N, Yoshikawa H, Nagahiro S, Kaji R. Bilateral deep brain stimulation of the globus pallidus internus in tardive dystonia. 12th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Chicago, June 22-26, 2008

3.         Sato K, Kaji R, Matsumoto S, Goto S. Cell type-specific and compartmental neuronal loss in the striatum in multiple system atrophy of parkinsinian type. 12th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Chicago, June 22- 26, 2008

 

2B 国内学会

2B-b. シンポジウム

1.       島津秀紀, 後藤 , 佐光 , 松崎和仁, 村瀬永子, 浅沼光太郎, 西田義彦, 永廣信治, 龍兒. ジストニアに対する治療戦略 サブタイプに応じたジストニア治療戦略. 47回日本定位・機能神経外科学会, 浜松, 2008.1.25-26 (抄録: 機能的脳神経外科2008; 47(1): 4-5)

2.       龍兒. 企画講演2 ジストニアの診療と治療. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17

3.       龍兒. 整形外科医にとって必要な神経・筋疾患の基礎知識. 81日本整形外科学会総会, 北海道, 2008.5.22-25

4.       龍兒. 手根管症候群 手根管症候群の病態と診断. 19回日本末梢神経学会学術集会, 名古屋, 2008.9.5-6 (抄録: 末梢神経2008; 19(2): 147-148)

5.       野寺裕之. 筋電図・神経伝導検査の基礎. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学 2008; 36(5): 503)

2B-c. 一般演題 (総会・学術集会, 地方会, 研究会)

1.       Fujita K. The Progress of Neuroimaging and Stroke Care in Tokushima University Hospital. Meeting with Professor Moseley, Tokushima, 2008

2.       佐光 , 島津秀紀, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 友金祐介, 有田憲生, 芳川浩男, 村瀬永子, 後藤 . ジストニアに対する治療戦略 遅発性ジストニアに対する両側淡蒼球深部脳刺激術. 47回日本定位・機能神経外科学会, 浜松, 2008.1.25-26 (抄録: 機能的脳神経外科2008; 47(1): 2-3)

3.       佐光 , 島津秀紀, 鎌田正紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 西尾雅美, 生塩之敬, 後藤 . パーキンソン病に伴うcamptocormiaに対する両側視床下核深部脳刺激術. 47回日本定位・機能神経外科学会, 浜松, 2008.1.25-26 (抄録: 機能的脳神経外科2008; 47(1): 84-85)

4.       佐光 , 島津秀紀, 松崎和仁, 永廣信治, 村瀬永子, 龍兒, 後藤 . 遅発性ジストニアにおけるdropped head syndromeに対する両側淡蒼球深部脳刺激術. 47回日本定位・機能神経外科学会, 浜松, 2008.1.25-26 (抄録: 機能的脳神経外科2008; 47(1): 111-113)

5.       佐光 , 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 後藤 . 遅発性ジストニアにおけるdropped head syndromeに対する両側淡蒼球刺激術. 47回日本定位・機能神経外科学会, 浜松, 2008.1.25-26 (抄録: 機能的脳神経外科2008; 47(1): 48-49)

6.       島津秀紀, 後藤 , 佐光 , 松崎和仁, 村瀬永子, 浅沼光太郎, 西田義彦, 永廣信治, 龍兒. ジストニアに対する治療戦略 サブタイプに応じたジストニア治療戦略. 47回日本定位・機能神経外科学会, 浜松, 2008.1.25-26 (抄録: 機能的脳神経外科2008; 47(1): 4-5)

7.       中根俊成. 新しい画像撮影法について. 7回徳島神経難病セミナー, 徳島, 2008.1.27

8.       鎌田正紀, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒. アルツハイマー病 (AD) に正常圧水頭症 (NPH) が合併していると考えられた1. 日本老年医学会第19回四国地方会, 松山, 2008.2.9 (抄録: 日老医誌 2010; 47(4): 337)

9.       鎌田正紀, 中根俊成, 藤田浩司, 宇野昌明, 原田雅史, 西 京子, 松原俊二,森田奈緒美, 和泉唯信, 龍兒, 永廣信治. 徳島大学病院におけるrt-PA治療経験?Stroke MRIを中心に―. 10回徳島脳卒中研究会, 徳島, 2008.2

10.   伊藤 , 沖田進司, 和泉唯信. 特発性正常圧水頭症に対する治療後に中脳のサイズが変化した症例. 9回日本正常圧水頭症研究会, 金沢, 2008.3.1

