研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2005


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Asanuma K, Ma Y, Huang C, Carbon-Correll M, Edwards C, Raymond D, Bressman SB, Moeller JR, Eidelberg D. The metabolic pathology of dopa-responsive dystonia. Ann Neurol 2005; 57(4): 596-600

2.       Asanuma K, Ma Y, Okulski J, Dhawan V, Chaly T, Carbon M, Bressman SB, Eidelberg D. Decreased striatal D2 receptor binding in non-manifesting carriers of the DYT1 dystonia mutation. Neurology 2005; 64(2): 347-349

3.       Goto S, Lee LV, Munoz EL, Tooyama I, Tamiya G, Makino S, Ando S, Dantes MB, Yamada K, Matsumoto S, Shimazu H, Kuratsu J, Hirano A, Kaji R. Functional anatomy of the basal ganglia in X-linked recessive dystonia- parkinsonism. Ann Neurol 2005; 58(1): 7-17

4.       Hisanaga K, Iwasaki Y, Itoyama Y, Neuro-Sweet Disease Study Group. Neuro-Sweet disease: clinical manifestations and criteria for diagnosis. Neurology 2005; 64(10): 1756-1761

5.       Iijima M, Yamamoto M, Hirayama M, Tanaka F, Katsuno M, Mori K, Koike H, Hattori N, Arimura K, Nakagawa M, Yoshikawa H, Hayasaka K, Onodera O, Baba M, Yasuda H, Saito T, Nakazato M, Nakashima K, Kira J, Kaji R, Oka N, Sobue G. Clinical and electrophysiologic correlates of IVIg responsiveness in CIDP. Neurology 2005; 64(8): 1471-1475

6.       Koike H, Hirayama M, Yamamoto M, Ito H, Hattori N, Umehara F, Arimura K, Ikeda S, Ando Y, Nakazato M, Kaji R, Hayasaka K, Nakagawa M, Sakoda S, Matsumura K, Onodera O, Baba M, Yasuda H, Saito T, Kira J, Nakashima K, Oka N, Sobue G. Age associated axonal features in HNPP with 17p11.2 deletion in Japan. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2005; 76(8): 1109-1114

7.       Mizutani K, Oka N, Kaji R, Matsui M, Asanuma K, Kubori T, Kojima Y, Kanda M, Kawanishi T, Tomimoto H, Akiguchi I, Shibasaki H. CD16 + CD57-natural killer cells in multifocal motor neuropathy. Eur Neurol 2005; 53(2): 64-67

8.       Murase N, Rothwell JC, Kaji R, Urushihara R, Nakamura K, Murayama N, Igasaki T, Sakata-Igasaki M, Mima T, Ikeda A, Shibasaki H. Subthreshold low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation over the premotor cortex modulates writer's cramp. Brain 2005; 128(1): 104-115

9.       Nishimura M, Kuno S, Kaji R, Kawakami H. Influence of a tumor necrosis factor gene polymorphism in Japanese patients with multiple system atrophy. Neurosci Lett 2005; 374(3): 218-221

10.   Nishimura M, Kuno S, Kaji R, Kawakami H. Brain-derived neurotrophic factor gene polymorphisms in Japanese patients with sporadic Alzheimer's disease, Parkinson's disease, and multiple system atrophy. Mov Disotrd 2005; 20(8): 1031-1033

11.   Nishimura M, Kuno S, Kaji R, Yasuno K, Kawakami H. Glutathione-S-transferase-1 and interleukin-1β gene polymorphisms in Japanese patients with Parkinson's disease. Mov Disord 2005; 20(7): 901-902

12.   Nodera H, Kaji R. F-wave latency is the most reproducible NCS parameter in repeated studies performed at short intervals. Muscle Nerve 2005; 31(3): 407-408

13.   Nodera H, Mori A, Izumi Y, Sakamoto T, Kaji R. Creutzfeldt-Jakob disease manifesting as posterior cortical dementia. Neurology 2005; 65(2): 330

14.   Okano H, Bamba H, Hisa Y, Makino S, Ando S, Tamiya G, Goto S, Kaji R, Kimura H, Tooyama I. Immunohistochemical study of TAFII250 in the rat laryngeal nervous system. Histol Histopathol 2005; 20(4): 1029-1035

1A-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       Asanuma K, Carbon-Correll M, Eidelberg D. Neuroimaging in human dystonia. J Med Invest 2005; 52(Suppl): 272-279

