研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2006


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Asanuma K, Tang C, Ma Y, Dhawan V, Mattis P, Edwards C, Kaplitt MG, Feigin A, Eidelberg D. Network modulation in the treatment of Parkinson's disease. Brain 2006; 129(10): 2667-2678

2.       Goto S, Yamada K, Shimazu H, Murase N, Matsuzaki K, Tamura T, Nagahiro S, Kuratsu J, Kaji R. Impact of bilateral pallidal stimulation on DYT1-generalized dystonia in Japanese patients. Mov Disord 2006; 21(10): 1785-1787

3.       Murase N, Shimadu H, Urushiara R, Kaji R. Abnormal sensorimotor integration in hand dystonia. Clin Neurophysiol 2006; 59(Suppl): 283-287

4.       Nodera H, Bostock H, Izumi Y, Nakamura K, Urushihara R, Sakamoto T, Murase N, Shimazu H, Kusunoki S, Kaji R. Activity-dependent conduction block in multifocal motor neuropathy: magnetic fatigue test. Neurology 2006; 67(2): 280-287

5.       Nodera H, Sato K, Terasawa Y, Takamatsu N, Kaji R. High-resolution sonography detects inflammatory changes in vasculitic neuropathy. Muscle Nerve 2006; 34(3): 380-381

6.       Rodriguez M, Zoecklein L, Gamez JD, Pavelko KD, Papke LM, Nakane S, Howe C, Radhakrishnan S, Hansen MJ, David CS, Warrington AE, Pease LR. STAT4-and STAT6-signaling molecules in a murine model of multiple sclerosis. FASEB J 2006; 20(2): 343-345

7.       Schwarz JR, Glassmeier G, Cooper EC, Kao TC, Nodera H, Tabuena D, Kaji R, Bostock H. KCNQ channels mediate Iks, a slow K+ current regulating excitability in the rat node of Ranvier. J Physiol 2006; 573(1): 17-34

8.       Teng X, Sakai T, Liu L, Sakai R, Kaji R, Fukui K Attenuation of MPTP-induced neurotoxicity and locomotor dysfuncion in Nucling-deficient mice via suppression of the apoptosome pathway. J Neurochem 2006; 97(4): 1126-1135

9.       Tsujimoto T, Shimazu H, Isomura Y. Direct recording of theta oscillations in primate prefrontal and anterior cingulate cortices. J Neurophysiol 2006; 95(5): 2987-3000

10.   Urushihara R, Murase N, Rothwell JC, Harada M, Hosono Y, Asanuma K, Shimazu H, Nakamura K, Chikahisa S, Kitaoka K, Sei H, Morita Y, Kaji R. Effect of repetitive transcranial magnetic stimulation applied over the premotor cortex on somatosensory-evoked potentials and regional cerebral blood flow. Neuroimage 2006; 31(2): 699-709

11.   Yamada K, Goto S, Kaji R, Kuratsu J. Modulation of torsinA expression in the globus pallidus internus is associated with levodopa-induced dyskinesia in hemiparkinsonian rats. Neurosci Lett 2006; 396(1): 62-66

12.   Yamada K, Goto S, Matsuzaki K, Tamura T, Murase N, Shimazu H, Nagahiro S, Kuratsu J, Kaji R. Alleviation of camptocormia by bilateral subthalamic nucleus stimulation in a patient with Parkinson's disease. Patkinsonism Relat Disord 2006; 12(6): 372-375

13.   Yamada K, Goto S, Soyama N, Shimoda O, Kubo M, Kuratsu J, Murase N, Kaji R. Complete suppression of paroxysmal nonkinesigenic dyskinesia by globus pallidus internus pallidal stimulation. Mov Disord 2006; 21(4): 576-579

14.   Zabetian CP, Morino H, Ujike H, Yamamoto M, Oda M, Maruyama H, Izumi Y, Kaji R, Griffith A, Leis BC, Roberts JW, Yearout D, Samii A, Kawakami H. Identification and haplotype analysis of LRRK2 G2019S in Japanese patients with Parkinson disease. Neurology 2006; 67(4): 697-699 

1A-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       Nodera H, Kaji R. Nerve excitability testing and its clinical application to neuromuscular diseases. Clin Neurophysiol 2006; 117(9): 1902-1916

