研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2004


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Kaji R, Murase N, Urushihara R, Asanuma K. Sensory deficits in dystonia and their significance. Adv Neurol 2004; 94: 11-17

2.       Nihimura M, Sakamoto T, Kaji R, Kawakami H. Influence of polymorphisms in the genes for cytokines and glutathione S-transferase omega on sporadic Alzheimer's disease. Neurosci Lett 2004; 368(2): 140-143

3.       Nodera H, Bostock H, Kuwabara S, Sakamoto T, Asanuma K, Jia-Ying S, Ogawara K, Hattori N, Hirayama M, Sobue G, Kaji R. Nerve excitability properties in Charcot -Marie-Tooth disease type 1A. Brain 2004; 127(1): 203-211

4.       Oda M, Maruyama H, Izumi Y, Morino H, Torii T, Nakamura S, Kawakami H. Dinucleotide repeat polymorphism in interferon-γ gene is not associated with sporadic Alzheimer's disease. Am J Med Genet B 2004; 124B: 48-49

5.       Oda M, Maruyama H, Komure O, Morino H, Terasawa H, Izumi Y, Imamura T, Yasuda M, Ichikawa K, Ogawa M, Matsumoto M, Kawakami H. Possible reduced penetrance of expansion of 44 to 47 CAG/CAA repeats in the TATA-binding protein gene in spinocerebellar ataxia type 17. Arch Neurol 2004; 61(2): 209-212

6.       Sakai T, Liu L, Teng X, Mukai-Sakai R, Shimada H, Kaji R, Mitani T, Matsumoto M, Toida K, Ishimura K, Shishido Y, Mak TW, Fukui K. Nucling recruits Apaf-1/pro-caspase-9 complex for the induction of stress-induced apoptosis. J Biol Chem 2004; 279(39): 41131-41140

7.       Shimazu H, Maier MA, Cerri G, Kirkwood PA, Lemon RN. Macaque ventral premotor cortex exerts powerful facilitation of motor cortex outputs to upper limb motoneurons. J Neurosci 2004; 24(5): 1200-1211

8.       Sung JY, Kuwabara S, Kaji R, Ogawara K, Mori M, Kanai K, Nodera H, Hattori T, Bostock H. Threshold electrotonus in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: correlation with clinical profiles. Muscle Nerve 2004; 29(1): 28-37

9.       Takeda E, Terao J, Nakaya Y, Miyamoto K, Baba Y, Chuman H, Kaji R, Ohmori T, Rokutan K. Stress control and human nutrition. J Med Invest 2004; 51(3-4): 139-145

10.   Terasawa H, Oda M, Morino H, Miyachi T, Izumi Y, Maruyama H, Matsumoto M, Kawakami H. A novel haplotype of spinocerebellar ataxia type 6 contributes to the highest prevalence in western Japan. Neurosci Lett 2004; 358(2): 107-110

1A-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       Asanuma K, Dhawan V, Carbon M, Eidelberg D. Assessment of disease progression in parkinsonism. J Neurol 2004; 251(Suppl 7): vII4-vII8

2.       Kaji R, Murase N, Urushihara R, Asanuma K. Sensory deficits in dystonia and their significance. Adv Neurol 2004; 94: 11-17

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       織田雅也, 和泉唯信, 伊藤 , 藤元貴啓, 松本昌泰. 外傷性クモ膜下出血を契機に本態性血小板血症が発見された高齢者の1. 内科 2004; 93(3): 581-584

2.       冨田謙吾, 俊文, 北村直人, 井口清香, 西村 , 堀江義則, 加藤眞三, 永田博司, 石井裕正, 日比紀文. アルコール性脂肪肝に対する, AMPキナーゼ活性化剤AICARの影響に関する検討. アルコールと医学生物学 2004; (24): 89-92

3.       藤田浩司, 今村有佑, 本田 , 村上俊一, 湯浅龍彦. 眼で見る神経内科 好酸球性筋膜炎の診断にはGd造影脂肪抑制MRIが有用である. 神経内科 2004; 61(5): 499-501

4.       山田和慶, 後藤 , 龍兒. DYT1遺伝子異常を伴う全身性ジストニアに対する両側淡蒼球刺激治療症例報告と刺激条件についての考察. 機能的脳神経外科2004; 43(1): 22-25

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       和泉唯信, 龍兒. 【ビタミンB12と神経疾患】 筋萎縮性側索硬化症に対するメチルコバラミン大量療法. 神経内科 2004; 61(4): 341-344

2.       和泉唯信, 龍兒, 原田雅史, 西田善彦, 宇高不可思, 亀山正邦. 一側上肢優位にミオクローヌスを認めるパーキンソン症候群. 脳神経外科速報2004; 14(9): 871-873