2.       Kaji R, Goto S, Tamiya G, Ando S, Makino S, Lee LV. Molecular dissection and anatomical basis of dystonia: X-linked recessive dystonia-parkinsonism (DYT3). J Med Invest 2005; 52(suppl): 280-283

3.       Kaji R, Nodera H. Puffer fish poisoning, Guillain-Barre syndrome and persistent sodium channels. Ann Neurol 2005; 57(3): 309

4.       Kaji R, Urushihara R, Murase N, Shimazu H, Goto S. Abnormal sensory gating in basal ganglia disorders. J Neurol 2005; 252(suppl 4): IV13-IV16

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       冨田謙吾, 日比紀文, 石井裕正, 永田博司, 加藤眞三, 堀江義則, 北村直人, 金子健彦, 俊文, 田宮 , 安藤 . アルコール性脂肪肝に対する, AMPキナーゼ活性化剤AICARの影響に関する検討. 大和証券ヘルス財団研究業績集2005; (28): 75-80

2.       野寺裕之, 龍兒. 幼少時から歩行困難が最近増悪した64歳の症例. 臨床神経生理学 2005; 33(3): 157-159

3.       山田和慶, 後藤 , 吉田晋介, 倉津純一. 淡蒼球内節刺激術による発作性ジスキネジアの消失. 機能的脳神経外科 2005; 44(2): 120-123

4.       山田和慶, 後藤 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. Meige症候群から進行した分節型軸性ジストニアに対する両側淡蒼球刺激治療. 機能的脳神経外科 2005; 44(2): 98-99

5.       山田和慶, 後藤 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. 遅発性ジストニアに対する両側淡蒼球刺激治療. 機能的脳神経外科2005; 44(2): 115-119

6.       吉田晋介, 後藤 , 山田和慶, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 田村哲也, 永廣信治. DYT1ジストニアに対する両側淡蒼球刺激治療. 機能的脳神経外科 2005; 44(2): 176-179

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       和泉唯信. 【アルツハイマー病の危険因子と予防, 治療】 アルツハイマー病の危険因子と予防の可能性 孤発性アルツハイマー病の遺伝学的危険因子 (ApoE). Modern Physician 2005; 25(9): 1063-1065

2.       和泉唯信. 脊髄小脳変性症の遺伝子異常. 四国医学雑誌2005; 61(1-2): 47-48

3.       和泉唯信. 【神経研究の最近の知見 基礎と臨床から】 脊髄小脳変性症の遺伝子異常. 四国医学雑誌2005; 61(1-2): 21-24

4.       和泉唯信, 前田耕司, 松井尚子, 島津秀紀, 野寺裕之, 坂本 , 龍兒, 森野豊之, 丸山博文, 川上秀史. 当科における脊髄小脳変性症. 四国医学雑誌 2005; 61(1-2): 56

5.       和泉唯信, 野寺裕之, 龍兒, 木村 . 筋萎縮性側索硬化症に対するメチルコバラミン大量投与の長期効果 (2). 臨床神経 2005; 45(12): 1180

6.       伊藤 , 和泉唯信, 宮地隆史, 松本昌泰. 高齢筋萎縮性側索硬化症での自律神経機能の検討. 日老医誌2005; 42(suppl): 133

7.       小笠原倫大, 草生真規雄, 深沢 , 小林茂人, 田宮 , 猪子英俊, 五條堀孝, 津田裕士, 橋本博史. 高密度マイクロサテライトを用いた関節リウマチ感受性遺伝子のゲノムワイド関連解析とアノテーションによる情報解析. 日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2005; 49回・14: 125

8.       岡野知子, 鈴木香織, 藤竹純子, 信人, 園部正信, 齋田恭子, 太田潔江, 中根俊成. 首下がりで発症した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の一例. 臨床神経 2005; 45(10): 776

9.       岡本憲省, 冨永佳代, 鴨川賢二, 奥田文悟, 龍兒. ステロイドホルモンとタクロリムスの併用療法が有効であった全身こむら返り病 (里吉病) 1. 臨床神経 2005; 45(2): 175

