研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2002


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       Kiernan MC, Guglielmi JM, Kaji R, Murray NM, Bostock H. Evidence for axonal membrane hyperpolarization in multifocal motor neuropathy with conduction block. Brain 2002; 125(3): 664-675

2.       Kohara N, Lin TS, Fukudome T, Kimura J, Sakamoto T, Kaji R, Shibasaki H. Pathophysiology of weakness in a patient with congenital end-plate acetylcholinesterase deficiency. Muscle Nerve 2002; 25(4): 585-592

3.       Hanada S, Kumashiro R, Kaji R, Harada M, Sata M. Additional benefit of lamivudine treatment as a preventive therapy for hepatic encephalopathy in patients with decompensated liver cirrhosis associated with hepatitis B. Int J Mol Med 2002; 10(5): 647-648

4.       Maruyama H, Izumi Y, Morino H, Oda M, Toji H, Nakamura S, Kawakami H. Difference in disease-free survival curve and regional distribution according to subtype of spinocerebellar ataxia: a study of 1286 Japanese patients. Am J Med Genet B 2002; 114(5): 578-583

5.       Nishimura M, Kaji R, Ohta M, Mizuta I, Kuno S. Association between dopamine transporter gene polymorphism and susceptibility to Parkinson's disease in Japan. Mov Disord 2002; 17(4): 831-832

6.       Nishimura M, Kawakami H, Komure O, Marayama H, Morino H, Izumi Y, Nakamura S, Kaji R, Kuno S. Contribution of the interleukin-1β gene polymorphism in multiple system atrophy. Mov Disord 2002; 17(4): 808-811

7.       Nishimura M, Matsuoka M, Maeda M, Mizuta I, Mita S, Uchino M, Matsui M, Kuroda Y, Kawakami H, Kaji R, Adachi A, Uchiyama T. Association between interleukin-6 gene polymorphism and human T-cell leukemia virus type I associated myelopathy. Hum Immunol 2002; 63(8): 696-700

8.       Oda M, Morino H, Maruyama H, Terasawa H, Izumi Y, Torii T, Sasaki K, Nakamura S, Kawakami H. Dinucleotide repeat polymorphisms in the Neprilysin gene are not associated with sporadic Alzheimer's disease. Neurosci Lett 2002; 320(1-2): 105-107

9.       Oga T, Honda M, Toma K, Murase N, Okada T, Hanakawa T, Sawamoto N, Nagamine T, Konishi J, Fukuyama H, Kaji R, Shibasaki H. Abnormal cortical mechanisms of voluntary muscle relaxation in patients with writer's cramp: an fMRI study. Brain 2002; 125(4): 895-903

10.   Yoshida K, Kaji R, Shibasaki H, Iizuka T. Factors influencing the therapeutic effect of muscle afferent block for oromandibular dystonia and dyskinesia:  implications for their distinct pathophysiology. Int J Oral Maxillofac Surg 2002; 31(5): 499-505

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       伊藤 , 宮本ひろ美, 和泉唯信. 痴呆患者の徘徊症状に対する塩酸ドネペジルの効果 歩行数の定量化を用いて. Pharma Medica 2002; 20(1): 166-169

2.       伊藤 , 宮本ひろ美, 和泉唯信. 喀痰の増加により発声訓練が困難となった気管切開患者にfudosteineを使用し良好な結果が得られた1. 内科2002; 90(5): 965-967

3.       織田雅也, 和泉唯信, 福本早余子, 田村祐子, 大塚優子, 長岡英樹, 丸山 , 寺澤英夫, 越知一秀, 中村 , 宮地隆史, 伊藤 , 井上 , 中村重信. 反復言語・反響言語が著明であった進行性核上麻痺の1. 広島医学 2002; 55(1): 54-56

4.       織田雅也, 和泉唯信, 宮地隆史, 越知一秀, 中村 , 伊藤 , 片山禎夫, 中村重信. 気管支喘息が先行した顕微鏡的多発血管炎の1老年者例. 日老医誌 2002; 39(2): 209-213

5.       織田雅也, 宇高不可思, 和泉唯信, 大石直也, 青柳信寿, 小東竜二, 久堀 , 西中和人, 亀山正邦. 免疫療法の反復により寛解が維持されたにもかかわらず髄液蛋白異常高値が遷延した慢性炎症性脱髄性多発根神経炎の1. 住友病院医学雑誌2002; 29: 75-79

6.       織田雅也, 宇高不可思, 和泉唯信, 大石直也, 青柳信寿, 小東竜二, 久堀 , 西中和人, 亀山正邦. 抗アセチルコリン受容体抗体の上昇を認めた甲状腺眼症の1. 住友病院医学雑誌 2002; 29: 86-89

7.       織田雅也, 宇高不可思, 和泉唯信, 亀山正邦. 筋組織学的検査で共にミトコンドリア異常が示唆されたが各々異なる病態と考えられたミオパチー兄弟例. 神経内科2002; 57(5): 429-433

