研修医・長期短期専修医募集

業 績


  2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年

■ Neuro-Tokushima achievements 2001


1.論文・ 著書など (アルファベット順または五十音順)

1A 欧文

1A-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.      Ikeda A, Matsumoto R, Ohara S, Kunieda T, Shirakashi Y, Kaji R, Fukuyama H, Shibasaki H. Asymmetric tonic seizures with bilateral parietal lesions resembling frontal lobe epilepsy. Epileptic Disord 2001; 3(1): 17-22

2.      Izumi Y, Morino H, Oda M, Maruyama H, Udaka F, Kameyama M, Nakamura S Kawakami H. Genetic studies in Parkinson's disease with an α-synuclein/NACP gene polymorphism in Japan. Neurosci Lett 2001; 300(2): 125-127

3.      Kage M, Yang Q, Sato H, Matsumoto S, Kaji R, Akiguchi I, Kimura H, Tooyama I. Acidic fibroblast growth factor (FGF-1) in the anterior horn cells of ALS and control cases. Neuroreport 2001; 12(17): 3799-3803

4.      Kaji R. Basal ganglia as a sensory gating devise for motor control. J Med Invest 2001; 48(3-4): 142-146

5.      Kaji R, Murase N. Sensory function of basal ganglia. Mov Disord 2001; 16(4): 593-594

6.      Kawasaki T, Oka N, Akiguchi I, Miyamoto K, Kaji R, Shibasaki H. Up-regulation of cyclooxygenase-2 in inflammatory demyelinating neuropathy. Acta Neuropathol 2001; 101(2): 154-158

7.      Kubota Y, Murai T, Okada T, Hayashi A, Toichi M, Sakihama M, Sakamoto T, Asanuma K, Matsumoto S, Kaji R. Obsessive-compulsive characteristics in patients with writer's cramp. J Neurol Neurosurg Psychatry 2001; 71(3): 413-414

8.      Maruyama H, Izumi Y, Oda M, Torii T, Morino H, Toji H, Sasaki K, Terasawa H, Nakamura S, Kawakami H. Lack of an association between cystatin C gene polymorphisms in Japanese patients with Alzheimer's disease. Neurology 2001; 57(2): 337-339

9.      Matsumoto S, Nishimura M, Kaji R, Sakamoto T, Mezaki T, Shimazu H, Murase N, Shibasaki H. DYT1 mutation in Japanese patients with primary torsion dystonia. Neuroreport 2001; 12(4): 793-795

10.   Mezaki T, Matsumoto S, Hamada C, Mukoyama I, Sakamoto T, Mizutani K, Takamatsu N, Shibasaki H, Kaji R. Decreased serum ceruloplasmin and copper levels in cervical dystonia. Ann Neurol 2001; 49(1): 138-139

11.   Mizutani K, Oka N, Kusunoki S, Kaji R, Mezaki T, Akiguchi I, Shibasaki H.  Sensorimotor demyelinating neuropathy with IgM antibody against gangliosides GD1a, GT1b and GM3. J Neurol Sci 2001; 188(1-2): 9-11

12.   Nishimura M, Kawakami H, Murayama H, Izumi Y, Kuno S, Kaji R, Nakamura S. Influence of interleukin-1beta gene polymorphism on age-at-onset of spinocerebellar ataxia 6 (SCA6) in Japanese patients. Neurosci Lett 2001; 307(2): 128-130

13.   Nishimura M, Mizuta I, Mizuta E, Yamasaki S, Ohta M, Kaji R, Kuno S. Tumor necrosis factor gene polymorphisms in patients with sporadic Parkinson's disese. Neurosci Lett 2001; 311(1): 1-4

14.   Yang Q, Kaji R, Takagi T, Kohara N, Murase N, Yamada Y, Seino Y, Bostock H. Abnormal axonal inward rectifier in streptozocin-induced experimental diabetic neuropathy. Brain 2001; 124(6): 1149-1155

 

1B 邦文

1B-a. 学術雑誌に掲載された原著論文

1.       和泉唯信, 宇高不可思. LETTERS TO THE EDITOR 本態性血小板血症によるめまい. 神経内科2001; 54(3): 285

2.       和泉唯信, 迫田寛人, 宇高不可思, 亀山正邦. クリプトコッカス髄膜炎治療中に抗リン脂質抗体症候群様所見を合併した全身性エリテマトーデスの1. Brain Nerve 2001; 53(7): 645-648