10.   龍兒. 顔面不随意運動. Facial Nerve Research 2005; 25: 1

11.   龍兒. 整形外科医が誤りやすい神経・筋疾患 しびれ・痛み・脱力の臨床(前編). 臨床整形外科 2005; 40(8): 916-922

12.   龍兒. 整形外科医が誤りやすい神経・筋疾患 しびれ・痛み・脱力の臨床(後編). 臨床整形外科 2005; 40(9): 998-1003

13.   龍兒. 整形外科疾患と鑑別を要する神経・筋疾患. 日本整形外科学会雑誌 2005; 79(4): S470

14.   龍兒. 【肩こりのメカニズムと治療】 神経内科医からみた肩こりの病態. 脊椎脊髄ジャーナル 2005; 18(12): 1215-1218

15.   龍兒. 不随意運動とその病態生理. 脳神経外科ジャーナル 2005; 14(5): 310-315

16.   龍兒. 定位・機能神経外科の基本手技 不随意運動に対するボツリヌス毒素療法. 脳神経外科ジャーナル 2005; 14(4): 256

17.   梶龍兒, 後藤 , 田宮 , LV Lee. ジストニーの発症機序 遺伝子から治療まで. 臨床神経 2005; 45(11): 811-814

18.   龍兒, 松本真一. 【精神神経疾患とゲノム 最近の動向】 不随意運動 ジストニア, コレア, ミオクローヌス. ゲノム医学 2005; 5(3): 275-281

19.   川嶋実苗, 田宮 , 海老澤尚, 本多 , 十字猛夫, 猪子英俊, 徳永勝士. 新たなヒトナルコレプシー感受性/抵抗性遺伝子: NLC1-A. MHC: Major Histocompatibility Complex 2005; 12(2): 110-111

20.   桑原 , 三澤園子, 馬場正之, 有村公良, 龍兒, 幸原伸夫, 小森哲夫, 四宮謙一, 園生雅弘, 野村佳子, 正門由久. ギラン・バレー症候群の電気診断. 臨床神経生理学 2005; 33(1): 35-44

21.   後藤 . 【ジストニアupdate ジストニアの病理 大脳基底核機能解剖. Brain Nerve 2005; 57(11): 945-956

22.   後藤 . Focal hand dystoniaの発生機序と治療 ジストニアのDBS治療. 臨床神経生理学 2005; 33(5): 379

23.   坂本 , 龍兒. 原著を探る ボツリヌス毒の最初の臨床応用. Clinical Neuroscience 2005; 23(6): 710

24.   坂本 , 龍兒. 【高度先進医療】 医科 (治療) 筋過緊張に対するmuscle afferent block (MAB) 治療. からだの科学 増刊2005; 増刊高度先進医療: 62-65

25.   坂本 , 龍兒. 【神経疾患とリハビリテーション】 神経疾患の研究・治療の進歩 痙性とボツリヌス. リハビリテーションMOOK 2005; (10): 150-153

26.   坂本 , 龍兒, 幸田知子, 小崎俊司. 低分子量ボツリヌス神経毒素製剤による痙縮の治療. 臨床神経 2005: 45(12): 1059

27.   坂本 , 湯浅龍彦. 【内科疾患の診断基準病型分類・重症度】 神経・筋 不随意運動の診断基準・病型分類・重症度. 内科 2005; 95(6): 1548-1550

28.   佐藤健太, 西 正暁, 前田耕司, 松井尚子, 島津秀紀, 中根俊成, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒, 博之, 永廣信治, 重清俊雄. 硬膜下血腫を発症したvon Willebrand病の1. 臨床神経2005; 45(9): 702

29.   佐竹 , 廣田勇士, 百瀬義雄, 水田依久子, 田宮 , 猪子英俊, 佐古田三郎, 山本光利, 服部信孝, 村田美穂, 戸田達史. マイクロサテライト多型による孤発性パーキンソン病のゲノムワイド関連解析. 臨床神経2005; 45(12): 1073

30.   島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒. 体性感覚誘発電位の中枢性gating (pre-movement gating) 記録法. 臨床神経生理学2005; 33(1): 50-52

31.   島津秀紀, 村瀬永子, 松井尚子, 龍兒, 山田和慶, 後藤 , 松崎和仁, 永廣信治. 姿勢異常Camptocormiaを伴うパーキンソン病に対する両側視床下核刺激治療. 臨床神経2005; 45(12): 1120

32.   島津秀紀, 村瀬永子, 松井尚子, 野寺裕之, 坂本 , 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 山田和慶, 後藤 . 両側淡蒼球深部脳刺激療法 (GPi-DBS) が有効であった遅発性ジストニアの一例. 臨床神経 2005; 45(2): 170

33.   島津秀紀, 村瀬永子, 松井尚子, 野寺裕之, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治, 山田和慶, 後藤 . 遅発性ジストニーに対する両側淡蒼球刺激療法 (GPi-DBS). 神経治療学 2005; 22(3): 410