8.       織田雅也, 中村 , 大下智彦, 和泉唯信, 伊藤 , 中村重信. 拡散強調MRIで多発性脳梗塞の増悪を観察しえたGaisboeck症候群の1. 内科 2002; 89(3): 579-581

9.       橋口修二, 秀樹, 龍兒. 再発性CIDP症例に対する免疫グロブリン療法の使用経験. 医学と薬学2002; 47(1): 149-155

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       浅沼光太郎. けんさ質問箱Q&A 顔面神経伝導検査で第一相が陽性となる原因と対策. 検査と技術2002; 30(13): 1430-1432

2.       浅沼光太郎, 松本真一, 西村公孝, 龍兒, 久野貞子, 川上秀史, 中村重信.  ジストニア及びパーキンソン病におけるドーパミン関連遺伝子多型の検討. 臨床神経2002; 42(12): 1296

3.       和泉唯信, 龍兒, 西村公孝, 坂本 , 松本真一, 浅沼光太郎. ALSに対する大量methylcobalamin治療 長期投与群と非投与群での1年生存率の比較. 臨床神経2002; 42(12): 1349

4.       和泉唯信, 西村公孝, 浅沼光太郎, 坂本 , 松本真一, 龍兒, 久野貞子, 西田善彦, 丸山博文, 川上秀史, 中村重信. 神経変性疾患におけるアポE遺伝子多型の検討. 臨床神経 2002; 42(12): 1280

5.       和泉唯信, 松下真美, 浅沼光太郎, 坂本 , 松本真一, 西村公孝, 龍兒.  下肢の失調が目立ち皮質基底核変性症 (CBD) が疑われた1. 日老医誌2002; 39(6): 673

6.       伊藤 , 織田雅也, 寺澤英夫, 越智一秀, 中村 , 宮地隆史, 和泉唯信, 官本ひろ美. 痴呆患者の徘徊症状に対し塩酸ドネペジルが有効であった一例. 日老医誌 2002; 39(5): 563

7.       織田雅也, 和泉唯信, 伊藤 , 寺澤英夫, 越知一秀, 中村 , 宮地隆史, 藤元哲郎, 中村重信. 精神症状を呈する老年者における甲状腺機能低下症. 広島医学 2002; 55(7): 618

8.       織田雅也, 和泉唯信, 伊藤 , 寺澤英夫, 越知一秀, 中村 , 宮地隆史, 藤元哲郎, 中村重信. 老年者における甲状腺機能低下症の発見の契機に関する検討. 日老医誌 2002; 39(Suppl): 144

9.       織田雅也, 和泉唯信, 中村 , 寺澤英夫, 越智一秀, 宮地隆史, 伊藤 , 藤元哲郎, 大下智彦, 中村重信. 外傷性くも膜下出血を契機に本態性血小板血症が発見された高齢者の1. 日老医誌 2002; 39(5): 566

10.   織田雅也, 和泉唯信, 日地正典, 寺澤英夫, 宮地隆史, 伊藤 , 井上 , 中村重信, 松本昌泰. 著明な反復言語・反響言語を伴った進行性核上麻痺の1. 臨床神経 2002; 42(5): 377

11.   織田雅也, 川上秀史, 丸山博文, 和泉唯信, 森野豊之, 鳥居 , 佐々木健, 中村重信, 松本昌泰. インターフェロンγ遺伝子の2塩基多型とアルツハイマー病発症. Dementia Japan 2002; 16(2): 117

12.   織田雅也, 川上秀史, 森野豊之, 丸山博文, 寺澤英夫, 和泉唯信, 鳥居 , 佐々木健, 中村重信, 松本昌泰. Alzheimer病におけるNeprilysin遺伝子2塩基リピート多型の検討. 臨床神経 2002; 42(12): 1381

13.   越知一秀, 和泉唯信, 長谷川正伸, 伊藤 , 宮地隆史, 中村 , 織田雅也, 寺澤英夫, 郡山達男, 中村重信. 療養型病床群における頸動脈エコーの有用性. Neurosonology 2002; 15(増刊): 82

14.   龍兒. 機能的脳神経外科の的確な診断と治療 不随意運動の的確な診断.  脳神経外科ジャーナル2002; 11(2): 135-136

15.   龍兒. 細菌毒素研究の最先端と獣医学領域における臨床応用 ボツリヌス毒素の治療への応用. 日本獣医学会学術集会講演要旨集 2002: 133; 85

16.   龍兒. 不随意運動の臨床神経生理学 書痙 疾患をとおした運動プログラムの解析. 臨床神経生理学 2002; 30(2): 122-123

17.   龍兒. 多発性硬化症のガンマグロブリン静注療法. Current Insights in Neurological Science 2002; 10(1): 7