3.       和泉唯信, 龍兒, 原田雅史, 西中和人, 川上秀史. 意識消失発作を繰り返しびまん性の白質病変を認める初老男性. 脳神経外科速報 2004; 14(5): 435-437

4.       和泉唯信, 川下奈緒子, 川畑佳子, 村瀬永子, 島津秀紀, 野寺裕之, 坂本 , 龍兒. 著明な髄液蛋白の上昇を認めた再発性感覚運動ニューロパチーの老年者例. 日老医誌 2004; 41(5): 561

5.       和泉唯信, 野寺裕之, 坂本 , 島津秀紀, 龍兒, 青木正志. SOD1トランスジェニックラットに対するメチルコバラミン大量療法の効果. 臨床神経 2004; 44(12): 1135

6.       和泉唯信, 敦子, 村瀬永子, 島津秀紀, 龍兒, 後藤 , 山田和慶, 松崎和仁, 永廣信治. Deep brain stimulation (DBS) が有効であった体軸ジストニーを伴ったParkinson病の1. 神経治療学 2004; 21(3): 270

7.       伊藤 , 織田雅也, 和泉唯信. アルツハイマー型痴呆患者における塩酸ドネペジル投与による性欲, 異性への関心の変化. 日老医誌 2004; 41(4):  434

8.       伊藤 , 日地正典, 宮地隆史, 寺澤英夫, 和泉唯信. 性欲異性への関心の塩酸ドネペジル投与されたアルツハイマー型痴呆患者での前後の変化. 臨床神経 2004; 44(12): 1105

9.       伊藤 , 宮地隆史, 和泉唯信, 三森康世, 松本昌泰. 高齢者におけるパーキンソン病患者での血漿脳性ナトリウム利尿ペプチド (BNP) の検討. 日老医誌 2004; 41(Suppl): 156

10.   龍兒. ジストニアの病態と診断. 臨床神経2004; 44(6): 385

11.   龍兒. 大脳基底核疾患と感覚運動連関 ジストニアを中心として. 臨床神経生理学 2004; 32(2): 62

12.   龍兒. 顔面けいれんの電気診断と治療法 顔面痙攣の発症機序とボツリヌス治療. 臨床神経生理学 2004; 32(2): 98

13.   龍兒. 軸索・グリア連関 多巣性運動ニューロパチーはなぜALSに似るか? 臨床神経生理学 2004; 32(5): 394

14.   龍兒. 不随意運動の基礎と臨床 不随意運動の見方と内科治療. 脳神経外科ジャーナル 2004; 13(4): 301

15.   龍兒, 野寺裕之. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー治療ガイドライン作成過程での問題点と今後の展望 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) 関連疾患の診断. 神経治療学 2004; 21(6): 683-689

16.   龍兒, 野寺裕之. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー治療ガイドライン作成過程での問題点と今後の展望 CIDP関連疾患の診断. 神経治療学 2004; 21(3): 259

17.   川上秀史, 寺澤英夫, 森野豊之, 丸山博文, 織田雅也, 宮地隆史, 松本昌泰, 伊藤 , 和泉唯信, 佐々木健, 田宮 , 猪子英俊. アルツハイマー病感受性遺伝子の検索. 臨床神経 2004; 44(12): 1041

18.   喜多也寸志, 宮口幸司, 上原敏志, 山崎 , 力丸満恵, 佐治直樹, 前田耕司, 田淵正康. 傍感染性亜急性脳幹小脳炎の1. 神経免疫学 2004; 12(1): 73

19.   喜多也寸志, 上原敏志, 山崎 , 力丸満恵, 佐治直樹, 前田耕司, 田淵正康, 調 輝男. Nonsystemic vasculitic neuropathy (NSVN) と思われる1. 臨床神経 2004; 44(4-5): 312

20.   北岡和義, 漆原 , 勢井宏義, 森田雄介, 中村和己, 龍兒. 脊髄小脳変性症に伴う予測的姿勢調節の減弱. 四国医学雑誌 2004; 60(1-2): 57

21.   坂井隆志, , 錫川, 坂井利佳, 佐野暢哉, 龍兒, 福井 . 新規アポトーシス誘導分子Nuclingの単離同定および機能解析. 生化学 2004; 76(10): 1377

22.   坂本 , 龍兒, 幸田知子, 小崎俊司. 低分子量ボツリヌス神経毒素の開発 ヒト健常者での検討. 臨床神経 2004; 44(12): 1027

23.   島津秀紀, 敦子, 村瀬永子, 龍兒, 後藤 , 山田和慶, 松崎和仁, 永廣信治, 美馬達哉, 長峯 , 福山秀直. パーキンソン病に合併した体軸ジストニアにおける深部脳刺激の一例. 臨床神経 2004; 44(12): 1119