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       和泉唯信, 鎌田正紀, 高松直子, 龍兒. LETTERS TO THE EDITOR ガンマグロブリン大量療法における血栓症. 神経内科 2006; 65(5): 513

2.       伊藤 , 和泉唯信. 広島県備北地方での筋萎縮性側索硬化症患者を対象としたネットワーク構築. 癌と化学療法 2006; 33(Suppl.II): 254-256

3.       岡野智子, 藤竹純子, 鈴木香織, 信人, 園部正信, 太田潔江, 中根俊成, 齋田恭子. 首下がりで発症した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1. 臨床神経 2006; 46(7): 496-500

4.       寺澤由佳, 和泉唯信, 中根俊成, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒. 正常圧水頭症と大脳皮質基底核変性症を合併していると考えられた1. 医療 2006; 60(8): 510-512

5.       寺澤由佳, 野寺裕之, 佐藤健太, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒. 軸索機能障害の関与が考えられる高血糖性脱髄性末梢神経障害の1. 臨床神経 2006; 46(8): 540-543

6.       野寺裕之, 和泉唯信, 高松直子, 中根俊成, 島津秀紀, 龍兒. HNPP (遺伝性圧脆弱制ニューロパチー) の診断における末梢神経エコーの有用性. 臨床神経 2006; 46(2): 174

7.       前田耕司, 喜多也寸志, 上原敏志, 山崎 , 力丸満恵, 佐治直樹, 田淵正康, 古本 . 亜急性経過の認知症状を呈し癒合性白質病変を呈した孤立性中枢神経サルコイドーシスの1. Brain Nerve 2006; 58(7): 605-610

8.       松井尚子, 中根俊成, 中川靖士, 三ツ井貴夫, 近藤和也, 門田康正, 松本俊夫, 龍兒. 徳島大学病院における重症筋無力症101例の検討. 四国医学雑誌 2006; 62(5-6): 219-224

9.       松井尚子, 中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 和泉唯信, 博文, 橋本千鶴, 龍兒. 進行性多巣性白質脳症と考えられた症例の拡散テンソル画像による経時的検討. 臨床神経 2006; 46(8): 555-560

10.   山田和慶, 後藤 , 曽山直宏, 浜崎 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. パーキンソン病に対する両側視床下核刺激術 全身麻酔下手術の効果と安全性の検討. 機能的脳神経外科 2006; 45(2): 107-112

11.   渡邊大基, 松本真一. 構語障害と書字困難を呈したアテローム血栓性脳梗塞の1症例. 新薬と臨床 2006; 55(2): 256-259

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       浅井宏英, 平野牧人, 宇高不可思, 和泉唯信, 上野聡. ALSにおける突然死について. 臨床神経 2006; 46(12): 1087

2.       浅沼光太郎. Movement DisorderNetwork Analysis. Brain Nerve 2006; 58(11): 977-985

3.       和泉唯信, 島津秀紀, 龍兒, 牧野悟士, 安藤 , 田宮 , 松本真一, 坂本 , 丸山博文, 川上秀史. ジストニア患者におけるSCA6遺伝子の検討. 臨床神経 2006; 46(12): 1148

4.       伊藤 , 大下智彦, 中村 , 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信, 松本昌泰. インフルエンザ罹患に対する加療後より精神症状を呈した1. 神経治療学 2006; 23(3): 314

5.       漆原 , 龍兒. 【経頭蓋磁気刺激療法 脳刺激が神経・精神疾患の治療法として有用か】 ジストニアに対する反復経頭蓋磁気刺激. 神経治療学 2006; 23(5): 493-498

6.       漆原 , 細野裕希, 原田雅史, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒. 超低頻度反復経頭蓋磁気刺激による書痙患者の体性感覚誘発電位及び脳血流に対する影響. 臨床神経生理学 2006; 34(5): 443

7.       大和田貴敬, 田宮 . だれでも使えるバイオインフォマティクスリソース Perlでバイオプログラミング. 分子精神医学 2006; 6(4): 411-421