11.   一瀬千穂[鷲見], 佐藤健太, 龍兒, 伊藤正之, 池本和久, F.J, 近藤一直, 永津郁子, 一瀬 , 永廣信治, 佐光 , Graybiel Ann M, 後藤 , 野村隆英. ジストニアモデルとしてのテトラヒドロビオプテリン部分欠損マウス.第81回日本薬理学会年会, 横浜, 2008.3.17 (抄録: 日本薬理学雑誌2009; 133(3): 23)

12.   藤田浩司, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒. Cardiomyopathyに心房中隔瘤を伴い心原性脳塞栓を呈したBecker型筋ジストロフィーの1. 33回日本脳卒中学会総会, 京都, 2008.3.20-22 (抄録: 脳卒中 2008; 30(2): 401)

13.   松原俊二, 花岡真実, 宇野昌明, 永廣信治, 中根俊成, 和泉唯信, 梶龍兒, 森田奈緒美, 原田雅史. 中大脳/内頸動脈閉塞症に対する3時間以降の動脈内血栓溶解療法 ASPECTS-DWIでの評価と転帰. 33回日本脳卒中学会総会, 京都, 2008.3.20-22 (抄録: 脳卒中 2008; 30(2): 208)

14.   和泉唯信, 鎌田正紀, 龍兒, 高松直子, 山田博胤. 超音波センターによるパーキンソン病の心スクリーニング. 2回中四国パーキンソン病薬物治療研究会, 広島, 2008.3

15.   松本真一, 濱野利明, 泰祐, 和田隆元, 中根俊成, 龍兒. 眼瞼痙攣における塩化エドロフォニウム負荷テストの検討. 105回日本内科学会総会, 東京, 2008.4.11-13 (抄録: 日内会誌 2008; 97(Suppl): 254)

16.   龍兒, 野寺裕之. 免疫性ニューロパチーの最近の話題 多巣性運動ニューロパチーの電気生理 ALSとの鑑別を中心として. 20回日本神経免疫学会学術集会, 新潟, 2008.4.17-18 (抄録: 神経免疫学 2009; 17(1): 31)

17.   中根俊成, 古谷かおり, 原田雅史, 松井尚子, 三ツ井貴夫, 和泉唯信, 龍兒. 通常型多発性硬化症の病態機序と治療 多発性硬化症患者における灰白質部分の拡散テンソル画像, MRスペクトロスコピーを用いた解析. 20回日本神経免疫学会学術集会, 新潟, 2008.4.17-18 (抄録: 神経免疫学 2008; 16(1): 94)

18.   松井尚子, 中根俊成, 宮脇ふみ, 三ツ井貴夫, 近藤和也, 高浜洋介, 龍兒. 重症筋無力症 重症筋無力症患者胸腺における制御性T細胞とTh17細胞の解析. 20回日本神経免疫学会学術集会, 新潟, 2008.4.17-18 (抄録: 神経免疫学 2008; 16(1): 47)

19.   松井尚子, 三ツ井貴夫, 大島康志, 國重 , 中根俊成, 松本俊夫, Vernino Steven, 龍兒. 自律神経系に対する自己抗体を認めたacute pandysautonomia (APD) 2. 20回日本神経免疫学会学術集会, 新潟, 2008.4.17-18 (抄録: 神経免疫学 2008; 16(1): 129)

20.   高松直子, 佐藤健太, 松井尚子, 野寺裕之, 三ツ井貴夫, 和泉唯信, 梶龍兒. 筋炎の超音波画像による検討. 27回日本脳神経超音波学会総会, 東京, 2008.4.24-25 (抄録: Neurosonology 2008; 21(Suppl): 90)

21.   熱田直樹, 祖父江元, 中野今治, 青木正志, 湯浅龍彦, 省次, 高野弘基, 秀明, 龍兒, 溝口功一, 藤田拓司, 小長谷正明, 饗場郁子, 長谷川一子, 谷口 , 葛原茂樹. 多施設共同ALS自然歴把握, 遺伝子収集システムの構築. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1147)

22.   鎌田正紀, 和泉唯信, 浅沼光太郎, 中根俊成, 龍兒. 徳島県における筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者に対する支援体制構築に向けて. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1081)

23.   加茂久樹, 桐山佳久, 村瀬永子, 龍兒, 高山吉弘, 秋口一郎, 平澤泰介. 末梢・中枢神経局在診断におけるコンピューター支援の有用性と課題. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1170)