3.       伊藤 , 織田雅也, 和泉唯信, 今西洋美. 痴呆高齢者のためのグループホームにおける塩酸ドネペジルの使用経験. Pharma Medica 2001; 19(5): 119-121

4.       伊藤 , 守橋澄恵, 今西洋美, 和泉唯信. 痴呆高齢者のためのグループホームにおける現状と課題 特に全身合併症に関して. Gerontology New Horizon 2001; 13(3): 358-362

5.       織田雅也, 和泉唯信, 宇高不可思, 大石直也, 青柳信寿, 小東竜二, 久堀 , 西中和人, 亀山正邦. 家族性低カリウム血性周期性四肢麻痺の1. 住友病院医学雑誌 2001; (28): 60-62

6.       織田雅也, 和泉唯信, 越知一秀, 中村 , 宮地隆史, 伊藤 , 中村重信.  甲状腺機能低下症の治療によるせん妄が改善した高齢者の1. 広島医学2001; 54(6): 513-515

7.       織田雅也, 宇高不可思, 和泉唯信, 阪口勝彦, 階堂三砂子, 亀山正邦. 多彩な免疫関連疾患を伴い, 流産を契機に増悪した炎症性ミオパチーの1.  Brain Nerve 2001; 53(4): 369-372

8.       野中健次, 坂田美由紀, 古田智久, 伊賀崎伴彦, 村山伸樹, 村瀬永子, 龍兒. 視標追跡運動によるジストニア患者の上肢運動機能障害の定量的評価.  電子情報通信学会技術研究報告 2001; 100(598): 47-54

9.       野村恭一, 濱口勝彦, 細川 , 服部孝道, 佐藤 , 萬年 , 木下真男, 金澤一郎, 古和久幸, 斎藤豊和, 柳澤信夫, 木村 , 龍兒, 齋田孝彦, 渋谷統寿, 光弘. Guillain-Barre症候群に対する免疫グロブリン療法と血漿交換療法とのランダム割付け比較試験. 神経治療学 2001; 18(1): 69-81

1B-b. 学術雑誌に掲載された総説およびアブストラクト

1.       浅沼光太郎, 龍兒. 脳波・筋電図の臨床 軸索機能検査法の臨床応用.  臨床脳波 2001; 43(11): 723-730

2.       浅沼光太郎, 龍兒. 【ニューロパチー】 ニューロパチーの治療 ステロイド, 血漿交換, ガンマグロブリン大量療法 どの治療法を選択すべきか. Clinical Neuroscience 2001; 19(1): 66-68

3.       和泉唯信, 浅沼光太郎, 坂本 , 松本真一, 西村公孝, 龍兒. 大量ガンマグロブリン療法が有用であった間欠期多発性硬化症の2. 臨床神経 2001; 41(10): 749

4.       和泉唯信, 浅沼光太郎, 松本真一, 西村公孝, 龍兒, 依田敬司, 永廣信治. 外傷後に発症したdancing scapula syndrom1. 臨床神経 2001; 41(6): 364

5.       和泉唯信, 丸山博文, 川上秀史. Spinocerebellar ataxia type 8 (SCA 8). Brain Nerve 2001; 53(1): 34-40

6.       大賀辰秀, 當間圭一郎, 岡田知久, 本田 , 花川 , 澤本伸克, 龍兒, 村瀬永子, 福山秀直, 柴崎 . 書痙患者の運動準備と遂行時の脳活動の異常 事象関連磁気共鳴機能画像 (fMRI) を用いた研究. 臨床神経生理学 2001; 29(2): 166

7.       小河秀郎, 小牟禮修, 松井 , 小澤恭子, 小西哲郎, 齋田孝彦, 龍兒.  日本脳炎罹患から長期間経過した後に脳炎後パーキンソニズムの進行と首下がりを呈した1. 臨床神経 2001; 41(6): 354

8.       小澤恭子, 江橋, 西村公孝, 松井 , 小河秀郎, 齋田孝彦. 慢性進行型多発性硬化症の画像所見. 臨床神経 2001; 41(11): 868

9.       織田雅也, 和泉唯信, 越知一秀, 中村 , 宮地隆史, 伊藤 , 藤元哲郎, 中村重信. 大動脈の高度な動脈硬化性変化の関与が考えられた慢性播種性血管内凝固症の老年者例. 日老医誌 2001; 38(5): 719