18.   川畑佳子, 和泉唯信, 鎌田正紀, 藤田浩司, 前田耕司, 坂本季代, 浅沼光太郎, 松本真一, 坂本 , 西村公孝, 龍兒, 橋本年弘, 安倍正博, 鈴江淳彦. 著明な髄液蛋白の上昇を認めた再発性感覚運動ニューロパチーの1. 四国医学雑誌2002; 58(4-5): 249

19.   川畑佳子, 松本真一, 鎌田正紀, 藤田浩司, 前田耕司, 坂本季代, 浅沼光太郎, 野寺裕之, 坂本 , 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒. Epilepsia partialis continua1. 臨床神経 2002; 42(10): 1014

20.   久堀 , 宇高不可思, 西中和人, 小東竜二, 亀山正邦, 幸原伸夫, 龍兒.  対側脊髄前角細胞に対する脊髄内介在ニューロンの生理学的性質の検討. 臨床神経 2002; 42(12): 1240

21.   小森哲夫, 馬場正之, 有村公良, 龍兒, 幸原伸夫, 四宮謙一, 園生雅弘, 野村芳子, 正門由久. 筋萎縮性側索硬化症の電気生理診断ガイド. 臨床神経生理学2002; 30(6): 451-460

22.   坂本 , 浅沼光太郎, 松本真一, 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒, 西田善彦, . 血清抗GD1a抗体・抗GT1b抗体が陽性で遷延する球麻痺症状を呈したGuillain-Barre症候群の1. 臨床神経2002; 42(5): 375

23.   坂本 , 和泉唯信, 龍兒. THERAPEUTIC NOTES 神経Sweet.  Current Insights in Neurological Science 2002; 10(3): 7

24.   坂本 , 龍兒. 脱髄性末梢神経疾患の病態. 小児科2002; 43(11):  1770-1775

25.   坂本 , 龍兒. 【ボツリヌス療法の現状と将来の展望】 ボツリヌス療法の将来展望. 21 2002; 5(4): 420-423

26.   坂本 , 龍兒. 【細菌毒素研究の最先端と獣医学領域における臨床応用】ボツリヌス毒素の治療への応用. 獣医畜産新報 2002; 55(8): 691-692

27.   坂本 , 坂本季代, 西村公孝, 龍兒, 兼本浩祐, 川崎 . 内側型側頭葉てんかんにおける遺伝子多型 (IL-1β, IL-10, ApoE, BDNF) の解析. 臨床神経2002; 42(12): 1352

28.   高瀬憲作, 永廣信治, 高松直子, 龍兒. 脳血管障害と超音波診断 頸部頸動脈超音波検査時の血流速度測定. Neurosonology 2002; 15(増刊): 43

29.   高松直子, 松本真一, 坂本 , 龍兒. 末梢神経疾患における超音波検査法の有用性. 医学検査2002; 51(4): 449

30.   竹内麻由美, 原田雅史, 松嵜健司, 吉田秀策, 西谷 , 和泉唯信, 龍兒.  神経Sweet病の1. 日本医学放射線学会雑誌 2002; 62(11): S381

31.   西村公孝, 龍兒, 松岡雅雄. HAM及びHTLV-Iキャリアにおける遺伝子多型の解析. 臨床神経 2002; 42(12): 1216

32.   日地正典, 伊藤 , 和泉唯信, 寺澤英夫, 織田雅也, 宮地隆史, 片山禎夫, 金成 , 北村 , 三森康世, 中村重信, 松本昌泰. 進行性のパーキンソン病状と痴呆を呈しargyrophilic grainsを認めた1剖検例. 臨床神経 2002; 42(10): 1018

33.   人見健文, 村瀬永子, 目崎高広, 幸原伸夫, 龍兒, 柴崎 . 末梢性脱髄疾患における近位筋の疲労現象と免疫グロブリン療法 (IVIG) の効果. 臨床神経2002; 42(12): 1376

34.   前田耕司, 坂本 , 藤田浩司, 鎌田正紀, 川畑佳子, 坂本季代, 浅沼光太郎, 松本真一, 野寺裕之, 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒. 筋無力症に眼臉痙攣を合併した1. 臨床神経 2002; 42(10): 1016

35.   松本真一, 龍兒. 【不随意運動の全て】 錐体外路性不随意運動の鑑別診断と発現メカニズム ジストニア. Clinical Neuroscience 2002; 20(11): 1276-1279

36.   松本真一, 龍兒. 【ジストニア-診療と研究の最前線】 早期発症捻転ジストニア (DYT1) の病態. 脳の科学 2002; 24(9): 829-832

37.   松本真一, 坂本 , 浅沼光太郎, 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒. ボツリヌス治療により増悪したDYT1遺伝子変異を伴うジストニアの1. 臨床神経2002; 42(5): 376

38.   松本真一, 坂本 , 浅沼光太郎, 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒. 笑い顔様のジストニアの検討. 臨床神経2002; 42(12): 1331

39.   , 遠山育夫, 龍兒, 柴崎 . STZ糖尿病ラット後根神経節におけるKir6.2 mRNAの発現異常. 臨床神経 2002; 42(12): 1402