24.   國重 , 篠原正幸, 中平晴仁, 博之, 中根俊成, 龍兒. 多彩な全身症状を呈したatypical Cogan症候群の自験3例と文献的検討. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1207)

25.   黒田由紀子, 三ツ井貴夫, 龍兒. パーキン結合蛋白による抗アポトーシス作用の検討. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1111)

26.   坂本 , 龍兒. 口舌ジストニアの治療. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1145)

27.   佐光 , 島津秀紀, 村瀬永子, 後藤 , 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒. 遅発性ジストニアにおけるdropped head syndromeに対する両側淡蒼球刺激術. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1144)

28.   佐藤健太, 伊藤正之, 一瀬千穂, 一瀬 , 後藤 , 龍兒. ドーパ反応性ジストニア (DRD) モデルマウスを用いた大脳基底核の免疫組織学的検討. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1142)

29.   高松直子, 佐藤健太, 松井尚子, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒. 超音波画像による筋疾患の鑑別診断. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1226)

30.   中根俊成, 〇東 眞吾, 鎌田正紀, 藤田浩司, 原田雅史, 龍兒. 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者における髄液マーカーを用いた臨床モニタリングの試み. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1201)

31.   野寺裕之, 龍兒. 感覚神経終末の過剰増殖が神経因性疼痛に関連するか? 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1112)

32.   藤田浩司, 中根俊成, 鎌田正紀, 原田雅史, 漆原 , 和泉唯信, 龍兒. 筋萎縮性側索硬化症における拡散テンソル画像解析 (2) . 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1078)

33.   前田耕司, 和泉唯信, 田宮 元,梶 龍兒. 滋賀県で発見された遺伝性MNDまたはHMSN-Pと考えられる家系群について. 49回日本神経学会総会, , 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1113)

34.   松本真一, 濱野利明, 和田隆元, 山本伸昭, 中根俊成, 龍兒. ジストニアにおける塩化エドロフォニウム負荷テストの検討. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1141)

35.   三ツ井貴夫, 黒田由紀子, 龍兒. パーキンとPolynucleotide Phosphorylase, poly (A) polymeraseとの関連. 49回日本神経学会総会, 横浜, 2008.5.15-17 (抄録: 臨床神経2008; 48(12): 1073)

36.   高松直子, 佐藤健太, 松本真一, 和泉唯信, 龍兒, 西尾 , 佐藤光代, 山田博胤, 三井貴夫. 筋超音波検査で評価した筋サルコイドーシスの2症例. 33回日本超音波検査学会, 東京, 2008.6.14-15 (抄録: 超音波医学2009; 36(1): 101)

37.   前田耕司, 鎌田正紀, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 運動失調を主徴とした神経ベーチェットの1例.第98回日本内科学会四国地方会, 徳島, 2008.6.29

38.   鎌田正紀, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信,梶 龍兒. 両側基底核に生じ診断が困難であった胚細胞腫の1. 84 回日本神経学会中国・四国地方会, 米子, 2008.7.5 (抄録: 臨床神経2008; 48(10): 773)

39.   向井洋平, 和泉唯信, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 龍兒. 脊髄円錐部症候群で発症した血管内リンパ腫の1. 84 回日本神経学会中国・四国地方会, 米子, 2008.7.5 (抄録: 臨床神経2008; 48(10): 769)

40.   高松直子, 佐藤健太, 松本真一, 和泉唯信, 龍兒, 西尾 , 佐藤光代, 山田博胤, 三ツ井貴夫. 筋超音波検査で評価した筋サルコイドーシスの2症例. 日本超音波医学会第18 回四国地方会学術集会, 松山, 2008.10.11 (抄録: 超音波医学 2009; 36(1): 101)

41.   西尾 , 山田博胤, 楠瀬賢也, 佐藤光代, 高松直子, 添木 , 赤池雅史, 佐田政隆. 頸動脈狭窄性病変におけるB-Flowの有用性. 日本超音波医学会第18 回四国地方会学術集会, 松山, 2008.10.11 (抄録: 超音波医学 2009; 36(1): 104)

42.   漆原 , 細野裕希, 村瀬永子, 島津秀紀, 浅沼光太郎, 龍兒. 頻度の異なる単相性低頻度反復経頭蓋反復磁気刺激が書痙患者の体性感覚誘発電位に及ぼす影響. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学2008; 36(5): 575)