8.       龍兒. 神経疾患のボツリヌス治療の現況と将来展望. 神経治療学 2006; 23(3): 231

9.       龍兒. 神経疾患のボツリヌス治療の現況と将来展望. 神経治療学 2006; 23(6): 579

10.   龍兒. ジストニアの臨床神経生理学. 臨床神経生理学2006; 34(5): 306

11.   龍兒. ボツリヌス毒素治療の今後の展望. 日内会誌2006; 95(9): 1895-1899

12.   龍兒. ボツリヌス毒素治療の今後の展望. 日内会誌2006; 95(Suppl): 104

13.   龍兒, 田宮 , 後藤 , Lee LV. 変性疾患 X-linked recessive dystonia-parkinsonism (XDP: DYT3). Annual Review神経 2006: 198-203

14.   龍兒, 田宮 , 牧野悟士, 島津秀紀, 村瀬永子, 坂本 , 遠山育夫, 漆原 . ジストニーUpdate. 臨床神経 2006; 46(11): 962

15.   河北直也, 藤田浩司, 佐藤健太, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒. T2*WIで中大脳動脈内塞栓子を検出した若年性脳塞栓症の1. 臨床神経 2006; 46(9): 672

16.   喜多也寸志, 前田耕司, 佐治直樹, 清水洋孝. 副腎皮質ステロイド剤にタクロリムスの併用が有効であった孤立性中枢神経サルコイドーシスの1. 神経免疫学 2006; 14(1): 100

17.   小牟禮修, 村瀬永子, 齊田孝彦, 中村雅之, 佐野 , 真田 , 小澤恭子. 複合ヘテロ変異を認めたARSACS1家系. 臨床神経 2006; 46(12): 1018

18.   小森美華, 田中正美, 北川尚之, 村瀬永子, 齋田孝彦. 日本人多発性硬化症(MS) に対するmitoxantrone HCI (MITX) 治療経過の解析. 神経治療学 2006; 23(3): 322

19.   小森美華, 田中正美, 佐々木智子, 村田佳子, Qi Hao, 北川尚之, 大江田知子, 村瀬永子, 齋田孝彦. 3椎体以上の脊髄病変 (LCL) をもつ多発性硬化症 (MS) 患者の神経学的特徴. 臨床神経 2006; 46(12): 1154

20.   小森美華, 田中正美, 佐々木智子, Qi Hao, 村田佳子, 北川尚之, 大江田知子, 村瀬永子, 澤田秀幸, 齋田孝彦. 免疫性神経疾患の日本人における特異性 3椎体以上の長い脊髄病変を有する多発性硬化症の臨床的特徴. 神経免疫学 2006; 14(1): 45

21.   近藤和也, 中川靖士, 中根俊成, 松井尚子, 三ツ井貴夫, 鳥羽博明, 監崎孝一郎, 三好孝典, 先山正二, 門田康正, 龍兒, 丹黒 . 拡大胸腺摘出術を施行した重症筋無力症患者の治療効果の指標 タクロリムス使用群と非使用群との比較. 日本呼吸器学会雑誌 2006; 20(3): 793

22.   坂本 , 龍兒, 湯浅龍彦, 西宮 , 金澤一郎. 音楽家の痙攣musician's crampの病態・治療に関する検討. 臨床神経 2006; 46(12): 1017

23.   坂本 , 龍兒, 幸田知子, 小崎俊司, 高橋元秀, 石田説而, 銀永明弘, 原川哲博. 低分子量ボツリヌス神経毒素製剤の開発とCMAP studyによる評価. 臨床神経生理学 2006; 34(5): 441

24.   佐々木智子, 田中正美, 小森美華, 村田佳子, Qi Hao, 北川尚之, 大江田知子, 村瀬永子, 齋田孝彦. 免疫性神経疾患の日本人における特異性 3椎体以上の脊髄病変を有し大脳・小脳症状を呈した多発性硬化症の頭部MRI所見の特徴. 神経免疫学 2006; 14(1): 44

25.   佐々木智子, 田中正美, 小森美華, 村田佳子, Qi Hao, 北川尚之, 大江田知子, 村瀬永子, 齋田孝彦. 3椎体以上の脊髄病変と脳症状を有する多発性硬化症の脳MRI特徴. 臨床神経 2006; 46(12): 1154