34.   庄嶋淳子, 田中 , 慶長直人, 松下育美, 土方美奈子, 井上義一, 鈴木克洋, 坂谷光則, 岡田全司, 木村謙太郎, 小林信之, 豊田恵美子, 工藤宏一郎, 永井英明, 倉島篤行, 加治木章, 桶谷典弘, 早川哲史, 白川太郎, 玉利真由美, 中田 , , 安藤 , 田宮 , 笹月健彦, 猪子英俊. 呼吸器疾患と遺伝子多型 肺非結核性抗酸菌症感受性領域の全ゲノム高解像度マッピング. 日本呼吸器学会雑誌 2005; 43(増刊): 54

35.   高松直子, 和泉唯信, 龍兒. 肩こり症状における頸部筋の超音波法による検討. 医学検査 2005; 54(4): 591

36.   高松直子, 野寺裕之, 和泉唯信, 龍兒. ALS (筋萎縮性側索硬化症) MMN (多巣性運動ニューロパチー) の鑑別における神経根エコーの有用性. 臨床神経生理学2005; 33(5): 482

37.   田宮 . 【ジストニアupdate ジストニアの遺伝研究. Brain Nerve 2005; 57(11): 935-944

38.   中根俊成, Pease Larry R., Rodriguez Moses. ウイルス性脱髄モデルにおける新たな疾患感受性遺伝子の探索. 神経免疫学2005; 13(1): 41

39.   中根俊成, 中村龍文, 龍兒, Moses Rodriguez. Theilerウイルスによる脱髄における疾患感受性因子の検討. 神経免疫学 2005; 13(1): 128

40.   中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 松井尚子, 漆原 , 龍兒. 多発性硬化症の拡散テンソル画像による画像解析の試み. 臨床神経 2005; 45(12): 1172

41.   中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 松井尚子, 漆原 , 龍兒. 多発性硬化症の拡散テンソル画像による画像解析の試み. 神経免疫学 2005; 13(1): 128, 145

42.   西田善彦, 細井恵美子, 多田津陽子, 北川 , 山野利尚, 伊月豊度, 坂本季代, 前田耕司, 野寺裕之, 龍兒. 1型糖尿病を合併し, 免疫グロブリン大量療法が著効したstiff-person症候群の1. 四国医学雑誌 2005; 61(1-2): 54

43.   野寺裕之, Bostock Hugh. 【神経興奮性と軸索機能 閾値追跡法の臨床応用について】 閾値追跡法の基礎. Brain Nerve 2005; 57(6): 452-456

44.   野寺裕之, Schwarz Juergen R. 【神経興奮性と軸索機能 閾値追跡法の臨床応用について】 末梢神経有髄神経のイオンチャネルとその機能. Brain Nerve 2005; 57(6): 447-450

45.   野寺裕之, 和泉唯信, 坂本 , 漆原 , 中村和己, 村瀬永子, 龍兒. 【末梢神経と磁場】 筋疲労現象に対する末梢神経磁気刺激の臨床応用 ALSの鑑別診断. 臨床脳波 2005; 47(4): 226-230

46.   野寺裕之, 龍兒. 【糖尿病性細小血管症 基礎・臨床のアップデート】 糖尿病性神経障害 糖尿病性神経障害の診断基準, 病期分類と重症度評価. 日本臨床 2005; 63(増刊6): 488-493

47.   野寺裕之, 龍兒. 【神経興奮性と軸索機能 閾値追跡法の臨床応用について】 閾値追跡法の臨床応用 遺伝性脱髄性ニューロパチー. Brain Nerve 2005; 57(6): 465-469

48.   野寺裕之, 中根俊成, 坂本 , 和泉唯信, 島津秀紀, 龍兒. 遅いK+チャネルが維持する末梢神経興奮性 閾値追跡法による分析. 臨床神経 2005; 45(12): 1131

49.   野寺裕之, 福田泰子, 龍兒. 早期糖尿病性ニューロパチーの診断 無髄感覚神経障害と皮膚生検の有用性. 四国医学雑誌 2005; 61(5-6): 208

50.   原田雅史, 久保 , 阪間 , 雅子, 西谷 , 住谷さつき, 上野修一, 大森哲郎, 島津秀紀, 龍兒. 臨床用超高磁場MRI装置による脳内GABA濃度の非侵襲的測定法の開発と検討. 四国医学雑誌2005; 61(1-2): 59

51.   藤田浩司, 今村有佑, 本田 , 村上俊一, 湯浅龍彦. 造影MRIが診断に有用であった好酸球性筋膜炎の一例. 臨床神経 2005; 45(2): 144