43.   川畑佳子, 野寺裕之, 龍兒. 回復曲線にてslow K+チャネル異常が示唆された1. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学2008; 36(5): 557-558)

44.   島谷佳光, 宮崎由道, 川畑佳子, 松本真一, 村瀬永子, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 漆原 , 細野裕希, 村瀬永子, 島津秀紀, 浅沼光太郎, 龍兒. 頻度の異なる単相性低頻度反復経頭蓋反復磁気刺激が書痙患者の体性感覚誘発電位に及ぼす影響. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学2008; 36(5): 575)

45.   松本真理, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 龍兒. 脳死の鑑別に誘発電位が有用であった重症Guillain-Barre症候群. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学 2008; 36(5): 572)

46.   村瀬永子, 漆原 , 松本真里, 島津秀紀, 前田耕司, 浅沼光太郎, 佐藤健太, 小西哲郎, 龍兒. 不随意運動の神経生理学 ジストニアのrTMS治療 長期予後. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学2008; 36(5): 421-422)

47.   敦子, 野寺裕之, 宮崎由道, 松井尚子, 三ツ井貴夫, 龍兒. 問題症例の検討 筋電図・神経伝導 進行性の四肢脱力を呈した69歳男性. 38回日本臨床神経生理学会学術大会, 神戸, 2008.11.12-14 (抄録: 臨床神経生理学2008; 36(5): 493)

48.   松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 近藤和也, 高浜洋介, 龍兒. 重症筋無力症の胸腺におけるIL-17上昇/Elevated detection of IL-17 in the thymus of myasthenia gravis. 38回日本免疫学会総会・学術集会, 京都, 2008.12.1-3(抄録: 日本免疫学会総会・学術集会記録 2008; 38: 100)

49.   島谷佳光, 川畑佳子, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 血清CK高値と易疲労性を契機に垂井病合併が判明したALSの一例. 85 回日本神経学会中国・四国地方会, 岡山, 2008.12.6 (抄録: 臨床神経2009; 49(5): 294)

50.   宮崎由道, 向井洋平, 島谷佳光, 松本真一, 村瀬永子, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 脳死様状態を呈したGuillain-Barre症候群の1. 85 回日本神経学会中国・四国地方会, 岡山, 2008.12.6 (抄録: 臨床神経2009; 49(5): 297)

51.   宮崎由道, 島谷佳光, 松本真一, 村瀬永子, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 龍兒. 多彩な不随意運動を呈し診断に苦慮している全身性ミオクローヌスの一例. 2 回中国・四国臨床神経機能解析懇話会, 香川, 2008

52.   宮崎由道, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 眼窩内炎症性偽腫瘍の一例. 36OSK, 京都, 2008.12.13

53.   藤田浩司. CDJのサーベイランス. 平成20年度神経・筋疾患研修会, 徳島, 2008

2B-d. 班会議

1.       湯浅龍彦, 〇藤田浩司, 原田雅史. 画像診断法を中心としたプリオン病早期診断のためのフローチャート改定案. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究班 (主任研究者 水澤英洋) 平成19年度班会議, 東京, 2008.1.21-22

2.       龍兒, 〇川畑佳子, 野寺裕之. Isaacs症候群と臨床的に鑑別困難な小児期発症slow K+channelopathy (新しい自己免疫疾患との関連の可能性について). 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (主任研究者 ) 平成19年度班会議, 東京, 2008.1.23-24

3.       龍兒, ○中根俊成, 川畑佳子, 藤田浩司, 漆原 , 西田善彦, 原田雅史. Stiff-person症候群に対するタクロリムス治療の試み. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (班長 吉良潤一) 平成19年度班会議, 東京, 2008.1.23-24

4.       龍兒, ○野寺裕之, 和泉唯信, Hugh Bostock, . 磁気刺激による多巣性運動ニューロパチーにおける活動依存性伝導ブロックの検出. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (班長 吉良潤一) 平成19年度班会議, 東京, 2008.1.23-24

5.       龍兒, ○松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 近藤和也, 高浜洋介. 重症筋無力症患者胸腺における制御性T細胞とTh17細胞の解析. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 (班長 吉良潤一) 平成19年度班会議, 東京, 2008.1.23-24

6.       坂口末廣, ○藤田浩司. 抗プリオン蛋白抗体single chain Fvによる抗プリオン活性. 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 プリオン病における免疫反応の解明とそれに基づく診断・治療法の開発 (主任研究者 片峰 ) 平成19年度班会議, 長崎, 2008.3.3