24.   高松直子, 和泉唯信, 龍兒, 高瀬憲作. 経頭蓋ドップラーが病態の把握に有用であった中枢神経症状を伴う血管炎の一症例. 医学検査 2004; 53(4): 488

25.   寺澤英夫, 川上秀史, 織田雅也, 森野豊之, 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信, 松本昌泰. 遺伝性脊髄小脳変性症6 (SCA6) の創始者効果の検討. 臨床神経 2004; 44(12): 1157

26.   寺澤英夫, 川上秀史, 織田雅也, 森野豊之, 宮地隆史, 丸山博文, 和泉唯信, 松本昌泰. 遺伝性脊髄小脳変性6 (SCA6) における創始者効果の検討. 日内会誌 2004; 93(Suppl): 243

27.   中村和己, 和泉唯信, 漆原 , 北岡和義, 細野裕希, 龍兒. 脊髄小脳変性症に対する連続経頭蓋磁気刺激 (rTMS) の効果評価法について. 臨床神経生理学 2004; 32(5): 607

28.   野寺裕之. 末梢神経と磁場 記録と刺激 筋疲労現象に対する末梢神経磁気刺激の応用 ALSの鑑別診断. 臨床神経生理学 2004; 32(2): 81

29.   野寺裕之. 問題症例の神経伝導検査と筋電図 神経内科症例 (1) 突然の手指の痺れと脱力を来たした17歳の症例. 臨床神経生理学 2004; 32(2): 104

30.   野寺裕之, 龍兒. 糖尿病性神経障害のケア 糖尿病性神経障害の早期診断. 糖尿病合併症 2004; 18(2): 120-122

31.   野寺裕之, 龍兒. Stiff-person症候群. 日本臨床麻酔学会誌 2004; 24(2): 107-108

32.   野寺裕之, 龍兒. 【糖尿病神経障害の基礎と臨床】 糖尿病神経障害の臨床的多様性と分類. 内分泌・糖尿病科 2004; 18(1): 31-35

33.   野寺裕之, 龍兒. EDと糖尿病性自律神経障害】 糖尿病とED と神経内科医からみたEDと糖尿病性自律神経障害. Complication: 糖尿病と血管2004; 9(1): 33-35

34.   野寺裕之, 龍兒. 遺伝性ニューロパチーの病態と新しい治療法. Brain Nerve 2004; 56(9): 761-770

35.   野寺裕之, 坂本 , 中村和己, 漆原 , 龍兒. 神経根磁気刺激による筋疲労試験 多巣性運動ニューロパシーとALSとの鑑別. 臨床神経 2004; 44(12): 1075

36.   前田耕司, 喜多也寸志, 上原敏志, 山崎 , 力丸満恵, 佐治直樹, 田淵正康, 松本圭司, 大川慎吾. 痴呆様症状を主徴とし, 大脳びまん性病変を認めた中枢神経限局性サルコイドーシスの1. 臨床神経 2004; 44(3): 219

37.   前田耕司, 喜多也寸志, 上原敏志, 山崎 , 力丸満恵, 佐治直樹, 田淵正康. 両外眼筋麻痺を主徴とした多発性筋炎の1. 臨床神経 2004; 44(10): 730

38.   松井尚子, 横井健治, 八木秀介, 國重 , 三ツ井貴夫, 松本俊夫, 龍兒. Acute Pandysautonomia (APD) 2 免疫機序の関与に関する検討. 臨床神経2004; 44(12): 1204

39.   宮地隆史, 森野豊之, 丸山博文, 川上秀史, 和泉唯信, 三森康世, 松本昌泰. 孤発性筋萎縮性側索硬化症におけるCiliary neurotrophic factor遺伝子多型の検討. 臨床神経 2004; 44(12): 1072

40.   村瀬永子. 皮質下梗塞患者における障害側運動時の大脳半球間抑制. 臨床神経生理学 2004; 32(2): 131

41.   村瀬永子. 未来型運動機能測定法の基礎と臨床 ジストニア患者の上肢運動機能評価と治療効果判定. 臨床神経生理学 2004; 32(5): 91

42.   村瀬永子, 龍兒. 機能性疾患 書痙の病態生理. Annual Review神経 2004: 307-315

43.   村瀬永子, 龍兒. 標準治療と最新治療 メリット・デメリット 書痙. Clinical Neuroscience 2004; 22(5): 620-621