26.   佐藤健太, 龍兒. 痙性斜頸に対するボツリヌス療法 (Q&A). 日本医事新報 2006; (4307): 93-94

27.   佐藤健太, 寺澤由佳, 松井尚子, 中根俊成, 野寺裕之, 島津秀紀, 和泉唯信, 龍兒. 難治性側頭部痛を呈したANCA関連血管炎の高齢者例. 日老医誌 2006; 43(5): 652

28.   佐藤健太, 高松直子, 寺澤由佳, 中根俊成, 野寺裕之, 島津秀紀, 三ツ井貴夫, 和泉唯信, 龍兒, 高瀬憲作. 経頭蓋超音波検査法によるパーキンソン病及び関連疾患の検討. 臨床神経 2006; 46(9): 673

29.   島津秀紀, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 山田和慶, 後藤 . 上肢ジストニアの脳深部刺激治療 淡蒼球刺激と視床刺激の比較. 臨床神経 2006; 46(12): 1017

30.   庄嶋淳子, 田中 , 慶長直人, 松下育美, 桜田紳策, 土方美奈子, 井上義一, 鈴木克洋, 板谷光則, 岡田全司, 木村謙太郎, 小林信之, 豊田恵美子, 工藤宏一郎, 永井英明, 倉島篤行, 加治木章, 桶谷典弘, 早川哲史, 白川太郎, 玉利真由美, 中田 , , 安藤 , 田宮 , 笹月健彦, 猪子英俊. 肺非結核性抗酸菌症感受性領域の全ゲノム高解像度マッピング. 日本呼吸器学会雑誌 2006; 44(増刊): 225

31.   高橋元秀, 石田説而, 坂本 , 原川哲博, 銀永明弘, 龍兒. 複合筋活動電位によるボツリヌス神経毒素の筋弛緩活性の定量化. 臨床神経生理学 2006; 34(5): 413

32.   高松直子, 佐藤健太, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. 筋炎における筋超音波画像の検討. 臨床神経生理学 2006; 34(5): 451-452

33.   多田恵曜, 松崎和仁, 影治照喜, 永廣信治, 寺澤由佳, 佐藤健太, 中根俊成, 龍兒, 上原久典, 啓介. 腎移植後に発生した頭蓋内原発悪性リンパ腫の一例. Brain Tumor Pathology 2006; 23(Suppl): 150

34.   立花直子, 南條成輝, 吉田尚生, 神吉理枝, 松本真一, 川西健登. ナルコレプシー診断におけるカタプレキシーの症候学の問題点. 臨床神経 2006; 46(12): 1033

35.   田原将行, 村瀬永子, 村田佳子, 松本理器, 水田英二, 澤田秀幸, 小西哲郎, 齋田孝彦. 抗サイトメガロウイルス抗体高力価IVIgの治療が奏功したギランバレー症候群の1. 臨床神経2006; 46(8): 599

36.   寺澤由佳, 野寺裕之, 佐藤健太, 松井尚子, 中根俊成, 島津秀紀, 和泉唯信, 龍兒. 経過中Stridorを生じ予後不良の転帰をとった線条体黒質変性症の老年者例. 日老医誌 2006; 43(5): 651-652

37.   寺澤由佳, 中根俊成, 原田雅史, 大西敏弘, 古谷かおり, 島津秀紀, 野寺裕之, 渡邉 , 和泉唯信, 香美祥二, 龍兒. 3TMRIにて経過を観察しえたメソトレキセート (MTX) 脳症の1. 臨床神経 2006; 46(2): 167

38.   中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 松井尚子, 野寺裕之, 島津秀紀, 和泉唯信, 龍兒. Diffusion Tensor Tractography (DT Tractography) を用いた多発性硬化症の画像解析. 臨床神経 2006; 46(12): 1024

39.   中根俊成, 原田雅史, 久保 , 古谷かおり, 松井尚子, 和泉唯信, 龍兒. Diffusion Tensor Tractography (DT Tractography) を用いた多発性硬化症の画像解析. 神経免疫学 2006; 14(1): 47

40.   野寺裕之. 【筋硬直, 筋痙攣と周辺疾患】 筋強直と筋痙攣. 神経内科 2006; 64(4): 323-328

41.   野寺裕之. 神経内科学 電気刺激閾値法 糖尿病性神経障害での軸索イオンチャネルの評価. 医学のあゆみ 2006; 216(4): 314-315

42.   野寺裕之, 和泉唯信, 高松直子, 中根俊成, 龍兒. 頸椎神経根エコーによる, 明らかな伝導ブロックのないMMNALSの鑑別. 臨床神経 2006; 46(12): 1165