10.   織田雅也, 和泉唯信, 中村 , 越知一秀, 宮地隆史, 伊藤 , 大下智彦, 高橋哲也, 中村重信. 拡散強調MRIで脳梗塞の増悪を観察しえたGaisboeck症候群の1. 臨床神経 2001; 41(6): 364

11.   織田雅也, 川上秀史, 和泉唯信, 丸山博文, 中村重信. Alzheimer病におけるinterferon-γ遺伝子多型の検討. 臨床神経 2001; 41(11): 985

12.   龍兒. 脱髄性末梢神経疾患の病態と治療. 脳と発達 2001; 33(Suppl):  S123

13.   龍兒. ボツリヌス毒素の治療への応用. 日本細菌学雑誌 2001; 56(1): 77

14.   龍兒. 片側顔面痙攣. Current Insights in Neurological Science 2001; 9(2): 7

15.   龍兒. 【慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー (CIDP) に対するγ-globulin大量療法】 多巣性運動ニューロパチー (Lewis-Sumner症候群) と伝導ブロック. 神経治療学 2001; 18(1): 35-46

16.   龍兒. 痙性斜頸の治療の現在と展望 痙性斜頸の病態と治療 神経内科の立場から. 心身医学 2001; 41(2): 158

17.   龍兒. 糖尿病性ニューロパチーにおける軸索イオンチャンネル機能.  四国医学雑誌 2001; 57(4-5): 117-124

18.   龍兒. 神経内科学の展望 治る神経内科を目指して. 四国医学雑誌 2001; 57(4-5): 138

19.   龍兒. 軸索障害の病態生理 軸索機能検査法の臨床応用. 臨床神経生理学 2001; 29(2): 117

20.   龍兒. 各種不随意運動の診断と治療. 臨床神経 2001; 41(6): 334

21.   龍兒. 不随意運動の病態と治療 感覚運動連関の異常が考えられる不随意運動 ジストニアを中心として. 臨床神経 2001; 41(12): 1076-1078

22.   龍兒. 【骨格筋症候群 その他の神経筋疾患を含めて】 ボツリヌス中毒. 日本臨床 2001; 別冊骨格筋症候群(): 453-456

23.   久堀 , 宇高不可思, 西中和人, 亀山正邦, 幸原伸夫, 龍兒. 単一運動単位による瞬目反射の検討. 臨床神経 2001; 41(11): 991

24.   幸原伸夫, 田中久貴, 龍兒, 柴崎 , 木村 . 筋萎縮性側索硬化症(ALS) における運動単位の発火様式. 臨床神経生理学 2001; 29(2): 159

25.   坂本 , 松本幸男, 山根清美, 岩田 , 松本真一, 幸原伸夫. 手根管症候群の超音波所見 神経伝導検査との比較・検討. 臨床神経 2001; 41(11): 870

26.   高松直子, 松本真一, 龍兒. 不随意運動の超音波検査法による比較検討. Neurosonology 2001; 14(増刊): 58

27.   高松直子, 松本真一, 田中久貴, 幸原伸夫, 龍兒. 超音波検査法による不随意運動の検討. 医学検査 2001; 50(4): 345

28.   田中久貴, 阿部剛典, 幸原伸夫, 龍兒, 柴崎 . 脱髄性ニューロパチーにおける高頻度反復刺激試験. 臨床神経 2001; 41(11): 962

29.   田中久貴, 龍兒, 幸原伸夫. 入門講座 脱髄性疾患における疲労現象と伝導ブロック 総論. 臨床脳波 2001; 43(1): 53-57

30.   田中久貴, 龍兒, 幸原伸夫. 脱髄性疾患における疲労現象と伝導ブロック. 臨床脳波 2001; 43(2): 123-128

31.   寺澤英夫, 和泉唯信, 織田雅也, 越知一秀, 中村 , 宮地隆史, 伊藤 , 中村重信. 運動ニューロン疾患に錐体外路徴候を合併した1. 臨床神経 2001; 41(10): 752

32.   中川正法, 高嶋 , 平田圭子, 末原雅人, 出雲周二, 高橋光雄, 幸原伸夫, 龍兒, 光弘. 近位筋優位の筋萎縮を示す常染色体優性遺伝性運動感覚ニューロパチー (HMSNP) の遺伝子学的検討. 臨床神経 2001; 41(11): 954

33.   西村公孝, 龍兒. 【内科 この1年の進歩】 末梢神経・筋疾患. 内科 2001; 88(6): 1057-1062

34.   西村公孝, 小牟礼修, 久野貞子, 川上秀史, 中村重信. 多系統萎縮症 (MSA) におけるサイトカイン遺伝子多型の役割. 臨床神経 2001; 41(11): 836