7.       龍兒. ALSの治験: 世界と日本の現況と展望. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 神経変性疾患に関する調査研究班 (主任研究者 中野今治) 平成20年度ワークショップ, 東京, 2008.8

8.       和泉唯信, 〇伊藤 , 沖田進司. 特発性正常圧水頭症の心電図 QT dispersion, JT dispersion, 三徴と手術前後での画像変化. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 正常圧水頭症の疫学・病態と治療に関する研究 (主任研究者 新井 ) 平成20年度班会議, 東京, 2008.11.1

9.       龍兒, 〇佐藤健太, 伊藤正之, 一瀬千穂, 一瀬 , 後藤 . ドーパ反応性ジストニアモデルマウスを用いた大脳基底核の病理学的検討. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 ジストニアの疫学, 病態, 治療に関する研究班 (主任研究者 長谷川一子) 平成20年度班会議, 東京, 2008.11.25

10.   龍兒, 〇野寺裕之. 感覚神経終末の過剰増殖が神経因性疼痛に関連するか? 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発に関する調査研究班 (主任研究者 有村公良) 平成20年度班会議, 東京, 2008.12.3

11.   龍兒, 〇鎌田正紀, 和泉唯信, 野寺裕之, 丸山博文, 川上秀史, 伊東秀文, 日下博文. 家族性ALSおよび孤発性ALSにおけるTARDBP遺伝子変異の頻度検索. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 神経変性疾患に関する調査研究班 平成20年度班会議, 東京, 2008.12.19-20

12.   龍兒, 〇三ツ井貴夫, 黒田由紀子. パーキン蛋白のミトコンドリア輸送機構. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業 神経変性疾患に関する調査研究班 (主任研究者 中野今治) 平成20年度班会議, 東京, 2008.12.19-20

 

3. 講演会(いわゆる社会活動)

1. 龍兒:ジストニアの病態と治療. 4回山口県錐体外路疾患研究会, 山口, 2008

2. 龍兒:ジストニアの分子解剖. 長崎ニューロサイエンス研究会, 長崎, 2008.2.16

3. 龍兒:意外と身近なジストニア. 5回南総臨床神経学セミナー, 千葉, 2008.4.18

4. 野寺裕之:末梢神経障害のみかた: 糖尿病性神経障害をはじめとして. 板野郡医師会学術講演会, 徳島, 2008.6.22

5. 野寺裕之:神経生理検査のための機能解剖学. 5回医師のための筋電図・神経筋電気診断セミナー, 東京, 2008.7.5-6

6. 龍兒:肩こりに潜む頸部ジストニア. 日本ペインクリニック学会第42回大会, 福岡, 2008.7.18-20

7. 和泉唯信:神経難病患者の病態と治療. 平成20年度訪問看護ステーション・医療機関に勤務する看護師相互研修, 徳島, 2008.7.22

8. 龍兒:不随意運動の診かたビデオを用いて―. 8回南九州パーキンソン病研究会, 鹿児島, 2008.7.30

9. 和泉唯信:脳卒中の危険因子とその管理. 脳卒中治療学術講演会, 徳島, 2008.8.29

10. 和泉唯信:中核支援施設の活動. 徳島県高次脳機能障害講演会, 徳島, 2008.9.11

11. 龍兒:不随意運動の診かたビデオを用いて―. 24回不随意運動研究会, 名古屋, 2008

12. 龍兒:不随意運動のみかた. 3回埼玉神経免疫研究会, 埼玉, 2008

13. 龍兒:一般内科のための神経疾患のみかた. 神綱病院総合内科地域連携講演会, 神戸, 2008.9.19

14. 龍兒:整形外科疾患と鑑別を要する神経筋疾患. 20回東京医科歯科大学整形外科卒後研修セミナー, 東京, 2008.11.3

15. 龍兒:脱髄性末梢神経疾患の診断と治療. 1回大阪・紀和神経免疫研究会, 大阪, 2008.11.7

16. 龍兒:分子標的薬剤としてのボツリヌス毒素製剤. 化血研NTX講演会, 熊本, 2008.11.17

17. 龍兒:脱髄性末梢神経疾患の診断と治療. 10回神奈川県神経免疫フォーラム, 横浜, 2008

18. 龍兒:脳卒中後の痙縮. 2回脳卒中フォーラム, 名古屋, 2008

19. 龍兒:君たちの天分を生かそう. 阿波市大学模擬授業体験講座, 徳島, 2008