43.   野寺裕之, 和泉唯信, 高松直子, 中根俊成, 島津秀紀, 龍兒. HNPP (遺伝性圧脆弱性ニューロパチー) の診断における末梢神経エコーの有用性. 臨床神経 2006; 46(2): 174

44.   橋口修二, 足立克仁, 俊夫, 野崎園子, 岡田稔子, 野寺裕之. 孤発性Creutzfeldt-Jacob病の緩徐進行例. 臨床神経 2006; 46(12): 1158

45.   原田雅史, 森田奈緒美, 西谷 , 宇野昌明, 永廣信治, 和泉唯信, 龍兒. 脳卒中の診断・治療における画像診断の進歩 徳島大学病院脳卒中センターにおける緊急MRI検査の適応について. 脳卒中 2006; 28(4): 499-503

46.   藤田浩司, 佐藤健太, 寺澤由佳, 松井尚子, 中根俊成, 野寺裕之, 島津秀紀,  和泉唯信, 原田雅史, 龍兒. Creutzfeldt-Jakob病における3 Tesla MRI所見の検討. 臨床神経 2006; 46(12): 1004

47.   藤田浩司, 中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 和泉唯信, 龍兒. Creutzfeldt-Jakob病におけるFA (fractional anisotropy) の変化. Neuroinfection 2006; 11(1): 66

48.   藤田浩司, 根本英明, 伊藤健一郎, 中島常夫, 湯浅龍彦. AMED-ARLE3年後に髄膜炎を呈した神経Sweet病の1. 臨床神経 2006; 46(1): 72

49.   藤田浩司, 本田 , 西宮 , 湯浅龍彦. CJDの診断 CJDの画像診断. Clinical Neuroscience 2006; 24(3): 317-320

50.   細野裕希, 漆原 , 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒. 反復経頭蓋磁気刺激の位相が体性感覚誘発電位に及ぼす影響. 臨床神経生理学 2006; 34(5): 443

51.   牧野悟士. だれでも使えるバイオインフォマティクスリソース バイオインフォマティクスはじめの一歩. 分子精神医学 2006; 6(1): 59-65

52.   松井尚子, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 西田善彦. 健常者に発症した難治性クリプトコッカス髄膜脳炎の1. 神経治療学 2006; 23(3): 282

53.   松井尚子, 中根俊成, 近藤和也, 中川靖士, 三ツ井貴夫, 松本俊夫, 門田康正, 龍兒. 重症筋無力症91例の検討. 臨床神経 2006; 46(12): 1105

54.   松井尚子, 中根俊成, 中川靖士, 近藤和也, 三ツ井貴夫, 松本俊夫, 門田康正, 龍兒. 徳島大学病院における重症筋無力症91例の検討. 神経免疫学 2006; 14(1): 64

55.   松井尚子, 中根俊成, 三ツ井貴夫, 龍兒, 中川靖士, 近藤和也, 門田康正, 松本俊夫. 徳島大学病院における重症筋無力症99例の検討. 四国医学雑誌 2006; 62(5-6): 262

56.   水越 , 景山久美子, 迫田晃美, 伊藤 , 和泉唯信. マシントレーニング効果におけるアルツハイマー病患者と非認知症者との比較. 理学療法学2006; 33(Suppl.2): 69

57.   宗像真希, 西宮 , 坂本 , 湯浅龍彦, 石田 . 三叉神経障害を呈し, 海綿静脈洞転移を示唆された肺癌の30歳男性. 臨床神経2006; 46(8): 590

58.   村瀬永子. 【磁気刺激の臨床応用】 連続磁気刺激によるジストニアの治療. 神経内科 2006; 64(5): 465-472

59.   村瀬永子, 島津秀紀, 漆原 , 後藤 , 山田和慶, 松崎和仁, 永廣信治, 龍兒. ジストニアにおける, 蒼球内節の電場電位と深部脳刺激電極の選択関係. 臨床神経 2006; 46(12): 1015