52.   藤田浩司, 西宮 , 中島常夫, 山崎廣子, 湯浅龍彦. 眼症状を契機にサイトメガロウイルス脳炎の診断に至ったAIDS痴呆の一例. 臨床神経 2005; 45(1): 57

53.   前田耕司, 中根俊成, 真鍋進治, 宇野昌明, 和泉唯信, 永廣信治, 龍兒. 気管支喘息発作を契機として脳梗塞にて発症したもやもや病の1. 脳卒中2005; 27(1): 255

54.   美充, 矢部勇人, 木村成志, 法化図陽一, 松井尚子, 島津秀紀, 龍兒. ジストニアが前景に立ったSCA6の一症例. 臨床神経2005; 45(6): 473

55.   松井尚子, 和泉唯信, 龍兒, 松原俊二, 永廣信治, 佐藤恵子, 西岡安彦, 廣田省三. Rendu-Osler-Weber病と考えられた1家系. 臨床神経2005; 45(9): 702

56.   松井尚子, 多田真理恵, 中根俊成, 和泉唯信, 龍兒, 増田健二郎, 博文, 田中進哉. 進行性多巣性白質脳症 (PML) と考えられた1. 日老医誌2005; 42(5): 581

57.   松井尚子, 中根俊成, 野寺裕之, 島津秀紀, 坂本 , 和泉唯信, 西田善彦, , 龍兒. ギラン・バレー症候群 (GBS) 2症例の比較検討. 臨床神経 2005; 45(2): 173

58.   松井尚子, 中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 田中進哉, 和泉唯信, 龍兒. 非典型的な進行性多巣性白質脳症と考えられた1例-拡散テンソルによる画像経過. Neuroinfection 2005; 10(2): 147

59.   松井尚子, 中根俊成, 原田雅史, 古谷かおり, 田中進哉, 和泉唯信, 龍兒. 進行性多巣性白質脳症の拡散テンソル画像による解析. 神経免疫学 2005; 13(1): 129, 146

60.   村瀬永子. 【ジストニアupdate ジストニアの病態生理. Brain Nerve 2005; 57(11): 957-972

61.   村瀬永子, 龍兒. 【誘発電位研究の進歩】 ジストニアの病態生理学 誘発電位を用いた解析. 神経内科2005; 63(1): 1-12

62.   村瀬永子, 島津秀紀, 漆原 , 後藤 , 山田和慶, 松崎和仁, 永廣信治, 美馬達哉, 長峯 , 福山秀直, 龍兒. ジストニアにおける淡蒼球内節の運動に関連した電場電位律動. 臨床神経 2005; 45(12): 1058

63.   村瀬永子, 島津秀紀, 漆原 , 後藤 , 山田和慶, 松崎和仁, 永廣信治, 美馬達哉, 長峯 , 福山秀直, 龍兒. 淡蒼球内節の運動に関連した電場電位-正常運動とジストニアの比較. 臨床神経生理学 2005; 33(5): 398

64.   村瀬永子, ジョン・ロスウェル, 漆原 , 中村和己, 幸原伸夫, 村山伸樹, 伊賀崎友彦, 伊賀崎美雪, 美馬達也, 池田昭夫, 柴崎 , 龍兒. Focal hand dystoniaの発生機序と治療 ジストニアの磁気刺激治療.臨床神経生理学 2005; 33(5): 378-379

65.   山田和慶, 後藤 , 吉田晋介, 倉津純一, 島津秀紀, 村瀬永子, 龍兒, 松崎和仁, 永廣信治. 遅発性ジストニアに対する両側淡蒼球刺激治療. 機能的脳神経外科2005; 44(1): 22-23

66.   和田匡史, 楠本健二, 勢井宏義, 北岡和義, 近久幸子, 漆原 , 六反一仁, 森田雄介. HSP70誘導剤geranylgeranylacetoneは断眠によるREM睡眠のリバウンドを抑制する. 日本生理学雑誌 2005; 67(4): 168

1B-c. 著書 (分担を含む) およびプロシーディング

1.       和泉唯信. 田村綾子 (編集). 3変性疾患とその治療 アルツハイマー型の認知症 ナーシング・グラフィカ(13) 健康の回復と看護 脳神経・感覚機能障害. メディカ出版, 大阪 2005: 168-172

2.       目崎高広, 龍兒, 木村 (監修). ジストニアとボツリヌス治療 改訂第2. 診断と治療社, 東京 2005