35.   松本真一, 浅沼光太郎, 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒. 笑い顔ジストニーの検討. 臨床神経 2001; 41(6): 364

36.   松本真一, 坂本 , 浅沼光太郎, 和泉唯信, 西村公孝, 龍兒. レセルピンが著効した遅発性ジストニアの1. 臨床神経 2001; 41(10): 751

37.   松本真一, 坂本 , 水谷江太郎, 村瀬永子, 目崎高広, 龍兒, 柴崎 .  京都市における特発性ジストニアの疫学調査. 臨床神経 2001; 41(11): 987

38.   松本真一, 坂本 , 水谷江太郎, 目崎高広, 幸原伸夫, 龍兒, 柴崎 .  片側顔面ジストニーの臨床症状. 臨床神経生理学 2001; 29(2): 184

39.   松本真一, 高松直子, 田中久貴, 龍兒. 末梢神経疾患の超音波検査法による比較検討. Neurosonology 2001; 14(増刊): 58

40.   松本幸男, 風間由美, 慶徳克美, 小竹美佐江, 齋藤満儀, 山根清美, 坂本 . 手根管症候群における神経超音波の検討 超音波所見と神経伝導検査の関係. 東北医学検査学会講演抄録集 2001; 42: 149

41.   丸山博文, 和泉唯信, 織田雅也, 鳥居 , 森野豊之, 田路浩正, 佐々木健, 寺澤英夫, 川上秀史, 中村重信. アルツハイマー病におけるcystain C遺伝子多型の検討. 臨床神経 2001; 41(11): 985

42.   丸山博文, 織田雅也, 和泉唯信, 田路浩正, 森野豊之, 川上秀史, 中村重信. 当施設で遺伝子診断を行った脊髄小脳変性症の疫学的検討. 日本内科学会雑誌 2001; 90(臨増): 171

43.   水谷江太郎, 目崎高広, 龍兒, 松本真一, 坂本 , 浅沼光太郎, 伸幸, 秋口一郎, 柴崎 , . Flail arm syndromeにおける免疫学的検討. 臨床神経 2001; 41(11): 904

44.   村瀬永子, 龍兒, 池田昭夫, 柴崎 . ジストニーとミオクローヌスの発生機序 ジストニー. 臨床脳波 2001; 43(11): 735-743

45.   村瀬永子, 龍兒, 幸原伸夫, 柴崎 , 伊賀崎伴彦, 坂田美由紀, 村山伸樹. 上肢ジストニア (書痙) の追跡描画運動の定量解析 紙面角度及び動作継続の影響. 臨床神経生理学 2001; 29(2): 184

46.   目崎高広, 龍兒. 治療法 Botulinum toxin治療の進歩. Annual Review神経 2001; 120-127

47.   目崎高広, 龍兒. 【ジストニアへのリハアプローチ】 ジストニアの電気生理学的及び運動学的解析. Journal of Clinical Rehabilitation 2001; 10(2): 114-118

48.   目崎高広, 龍兒. 【神経疾患の新しい治療】 ジストニアの局所療法 ボツリヌス毒素とMAB. 神経研究の進歩 2001; 45(4): 608-617

49.   目崎高広, 龍兒. EBMに基く臨床データブック】 疾患データ 神経, 眼臉痙攣・片側顔面痙攣. 臨床医 2001; 27(増刊): 1588-1590

50.   目崎高広, 松本真一, 坂本 , 龍兒. 頸部ジストニーにおける共収縮と陰性ジストニー. 臨床神経生理学 2001; 29(2): 184

51.   目崎高広, 水谷江太郎, 松本真一, 龍兒, 坂本 . 攣縮性斜頸における頚椎変形. 臨床神経 2001; 41(11): 991

52.   森野豊之, 川上秀史, 和泉唯信, 織田雅也, 瓦井俊孝, 数田俊成, 小牟禮修, 宇高不可思, 亀山正邦, 中村重信. ドーパミントランスポーター遺伝子のプロモーター領域の多型. 臨床神経 2001; 41(11): 896

1B-c. 著書 (分担を含む) およびプロシーディング

1.       和泉唯信, 宇高不可思, 亀山正邦 (編集) . 脳梗塞のけいれんと不随意運動. 脳梗塞後遺症の新しい診断・治療指針-急性期・慢性期-. 医薬ジャーナル社, 大阪 2001: 215-228