44.   村瀬永子, 島津秀紀, 漆原 , 後藤 , 山田和慶, 松崎和仁, 永廣信治, 美馬達哉, 長峯 , 福山秀直, 龍兒. ジストニアにおける淡蒼球内節の, 運動に関連した電場電位. 臨床神経生理学 2004; 32(5): 561

45.   村瀬永子, 池田昭夫, 龍兒. 目から学ぶ脳波 神経内科疾患と脳波 ミオクローヌス・不随意運動をきたす疾患. 臨床脳波 2004; 46(10): 654-664

46.   村瀬永子, ジュリー・デューク, リカルド・マゾッキオ, レオナルド・コーエン. 皮質下梗塞患者における障害側運動時の大脳半球間抑制. 臨床神経2004; 44(12): 1147

47.   村瀬永子, ジュリー・デューク, リカルド・マゾッキオ, レオナルド・コーエン. 一側上肢運動時の大脳半球間抑制 優位側と非優位側運動の相違. 臨床神経生理学 2004; 32(5): 605

48.   敦子, 野寺裕之, 和泉唯信, 向井洋平, 川下奈緒子, 山本伸昭, 島津秀紀, 坂本 , 龍兒, 西田善彦, 橋口修二, 足立克仁. Posterior cortical atrophy (PCA) で発症したCJD1. 臨床神経 2004; 44(8): 580

49.   敦子, 村瀬永子, 富永武男, 向井洋平, 山本伸昭, 川下奈緒子, 島津秀紀, 野寺裕之, 坂本 , 和泉唯信, 龍兒. 体軸ジストニアを伴ったパーキンソン病の1. 臨床神経 2004; 44(4-5): 307

50.   森野豊之, 寺澤英夫, 丸山博文, 織田雅也, 宮地隆史, 川上秀史, 松本昌泰, 伊藤 , 和泉唯信, 佐々木健, 田宮 , 猪子英俊. マイクロサテライトマーカーを用いたパーキンソン病感受性遺伝子の検索. 臨床神経 2004; 44(12): 1088

51.   山本伸昭, 和泉唯信, 島津秀紀, 村瀬永子, 野寺裕之, 坂本 , 龍兒, . GalNAcGD1a IgM抗体を認めた急性散在性脳脊髄炎 (ADEM) 1. 臨床神経 2004; 44(8): 579

52.   山本伸昭, 和泉唯信, 敦子, 川下奈緒子, 向井洋平, 野寺裕之, 島津秀紀, 坂本 , 龍兒, 高瀬憲作. 原因不明の血管炎による脳血管障害の併発が疑われた若年女性の1. 臨床神経 2004; 44(4-5): 310

53.   湯浅龍彦, 藤田浩司. 【パーキンソニズムと痴呆 高齢社会における実地診療の処方箋】 パーキンソニズムと痴呆・治療 脳深部刺激療法ならびにその他の非薬物療法の現状 適応と効果・限界. Medical Practice 2004; 21(7): 1145-1149

1B-d. 学内紀要, 各省庁の研究助成金および研究委託費による研究成果

1.       龍兒. 難治性ニューロパチーの治療への新しい展望-軸索障害の病態と治療. 厚生労働省精神・神経疾患研究 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 (班長 祖父江 ) 平成1315年度総括研究報告 2004: 114

2.       中川正法, 高嶋 , 出雲周二, 有村公良, 光弘, 龍兒, 安田 . 近位筋優位型遺伝性運動感覚ニューロパチー (HMSNP) の分子病態に関する研究. 厚生労働省精神・神経疾患研究 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 (班長 祖父江 ) 平成1315年度総括研究報告 2004: 42

3.       中川正法, 高嶋 , 梅原藤雄, 出雲周二, 有村公良, 光弘, Boerkoel CF, Lupski JR, 龍兒, 安田 . 遺伝性ニューロパチーの分子病態に関する研究 GJB1, MPZ, GDAP1, HMSNP. 厚生労働省精神・神経疾患研究遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 (班長 祖父江 ) 平成1315年度総括研究報告 2004: 63

4.       野寺裕之, 龍兒. Charcot-Marie-Tooth1A型における軸索機能評価に関する研究. 厚生労働省精神・神経疾患研究 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 (班長 祖父江 ) 平成1315年度総括研究報告2004: 62

5.       野寺裕之, 坂本 , 桑原聡, 服部直樹, 平山正昭, 祖父江元, 龍兒. Charcot-Marie-Tooth1A型における軸索機能評価に関する研究. 厚生労働省精神・神経疾患研究 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 (班長 祖父江 ) 平成1315年度総括研究報告 2004: 41