60.   村瀬永子, 島津秀紀, 龍兒. 書痙患者にたいする感覚トレーニングの運動野におよぼす変化. 臨床神経生理学 2006; 34(5): 443

61.   山田和慶, 後藤 , 濱崎 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. パーキンソン病に随伴したcamptocormiaに対する両側視床下核刺激術の効果. 機能的脳神経外科 2006; 45(1): 60-61

62.   山田和慶, 後藤 , 濱崎 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. Hand dystoniaに対するVo-complex-DBSGPi-DBS 同一症例における効果の比較. 機能的脳神経外科 2006; 45(1): 80-81

63.   山田和慶, 後藤 , 曽山直宏, 濱崎 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. パーキンソン病に対する両側視床下核刺激術:全身麻酔下手術の効果と安全性の検討. 機能的脳神経外科 2006; 45(1): 90-91

1B-c. 著書 (分担を含む) およびプロシーディング

1.       龍兒 (編集). 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患. 診断と治療社, 東京 2006

2.       島津秀紀. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 1 運動制御のメカニズムA大脳皮質. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 2-7

3.       村瀬永子. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 1 運動制御のメカニズムB大脳基底核, 視床. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 7-21

4.       村瀬永子. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 1 運動制御のメカニズムC小脳. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 22-30

5.       龍兒. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 2 不随意運動の診かた. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 31-53

6.       西村公孝. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 3 振戦. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 54-62

7.       坂本 . 龍兒 (編集). 1 不随意運動 4 舞踏症. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 63-70

8.       坂本 . 龍兒 (編集). 1 不随意運動 5 アテトーゼ. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 71-74

9.       松本真一. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 6 バリズム. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 75-77

10.   田宮 . 龍兒 (編集). 1 不随意運動 7 ジストニア 7―2 ジストニアの遺伝研究. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 116-127

11.   龍兒, 後藤 . 龍兒 (編集). 1 不随意運動 7 ジストニア 7―3 X-linked recessive dysutonia-parkinsonism (XDP,DYT3). 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 128-132

12.   村瀬永子. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 8 ジスキネジア遅発性症候群, 発作性ジスキネジア. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 133-147

13.   松本真一. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 10 チック. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 171-179

14.   野寺裕之. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 11 スパズム. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 180-183

15.   野寺裕之. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 12 筋痙攣. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 184-189

16.   和泉唯信. 龍兒 (編集). 1 不随意運動 13 運動失調. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 190-198

17.   坂本 , 松本真一. 龍兒 (編集). 2 ボツリヌス治療 2 ボツリヌス治療の実際 A解剖. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 217-230

18.   後藤 . 龍兒 (編集). 3 運動異常症の新治療法 1 脳深部刺激術. 不随意運動の診断と治療動画で学べる神経疾患, 診断と治療社, 東京2006: 250-264

19.   龍兒, 小林祥泰 (監訳). 福井次矢, 黒川 (監修). Part 15 神経疾患. ハリソン内科学第2 , メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2413-2658

20.   西村公孝 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 1神経疾患の診断 345 神経疾患の生物学. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2413-2419

21.   和泉唯信 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 1神経疾患の診断 346 神経疾患患者へのアプローチ. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2419-2424

22.   島津秀紀 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 2中枢神経系の疾患 348 発作とてんかん. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2432-2447

23.   和泉唯信 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 2中枢神経系の疾患 354 自律神経疾患. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2503-2509

24.   坂本 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 2中枢神経系の疾患 359 多発性硬化症とその他の脱髄疾患. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2536-2547

25.   西村公孝 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 3神経筋の障害 364 Charcot-Marie-Tooth病およびその他の遺伝性ニューロパチー. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2588-2592

26.   松本真一 (). 福井次矢, 黒川 (監修) Part 15 神経疾患 Section 4慢性疲労症候群 370章慢性疲労症候群. ハリソン内科学第2, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京 2006: 2626-2627

1B-d. 学内紀要, 各省庁の研究助成金および研究委託費による研究成果

1.       湯浅龍彦, 藤田浩司, 原田雅史, 本田 , 佐々木真理, 龍兒. プリオン病の画像診断に関する研究 -画像所見を加味した診断基準の作成を目指して-. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究 (主任研究者 水澤英洋) 平成17年度総括・分担研究報告書 2006: 88-92